★今日もどこかでまんどらたん(*´Д`*)★
アドリンの新クエストの続きがきましたヽ(*´∀`)ノ
早速お城へGo!


またまたリフキンが2匹います(*ノノ)

ついにアシェラちゃんが半目にっ(*ノノ)ぴーw
という、相変わらずのベタベタな場面からスタートです(*´∀`)

いつも通り、クエストが進行するエリアに行くとヒントのログが出るので、サクサク進行できます(*´∀`)
が、今回は途中から、東西アドゥリンやララ水道、ケイザックやヤッセ等に行ってみてもヒントログが出なくなり、なんと、かなり遠方に出かけないといけなくなりました☆
ワープ先では、マウントでの移動がオススメです(*´∀`)

そしてクエストの後半では、BF戦が用意されていました。
参戦NPCは二人☆
おいらはたまたまフレさんと一緒に後半のクエストを進めていたので、こちらはPC2人&フェイス4人&参戦NPC2人、という布陣になりました☆
そして敵もまた複数☆
ムムー、おいらのちょっち苦手な多対多の戦闘ですね(ノ∀`)
たまたまおいらはサルベージの帰りで青魔だったので、このままが良かろうということで青魔で、フレさんはナイトで挑戦です。
クエストのポイントを1回タゲるとイベント、2回目タゲると戦闘エリアへ突入なのですが、ここで1つ注意点があります。

パーティリーダーがレイヤーエリアの入口を調べています。
ヨルシア森林〔U〕へ侵入します。
=== Area: Yorcia Weald [U] ===
制限時間は30分(地球時間)です。

そう、エリアチェンジがあります
コレが微妙に罠っぴー(*ノノ) フェイスを呼ぶのはワープしてからです(*´∀`)

おそらく参戦NPCが戦闘不能になると敗退扱いになると思われますが、意外とNPCが撃たれ強かったです(*´∀`)
ていうか、今ログを見直すと、普通にNPC、強かったかも・・・(*ノノ)

リフキンの攻撃→Gramk-Droogに、305ダメージ。
Yozukiの攻撃。クリティカル!
→Ymmr-Ulvid Gloomlightに、261ダメージ。

戦ってる相手が違うけど(*ノノ) リフキンの武器は、両手武器扱いなのかしら?(*ノノ)

リフキンは、フォトトロフラースを実行。
→PC&フェイス&NPC全員に、魔法攻撃力アップの効果。

こんな技も使うようです(*´∀`)
ちなみに敵が複数と書きましたが、おいらは夢想花で寝かせてたんですが、途中でNPCが

エクソシストのバニシュガIIが発動。
→Gramk-Droogに、372ダメージ。
→Liij-Vok Waxwaneに、448ダメージ。
→Tryl-Wuj's Peapukに、824ダメージ。
→Tryl-Wuj Wingripに、659ダメージ。

と、起こしてやがりました^^メ
そのうちMPなくなって撃たなくなるかなあと思いきや、しっかりワークスエーテルがぶ飲みして、ひたすらバニシュとホーリーだけ打ち続けてました^^
んで、適当にぽこぽこと殴ってたのですが、うっかり

Gramk-Droogは、マーセレスマウリングを実行。
→Yozukiに、1436ダメージ。

コレでやられちゃいました(*ノノ)
油断は禁物ですぴ(*ノノ)
今回は頼もしいナイトフレさんが居たので、のんびり衰弱が明けるのを待ってから再度戦闘開始です(*ノノ)
終盤では、

リフキンは、フォトトロフブレッシングを実行。
→リフキンのHPが、1042回復。
→ArcielaのHPが、0回復。
→CherukikiのHPが、346回復。
→Yoran-OranのHPが、86回復。
→エクソシストのHPが、1071回復。
→YozukiのHPが、498回復。

という回復技も発動していました。
これはリフキンフェイスが欲しくなってきたかも・・・!!(*´Д`*)

というわけで、無事撃破ですーヽ(*´∀`)ノ
お付き合いしてくれたフレさん、ありがとうでっす☆(*´∀`)

戦闘後のイベントにて。

メリサンドラちゃんとシンシアちゃんって、ちょっと行動パターンが似てる気がする(*´∀`)

今回の調査6をクリアすることで、なんと、アドゥリンミッション指輪のHQ版が、ベヤルドとの交換でもらえるようになるのだとか☆
おいらは今のところシュネデックリングを愛用していて、HQでも移動速度は残念ながら変化なしだったので、しばらく保留にするつもりですが、リングによってはかなり良くなりそうです(*´∀`)
気になるのは、ミッションに絡んだ報酬が来たと言うことは、これにていったんクエストが完結するのかどうかということなんですが、どうなんだろうなあ☆ まだまだ続いて欲しいな~(*´∀`)☆
関連記事

前回の、1章ソウルフレア&2章コースのアンバスケードについては☆
結局、記事の後にも数回チャレンジした結果から思うに、2章に関しては、格打特効を強めたのではなくて、他属性の耐性を強めていたのかな?という感想に至りました。
どうりで格闘で殴っていても、あまり爽快感はなかった訳ですナw
逆に、耐性を消しながら戦うことで、他ジョブでも戦いやすくなるようになっていた訳で、だったらさ、あんなに格打押しの宣伝する意味あったのかっていうwww

ただ、どのみち年末年始に引っかかる時期だったので、ほとんど通えず、フレさんに連れて行ってもらった1章の方でポイントを稼ぐことになったのでした(ノ∀`)

そして今回は、相変わらずあまりログインできなかった事もあり、2月2日の時点で、1章とてやさで稼いだ200点のみだったという(*ノノ)
アヤモ装束HQとか、エンピ素材とか、めっちゃめっちゃ集めたかったけど、今回はもう時間がないので、青ソロでデイリーの1章とてやさと、残りは2章むずの繰り返しで、NQ5部位分のポイントを稼いで終了です(*ノノ)

関連記事

「VUまでに終わらせますよ(´∀`)」
と宣言していたフレさんですが、さすがの有言実行ぶりで、12月1日にはじまったイオニック二周目は全行程一週間で終わってしまいました(*ノノ)
8~9割くらい固定と言えば固定なんだけど、それでも基本野良なのがほんとにすごい(*ノノ)
おいらはと言えばついて行くだけで精一杯でした(*ノノ)
今回は前回みたいにため込んでいたトリガー素材も皆無だったので、本当にお世話になりっぱなしだったって言う(*ノノ)
もちろん一周目の時より多少は戦力的にマシになっていたとは思うけど(*ノノ)
でもまだまだ調整項目残ってるんで、これからもがるばりたいです。

ただ、二周目は、おいらにとってはちょっと強行日程過ぎたかなwww(ノ∀`)
例の最終手段はもう取らなくていいようにしたいようwww(つд・)ノ

そんなこんなで、二周目は「記憶にございません」な戦闘が多いのですが(*ノノ)
いくつか自分用の覚え書きです。

☆Zerde 黒で参加
開幕の印スタンについて。
<stnpc>では、時々、見えない外部の敵をタゲってしまうことがあるので×
F8キーでZerdeをタゲってからのスタンでは、特殊技の発動に間に合わないことがあるので×
FC装備の状態で、魔法メニューからスタンを選んだ状態で戦闘開始し、それからサブターゲット決定でスタンを発動させるのが確実。
MB時、ジャを多用すると累積魔法耐性を少しだけ和らげられるかも?
(累積魔法耐性そのものは発生するが、同属性魔法の与ダメを引き上げる効果もあるので)

☆Onychophora 青で参加
物理ダメージを吸収するWSと吸収しないWSの二種類がある。
物理吸収しちゃう要注意WSは、
サ サイキサクション
イ イオリアンヴォイド
ゴ ゴージ
の3つ。
それと、HP半分以降の土属性魔法詠唱後~火属性魔法詠唱完了までが物理吸収期間なので、
おいらは無理矢理「西郷どん」(サ・イ・ゴ・土)と覚えることにしました(*ノノ)

☆Vinipata 黒で参加
雑魚もコロコロとモードチェンジするのでややこしいが、Vinipataのモードチェンジを見落とさないようにする。
ちなみにおいらの場合、夜叉時でもMAX54000程度、羅刹時でMAX30000と言ったところ(*ノノ)
火属性にメリポふり直すかなあ・・・。
あとは、要マナウォール。流れ弾は飛んでくるものと思っていた方がよい。何しろ一撃が痛いので(*ノノ)

☆Albumen 黒で参加
落ち着いて詩人さんの時間予告マクロを見よう!(*ノノ)
今回のブレクガつなぎはなんとか成功でした(*´∀`)
あともっと上手くエンミを使おう(*ノノ)
こちらも要マナウォール。

☆他の敵はもうちょっとよく調べておく(*ノノ)

慌ただしい一週間でしたが、とても楽しい一週間でした(*´∀`)
フレさん&一緒に戦闘した皆様、ありがとうございました!!(*´∀`)


早速、試し打ちっぴ~~♪♪
関連記事

神の手作成のための一連の戦闘は、いつもいつもお世話になっているフレさんにまたまたお世話になりっぱなしながら、何とか進めてこれました(*´∀`)

基本的にオール野良で進行するフレさん。醴泉島の隠しNMに至っても、そのスタイルは変わりません☆
とは言え、いろいろなコンテンツでよく遊ぶお知り合いの強い方々がお手伝いで参加してくれたり、進行途中で知り合ったペースの合う方がそのままずっと参加してくれたりと、最後の方は一体感があったりして(*´Д`*)
とっても楽しい時間でした(*´∀`)
戦闘そのものは、相変わらず、おいらは緊張してテンパっててわたわたしていたんだけども(*ノノ)

その直近の思い出☆
攻略に関する内容はありません(*ノノ)

11月3日
Onychophora
おいらは青魔で参加(*´∀`)
・・・吸収させちゃった回数は数知れず(*ノノ) あっでも吸収させちゃった量No.1はおいらではない(笑)
このNMは1発クリアでした。

Erinys
今度は獣使いで参加です。
開幕からSPアビ使用で息を合わせて戦う作戦なのですが、初回は上手くいかず(*ノノ)
やってみて気が付くポイントとかもあったりして、なかなか手強いです。

11月4日
Erinys
細かな微調整をして、再度挑戦(`・ω・´)
今度は無事クリアでっすヽ(*´∀`)ノ

Zerde
おいらは黒魔にジョブチェンジです。この敵以降はずっと黒でした☆
こちらも開幕からSP使用で息を合わせて戦うNMなのですが、初回は上手くいかず(*ノノ)
ここらへんから、ワンミスアウトな戦闘になってきました。
もうちょっと気軽に練習ができればなあ・・・なんて思っちゃったり(*ノノ)

11月7日
Zerde
細かな微調整をして、再度挑戦(`・ω・´)
なんとか無事クリアでっすヽ(*´∀`)ノ

Vinipata
初回は上手くいかず(*ノノ)
細かな微調整をして、二回目の挑戦であと一息というところだったのが全滅(*ノノ)
が、巧みなディア維持でなんとか立て直して撃破ですヽ(*´∀`)ノ

11月8日
Albumen
開幕の4分間をどう耐えるかで色々実験をしてみたり。
その度に毎回SSを撮ってたおいらです(*´Д`*)
しかしおいらにとっての本当の試練は、開幕の4分間ではなく、Albumen戦でのキモとも言えるブレクガつなぎの方だった(*ノノ)
この日はブレクガが遅れて大失敗(>_<) すみませんでした(>_<)

11月9日
Albumen
細かな微調整をして、再再度の挑戦(`・ω・´)
またまたおいらのブレクガのタイミングがあやしく、みんなから「うてえええ」とつっこまれる(>_<)
なんと間に合ってつなぎが成功、無事クリアですヽ(*´∀`)ノ

11月14日
Teles
いろいろモードがあって初回で対応するのは大変で、あとおいらは中盤あたりで一人ちんでたけど(*ノノ)
それでも終盤は何とか耐えて攻めきりましたヽ(*´∀`)ノ
最後のモード運が良かったのかも知れない☆

11月15日
Schah
いよいよラストの敵です。
が、初回の挑戦では、雑魚処理の途中で時間が掛かってしまい、ボスまでたどり着けず(*ノノ)
そして細かな微調整をして二戦目しますよというところでおいらはログアウトの時間になり、抜けることに(*ノノ)
実は毎回、おいらのログアウトの時間が早すぎるのがネックになってて、気にはなっていたんですよね(>_<)
ここらへんが限界かなあ、と、ここまでになるかも知れないという覚悟はしてました(*ノノ)w

11月17日
Schah
詳しい経緯は聞いてないのですが(*ノノ) フレさんのおかげで、何とか再戦できることになりました(>_<)ノ
この日参加してくれた他のフレ様、常連様、Tellで励ましの声を掛けてくれた方、ほんとにありがとうございました(*ノノ)
この日の一回目の戦闘では、ボスまでたどり着いたものの時間切れに。
でもこれでようやく全体の流れが掴めました。
この日の二回目の戦闘で、無事勝利ですーヽ(*´∀`)ノ

やったああああああああ!!ヽ(*´∀`)ノ
嬉しいよーー;;

隠しNMに挑戦していた期間だけを見るとわずか二週間というか、日数でいうと8日間という驚きの速さでしたが、初めてだいじなものを交換した時から数えると、約一年での完成でした(*´∀`)
戦力としてのおいらはまだまだというか、ほんとに、チームワークだけで乗り切った感じ(*ノノ)ですが、色んな人とワイワイやれて楽しかったです(*´∀`)
胃がキリキリするのもあったけど;;www
最初から最後までリーダーがるばってたフレさん、いつもいつもほんとにありがとうございました(*ノノ)

というわけで、早速(*'-')
前々からスファライ用にと持っていた証と欠片を持ってゴブたんの所へGO♪♪

ヴァナ0時を待って・・・

完成です(≧▽≦)ノ
関連記事

VU後の、おいらの青とモンクの比較w

武器とアンバスマントだけ違う状態で、つまりその他の装備は一切同じ状態での比較ぱーと2です。
ぱーと1はこちらです。
10日のVUで、スマイトの効果値が調整されました。
また、格闘の計算式も変更されましたが、噂によるとそれは攻防比なのだそう。

だが。
おいらは言いたい。
攻防比が変わったことで、ものすごい支援を受けたら、もしかしたら強くなっているのかも知れないが、でも、それでも言いたい。

「本来は、支援があろうがなかろうが、物理専門ジョブが魔道士に、物理命中や物理攻撃の値で負けてちゃあかんでしょう」

さて、VU前は惨めとしか言いようのなかった青とモンクの比較。
この比較に関係してるのはスマイトだけですが、VU後では、どうなったか。

青/戦 タンモタンモ
ギフト695 マルチアタック装備 物理特性盛り盛り
命中1254 攻撃1066
→バーサク・アグレ・ウォークライ・Nメディテイト
命中1279 攻撃1619

モ/戦 新ウルス
ギフト595 マルチアタック装備
命中1123 攻撃1189
→バーサク・アグレ・ウォークライ・集中
命中1199 攻撃1517

相変わらず、自己強化した段階で完全敗北。
なんていう微々たる調整だったんだろうwwwwwwwww
あのね、命中に関しては今回何も調整入ってないから負けたままなのはわかってたけど、正直、攻撃は並ぶところまでは、最低限、伸ばして貰えるんじゃないかなって、思ってた。期待しちゃってた。
本来なら勝たなきゃならないと思ってるところを、あくまで、並ぶ、よ?
命中が負けすぎてる時点でお話にならないけど、攻撃では最低限、並ぶところまでは、って・・・・。
ばかみたいwwwwwww
しかもこれからも調整していくという言葉はない。
コレで終わりwwwwwwwww?

やばい(*ノノ) かなしくなってログアウトしちゃった(*ノノ)
関連記事


この日のあでにんは、魔剣さんっぴ♪♪

11月のVUでのジョブ調整について、ざっくりとアウトラインが告知されました。モンクに関する部分としては以下のとおり。
「格闘に関するダメージ計算式の見直しを行います。
与ダメージの上限を引き上げて、攻撃役としての性能を伸ばすよう考えています。
そのほか、ジョブ特性「スマイト」の効果値にも手を入れる予定です。」

ほほほほほほほう!!(`・ω・´)
上方修正であることは間違いないですが、果たしていかほどのものなのか☆☆

内容にかかわらず1つ気になったのは、計算式が変わるということは、今までの計算式が使えなくなるということで、コレ、できれば新しい計算式の内容を公式HPでズバッと公開して欲しいんだけどな~(*ノノ)ということです(笑)
たぶんそのうち、数字に強いイケメンさん達が、検証して式を割り出してブログ等で公開していただけるかなと、そうだとありがたいのですが、数字に弱いおいらは間違いなくそれまで式が分からないままになりそうで・・・(*ノノ)
気になるんよ新しい式。
だって格闘の計算式、今までの経緯からいって、なんか開発側かどっかで誤解があったんじゃないの? という気がしないでもないんだもん(*ノノ)
マーシャルアーツもそうなんたけどさー(*ノノ)
式がズバッと公開されてれば、「ああこのダメージはきちんと意図した通りのダメージなんだな」とか「あれっ、違ってなくない?」とか分かるしさ。

話を戻しまして。
やっと格闘に見直しが来る(´;ω;`)
コレまじで嬉しいようううううう。
そして、正直に言えば、単純に与ダメの上限を引き上げるだけで果たして今の状況が改善されるところまで達するかどうかはまだ不明だなーという感想なんだけど☆
でも☆
1つずつ、きちんと調整されていけばいいな!!(*´∀`)

つまり、ジョブ調整は、全てのジョブに対して、これからも一定の間隔で、ある程度の頻度で、行って欲しいです☆
そうじゃないと、どのジョブも、希望が持てなくなっちゃうもん。
大規模VU終了宣言の出ているゲームなだけに、自分の心のメインジョブに、絶望しちゃったら、普通のプレイヤーはそこで課金やめちゃうよ。
この時期まで遊び続けている人はかなりの確率で特別な思い入れがあって続けてる人でそういう人は簡単にはやめないだろうけど、そういう人ばかりじゃないだろうしね。
やっぱり、ジョブ調整は計り知れないくらいだいじです。
ジョブ調整によって、例えば今までは不可能だったジョブによる新しい戦略が生まれたりしたら、そういう風に次々と新しいバトルを考えられる余地があったりしたら、少なくともオグメ沼による延命よりは有意義だと思うし☆

あ、おいらは戦略考えるの苦手なタイプですすいません(>_<)ノwww

ここからは、おいらの思うジョブ世界観の話です。

10月時点での、青とモンクの差について。
まだどちらのジョブもマスターではないので、マスターから見るとまた意見が変わってくる可能性はあるかも知れないけど、ひとまずおいらの状況において。

一言で言えば、ヒドイ。
ハッキリ言って・・・近接物理前衛としてのプライドを打ち砕かれる、みじめな結果です。

スマイト後、おいらは、モンクも青もギフト600の辺りで拮抗していて、同じ軽装系ってことで、マルチアタック装備の場合は背が違うくらいで防具がほぼ同じだったわけですが。
※二刀流係数を考慮した青装備を用意するのに手間取っています(*ノノ)
要は、同じ装備をした時にどうなるかってことで、/checkparam 比較してみたところ。

青/戦 タンモタンモ
ギフト695 マルチアタック装備 物理特性盛り盛り
命中1254 攻撃1066
→バーサク・アグレ・ウォークライ・Nメディテイト
命中1279 攻撃1619

モ/戦 新ウルス
ギフト589 マルチアタック装備
命中1123 攻撃1112
→バーサク・アグレ・ウォークライ・集中
命中1197 攻撃1440

命中で82負け、攻撃では179も負ける。
ギフトが100ちょいずれているし、ジョブポの集中がまだ20振りに届いていないとか、もちろんこの比較には不備があるけど、それでも、この時点でこんだけ差が付いてる事がもうすでにおかしい(*ノノ)
このあとマスターになるまでに加算される命中と攻撃はモンクの方が増加量が多いと思いきや、青は青魔法セット特性がもう1段階アップするという項目があるため、それを加算すると青の方が増加量が増えるというwww

ぼくの思うジョブ世界観wでは。
青魔は、特性の付け替えによって専門職に並ぶ半歩手前まで迫るのはいいけどさ、まあ百歩譲って場合によっては並ぶのもありかもだけどさ、専門職を遙かに追い抜いちゃあかんやろwwwwwww
何でほぼ同じ装備で、近接物理の基本性能においてモンクがこんだけ負けなきゃならないの?wwwwwwwwwwwwww
攻撃でさえ、自己支援した段階で勝てなくなるってwww

だからといって、青魔の弱体には反対です。
今まで青で勝てていたことが勝てなくなるのは、後続に対する締め付け以外の何者でもない。
いつもいつも6人で理想の編成のPT組めるとは限らないしね。
青はむしろそう言った少人数PTの隙間を埋められるジョブとして輝くタイプだと思うし。

だから、モンクやら他の近接物理専門ジョブを、青魔以上にしてくれればそれでいいです☆
とは言え、いっぺんにそれをやろうとすると絶対振れ幅がでかくなりすぎてまたややこしい状況を招きかねないので、2-3回に分けて調整してくれてもそれは別にいいです。
とにかくきちんと調整をしてくれれば。

計算式の見直しとスマイトの見直しだけで、上記の差が簡単に覆せるものなのかどうかはまだまだ不明だけど、ほんとにほんとに、「物理で削ろう!」っていう場面で、「魔道士に負ける物理専門ジョブがある!」っていうのだけはマジあり得ないんでwwwwwww
関連記事

今月も、無事、HQの装備を一式、入手する事ができました。
一緒に戦闘をしてくれた皆様のおかげです(*´∀`) ありがたや☆

最近はあまり両手ジョブを出すことがないので、一端全部モグに預けちゃったけど、預けられる装備っていうのはほんとに便利で貴重ですね(笑)
後でじっくり使い道を考えたいと思います(*´∀`)
たぶんおいらにとってはスレビアより使い勝手が良さそう☆

・・・で☆
なんということでしょう☆
ついに、ガラントリーポイントが、余る事態が発生(゚Д゚≡゚Д゚)
あ、ホールマークの方は、まだ少し消費する物が残っています(笑)

幸い、おいらは4月からずっと、HQ装備を取り逃す事なく入手できていたので、今月のガラントリーでは、チケットAを取る必要はなくて・・・。
マント素材やエンピ素材を取り終わったら、それでもう終わりな訳で・・・。
これからは、ソロ突入推奨ということになるのか・・・!?(゚Д゚≡゚Д゚)(違

もちろん、組める限りはPT組みたいけど(*ノノ) ソロだとやっぱり戦闘面倒くさいしネ(ノ∀`)ww

ガラントリーの方は、装備や換金系アイテムだけというよりも、例えばログポでしか取れない過去の調度品だとかマウントとか、そういうオマケがもっと大量に混ぜてあるといいのになあ。
装備や換金系アイテムじゃなくてあくまでオマケな感じの報酬ならば、ライト層の場合、仮に取れなくたってそれはそれで仕方ないなと割り切れるだろうし、ヘヴィ層の場合でも、同じするならPT組んだ方が良いなという気分になれるだろうし☆

まあ、さっさと卒業しろい☆ということなのかも知れないが・・・(*ノノ)
関連記事

試行錯誤4日目のアンバス1章とてむず☆
(注※ 数字に弱いおいらは試行錯誤案は出せてません(*ノノ) フレさんやいつも一緒に遊んでくれるお強いみなさんが研究・提案して下さってますありがとうござます!!(*ノノ))
前回、3分を下回った段階でもう十分なペースなのですが、微調整をしたところ、最終的には2分を下回るというペースになってきました。

微調整後の作戦としては、盾、青/黒、青前前、コ/白、の「やられる前にやっちまえ」編成が良さげでした。
青/黒は印サブダクでボスを強ヘヴィにするために必須。さらにディフュージョンでマイティを配ります。
あとの三人のジョブは何でも良いんだけど、もう一人青が居ると、ディフュージョンでエラチック(ヘイストII)を配れるので、どの前衛ジョブが来てもヘイストが足りる状況にできるので便利だなと思ったり。
今回は青が3人だったので、さらにカルカリで1分間の攻撃力アップを追加できました。

ちなみに青が複数いてながら、エラチック配るのに気付くのが遅かったおいらです(*ノノ)すいません。
こういう所の詰めが甘いんだよなぁ。

コルセアのロールは、サムライ&クルケッドカオスで、それといつものディアIIライトライト☆
昨日と比べると風水の支援がなくなっているので、必要命中はちょっとだけ上がった感じ。
今回は、命中1245+赤餅でキャップしてました☆ たぶん1220+赤餅でもよかったかもです☆

そんなこんなで連戦しまくりヽ(*´∀`)ノ

・・・んが☆

調子が良い時はほんとにただただ2分後にクリアで退出となるのですが、時々、アタッカー陣にクエンチングが炸裂する事があったりして?(゚Д゚≡゚Д゚)?
確かに、明らかにタゲが動いたという場面もあったのですが、コレってそれだけなのかなぁ・・・(*・_・)?
ひとまず、誰か一人の火力が突出するのは避けようということで、強い青さんがサポ黒でサブダク係になったり、サポ竜ジャンプでヘイト減らす戦法になったり、シフさんが居ればヘイト取ってもらうとか、そういう対策をすることになりました。
弱い青のおいらはサポ戦ヒャッホイです(*^ρ^*) 
・・・もっと強くなりたいな(*ノノ)w
おいらの場合、手数の少なさがそのまま弱点となっているので、少しずつ、できるところから強化をがるばっていきたいです(*ノノ)

というわけで☆
今回の1章とてむずは、この作戦だと防御性能は一切不要なので、火力装備(ここだいじです(*ノノ))で命中さえ確保できるなら、色んな前衛ジョブの出番だと思うので、これからも楽しく連戦できるといいな♪♪ヽ(*´∀`)ノ


ちなみにおいらのモンクは、火力装備だと命中1100ぐらいなので、短期決戦ということを考慮して集中&アグレ同時乗せで命中+60と計算してもまだスシの範疇ぅぅぅ
みんなが赤餅以上の食事してるのに一人スシとか・・・くっ(>_<)

関連記事

すっかりとてむずカエルに翻弄されているおいらです(ノ∀`)

初日、ナ盾に前衛二人、白白学の編成で、強化を極力減らしーの前衛はMP減らしーので、盾が釣って端っこで戦闘場所固定して後衛は敵から離れて、天乞いは寝かせ前提で、前衛は被弾したら後衛位置まで走って回復をもらったらまた戻るという作戦で、何とかボスを倒すことができて、それからも色々あったけど(笑)とてむず勝利をもぎ取ったのですが☆
ちなみにボス討伐時点で雑魚が沸いていた場合、雑魚も倒さないといけません(*ノノ)
おいらは主に白魔や学者での参加で、ほとんどログが見えなかったことだけがザンネン(*ノノ)

二日目、次にフレさん達に合流した時は、全く違った作戦になっていましたΣ(゜□゜)
獣・・・? 召喚・・・・?(゚Д゚≡゚Д゚)
と言う訳で今度は、ナ盾に召召、獣、風コの編成で、いつも通り盾が釣って端っこで戦闘場所固定して、削りはふりしぼった虎&交代で出てくるガルーダ、合間にニャンコが交代で出てきてニャーニャー鳴く、という作戦でした。
これで敵のTPは常に0になるので、天乞いは封じる事ができます。
また時々飛んでくるガ系魔法も、遠くからペットを当ててギリギリの距離から指示を出せば本体には当たらず、ペットならば瀕死にならずいたわるで回復が間に合うので、連続魔は避けるけどそれ以外はいちいち避けたりせずに攻撃に専念できます。
デスを封じることはできなくて度々発動してましたが(*ノノ)、その場合2番目のヘイトは大抵虎だったので、盾が復帰するまでの間、もどれをした虎とボスを連れて一周しつつ、復帰した盾の所へ連れて戻る感じで対処は簡単でした☆
おいらは主に獣使いや風水での参加で、ようやくちょっと前線のログを見ることができるようになりました(*´∀`)w
召喚について全く詳しくないので、「実は見えない苦労があるんだよww」だと話が変わるんだけど、おいら的にはこの作戦は事故が少なくて安定してるという印象です(*´∀`) デスの頻度にもよるけど、戦闘時間は大体5分でした。
難点は、召喚さんを二人集めるという点か(*ノノ)


そして三日目。
何やらまた青魔が復活したという噂が。あれ? マジで? と言うかモンクの出番はまだ?(゚Д゚≡゚Д゚)
今度は、盾、青青前(但し青はサポ黒)、風風、で、ついに3分切りの世界へ突入です。
青は基本物理殴り特性をセットし、それにサブダクを追加しておく。開幕に盾がヘイトを上げ、青/黒が印サブダク、後は走る盾を追いかけるカエルをひたすらみんなでポコるだけ。
おいらはなんちゃって青魔での参加で、命中1220ぐらい+肉食で、命中率は9割超えてた感じです。
この時は青三人で、シャンシャンシャンでクリア☆ 光連携は普通に通ってました。


明日も、また違う作戦になってたりして(*'-')
関連記事

10月のVUが11日と発表されて、期限がハッキリしたアンバスケード☆
今日も、1章とてむずで追い込みです(*´∀`)
相変わらず戦闘大好きフレさんにお世話になっています(*ノノ)ありがとうありがとう!!

編成や作戦の詳細は2016年9月29日の記事に書いていますが、フレさんを起点とした基本野良編成です☆
よく来てくれる人も多くてそういう時は半固定状態になりますが、それでも担当ジョブが変更になる事も多く、その辺りが、新鮮さが損なわれないことに繋がってるのかな☆と思ったり(*´∀`)

この日の編成は、ナ/戦、シ/忍、青/忍、詩/白、コ/白、白/学。
おいらは青魔で参戦ですヽ(*´∀`)ノ
ちょこちょことアクセサリやセットを変えたりして、今日はマルチクリティカル装備で命中1235(雑魚用)、命中マシマシ装備で命中1317(ボス用)です。
これに特上スシを食べて+100、さらにマドやハンターをもらいます。
これで雑魚に対して命中率93%くらい、クリ率は62%くらい☆
ボスに対しては命中率84%くらい。キャップはしてないけど、遁モード中に連携を2つ、撃つぶんには問題なしです(*´∀`)

おいらはしばらく白魔が続いてて久しぶりの青魔だったので、最初はちょっとドキドキしてたんだけど、この日はとても強いシーフさんと、凄腕の詩人さんが来られて、このお二人がいらっしゃると難易度が1つ下がるような感じなので(*´∀`) 10分ちょいで改完封で連戦できましたヽ(*´∀`)ノ
強い人とすごい支援受けながらの攻撃ってほんと楽しい(*ノノ) これでモンクであったなら・・・w(*ノノ)

欲を言うなら、野良の1章とてむずがもうちょっと流行ると、いいんだけどなあ(*´∀`)☆
正直面倒くさい敵だったりするんだけど(*ノノ)、何回かしてみると、初見で感じたほど理不尽な相手という訳ではなかったので、力を合わせれば勝てる感じなのがわりと好きです(*´∀`)
はぢめて微塵改で全体引き寄せ食らった時はほんと絶望で爆笑したけどwww(*ノノ)ぴ☆


今日やってみて思ったおいらメモ☆青魔編

ディフュージョンでの強化配りは、やぱし開幕にマイティガードが良さそう☆
ヘイスト効果的にはエラチやヘイストと戴冠でキャップらしいのですが、マイティには物理防御、魔法防御、リジェネもあり、これが敵の数が多い序盤に地味に効いてきます。比較してみてそう感じました(*ノノ)

Nメディテイトは、ナイトウィブルマムとボスで使うといい感じでした。他の敵は、エラチのかけ直し以外はいちいち強化したりせずに、殴りに専念です(`・ω・´)

イレースが必要な回復にはやっぱり虚無の風が便利だなと思いました(*´∀`)
詠唱中に手が止まるため、ボス戦で連携直前だとかはムリに唱えることはないですが、序盤の敵の数が多い状態ではいろんな異常が飛び交う可能性があるし、白魔が異常に巻き込まれる可能性も0ではないので、セットオススメです。
関連記事

ウォンテッド3、ゼオルム火山で戦うサラマ。
戦闘大好きフレさんと一緒に、青魔で挑戦です(*´∀`)

最初は青/戦、風、コ、の三人+アシェラ、ヨランオラン、クピピの編成で☆
おいらは一応物理防御と魔法防御を1段階ずつ(特性でもう1段階プラス)と、物理命中マシマシ、物理攻撃を少し添えるセットで挑みます(*´∀`)

戦闘前にエラチック、オカル、ディフュージョンマイティ、Nメディ、魔防魔回避装備に着替えて、戦闘開始(*´∀`)
敵にフラフラと動かれることのないよう、挑発を入れて位置を固定させます。
開幕に痛めのガ系が来た時は、ウォークライも使ってタゲを固定。
基本的にサラマの前方から殴ります。オカルはガ系によってそのうち消されてる事が多いですが、よほど危険な状況じゃない限り張り替えはしてません(*ノノ)
大抵はヨランとクピピの回復力でまかなえる被弾で済んでます。
イドリス様のおかげでございますね(*ノノ)
ゲーツオブハデスのみ、風フレがスタンで止めます。
後はとにかく青がシャンデシャンデで削るのみ(`・ω・´)

そのうちどんどん人が集まってきて、最終的な編成は、青/戦、青/戦、風、風、白、コ。
ふぉーーー☆☆ なんという超接待PTでござろうか(☆∀☆)

この編成になると、どうなるかと言うと。
いつ撃ってもシャンデシャンデが繋がって光連携が発生しまくり、常にサラマが光り輝くことになります(*ノノ) もうずっと後光が差しまくりwww
そっかー、今ってこんなに早くWS撃ちまくれるんだー(*ノノ)
そしてサラマの炎系攻撃のエフェクトと表示がどんどん重なって、無茶苦茶画面が重たくなるという(ノ∀`)
あのKS重い表示の中で的確にスタンが撃てるフレさんマジすごい(*ノノ)
というわけで、タイトルの通り、シャンシャンシャン・・・という状況になったのでした。
暴れられて楽しかったああ(*´Д`*)☆



――但し、フレさんご所望のタンモガイは、出なかったという(*ノノ)――

続く(?)
関連記事

※10/03 一部修正しました☆

今回は、1章とてむずに、青魔や白魔やコルセアのジョブで参戦してます☆
作戦&編成など、戦闘大好きフレさんにお世話になりっぱなしでございます(*ノノ)
ちなみにモンクはおいらの装備では必要命中に達(略

青の場合、おいらはREM等は持っていないので、この時の為(?)に、タンモガイ×2、アブノーバカフタンを準備して、特性物理命中の青魔法を全て乗せました。
おいらの青魔はギフト500前後なので、特性ボーナスは+1止まりだけど、物理命中全部乗せで、マルチクリティカル装備で素命中1250、命中マシマシ装備で素命中1320まで何とかこぎ着けました。
これに特上スシを食べて命中+100です。
これで雑魚に対しての命中はキャップ、クリティカル発生率は大体61%くらいでした☆
ボスに対してはやや命中キャップせず? ロールや歌が切れた途端きつめになります(*ノノ)

白で行く時は、武器はクェラーロッドを準備しました。
・・・・めっっっっちゃヤグルシュが欲しかったとです(*ノノ)
とりあえずヤグ無しで行く場合は、ヘイスト支援&異常回復の分担をした方がいいと思います(*ノノ)
特にボスのみになってからが、状態異常の回復が大変になる時があるので(範囲悪疫&スロウがあって、毎回それにウィルナ&イレース&ヘイストが必要になる)、白以外に最低もう一人はサポ白で補助できる人が居るといいかなあと思います。
おいら達の時は白&サポ白2人の支援3人体制で、前衛一人に対して支援回復一人が担当に付くという形になってます(*ノノ)
この編成の利点は、白に何かあって動けなくなった時に他の後衛さんで対処が可能という点。頼りない白で済まぬぅぅw

コルセアの時は、おいらの場合即席で仕上げただけなので(*ノノ)、基本的にロールを振ったら後は離れて状態異常回復と、ヘイスト等の補助です。
正直ギミックやら連携やらがあって全力で攻撃しても良いタイミングが少ないので、コルセアの火力はあまり求められないかなと。
ロールを振るタイミングや、アビを使うタイミングの方が重要だと思います。

ここから、短くまとめようと思ったけど全くまとまらなかった(*ノノ)自分用備忘録☆
基本、野良編成な感じです☆

☆編成
フレさん達と一緒に挑戦するようになって、やりやすいなと思ったのが下記の編成。
盾/戦、忍/戦、前衛/忍、コ/?、詩/?、白/?☆
盾枠はナイトか魔剣☆ 魔剣の場合、開幕の数秒は、かなり回復厚めが良さそう。
アタッカーの内、一人は身替わりが使える忍がいると安心☆(居なくても攻略は可能)
もう一人は光と闇の連携が作れる相手で、命中を確保しやすい青や、クリティカルを出しやすいシ、踊辺りがやりやすそう。
ボスのデカセートが即死級の範囲技なので、アタッカーの2人は必ず空蝉を使えるようにする。幻影系では回避できない。

☆作戦
開幕に寝かせて1体ずつ戦闘、雑魚はクリティカルでもやもや消し、ボスはもやもやしたら闇&光連携☆

☆連携パターン
青&忍
 闇:シャンデ>秘 光:サベッジ>瞬
 順序はどちらからでもok
忍&シ
 闇:秘>ルドラ 光:瞬>エクゼン、シャーク
 シーフを後にして可能なら不意玉を合わせる
 不意玉は単発WS時でもok 騙しは忍にいれる
青&シ
 闇:レクイエス>ルドラ 光:サベッジ>マンダリ
 シーフを後にして可能なら不意玉を合わせる
 不意玉は単発WS時でもok 騙しは青にいれる

☆強化
盾役は、全方向からぽこられるのでそれに対する備え☆
アタッカー陣は空蝉。リレイズに関しては、アレイズや高位レイズで起こす事もあるので即起きずに指示待ちで。
白はリレイズ、プロシェル、バファイラ、バアムネジラ、アディデック。
バ炎系は対ウィヴルマム用。アディデックは、後半かけ直すならボス戦開始前に(デカセート回避のため)。
コルセアのロールは、雑魚のもや消しの段階ではクルケットローグズ&ハンター。ボスではサムライ&ハンター。後衛にはワーロック&エボカー。基本的にバストは避ける。
詩人の歌は、下地歌を歌いつつ、ロールが2つ完了したら、4曲の場合はナイトルマドマドマチマチ☆
詩人さんの合図で、盾が突撃☆

☆開幕
盾役が突撃して絡まれて1回アビ、一拍遅れて子竜が3体沸いたらもう1回アビ、で素早く敵をまとめて、素早くナイトル有りの達ララバイIIで寝かせる☆(絶対にウィヴルマムをターゲットにしないこと)
素早くまとめて素早く寝かせるのがとても大事☆
ヘイトに関しては、一人が感知されたら全ての敵にPT全員がヘイトリストに載るタイプなので、個別に挑発等を入れなくても、ヘイト高めの自己強化アビで全部の敵を引きつけられる。
子竜とウィヴルマムが完全耐性で寝ないけど、その他は詩人さん曰くアビ有り時は時間延長装備で、アビなし時は魔命装備で寝かせるとのこと。
ただし、時間延長装備で寝かせるには相当の魔命が要る模様(*ノノ) 必要に応じてサポ風もオススメ☆
魔道士マムが、SPアビで女神の祝福を必ず使用、またケアルガも使うことがあり、その時に敵が全員起きるので再度寝かし直しが必要になる。
ライトショットでは普通に寝るので歌寝かせが厳しい場合はコルセアで寝かすのもあり。

☆戦闘場所
雑魚処理は、中央付近のその場のまま。
ボスのみになった時点で、微塵改から逃げる距離を稼ぐため、壁際に移動する。

☆倒す敵の順番
おいら達の場合は、竜騎士マム→残っていれば子竜→モンクサハギン→魔道士マム→ナイトウィヴルマム、で忍者ボス☆
ウィヴルマムは寝ないので、最初に倒すか放置するか順番は悩むところだが、基本的に削りにくくかつ攻撃が弱く放置してて問題のない相手なので、最後に回しているとのこと☆ また、もや解除後に対ボス戦用の強化かけ直しを近くでするのもしやすい相手☆

☆雑魚のもやもや解除作業
アタッカー陣は、クリティカル重視の装備で通常攻撃のみで戦う。
忍は陰忍使用、必要であればディフェンダーも使いつつ、解除できるまで削りすぎないように攻撃力を抑える。雑魚に対してアフターマスは発動しない(笑)
万一削りすぎて解除前に敵を倒してしまうとアウトなので、もし前半にWS使用する場合は慎重に☆
「ボスからのプレッシャーが弱まる!」のログが出てもやもやが解除できたら、WS解禁で全力で倒す☆
子竜を除く敵は全て、ダメージ有りの魔法や弱体魔法に対してカウンターWSを使用してくることがあり、これらを後衛陣が受けると危険なので、敵に対する弱体魔法は「その敵が睡眠中に」する。
寝ないウィヴルマムに対して魔法・歌を掛けることは厳禁(他敵をターゲットにした範囲に巻き込むのはok)。
敵に魔道士マムが居てそいつが強化を掛けまくっているので、睡眠時に少しずつフィナーレで消す(特にボスに掛かっている強化と、魔道士マムの強化を消す。他の敵はムリする必要なし)。
戦闘中の起きてる敵には、スロウエレジーなどの弱体は一切なし。

・Bozzetto Lancer(闘争王、左前)
竜騎士、SPアビ竜剣、睡眠有効、感知後に子竜を3体呼び出す。
子竜は睡眠完全耐性で、なぜかわいた後に後衛陣に向かっていくことがほとんどなので、盾役が素早くアビで集めることがだいじ。
竜剣時に3体とも吸収し超攻撃力アップ。一定時間後にまた3体召喚する。その場合、本体の後に子竜を倒す。

・Bozzetto Moraingist(水月王、左後ろ) 一人だけサハギン。小柄。
モンク&詩人、SPアビ百烈拳、睡眠有効。
サッカーパンチとハイドロショットがヘイトリセットでタゲがふらつきやすい。
体感では一番弱く、解除前に倒しそうになることが多い印象。一人納刀するなどの調整も考える。
戦闘終了後のように見えるタイミングで解除ログが出る事もあるので、ひとまず最後まで戦う☆

・Bozzetto Eudite(賢哲王、中央後ろ)
白魔&黒魔、SPアビ女神の祝福、睡眠有効。
パライガ、サイレガ、スリプガ、スロウガ、ケアルガ、プロシェル他、起きてる時は面倒くさい。
この戦闘では白は服毒等睡眠対策必須。
ショックスパイクを使用することがあるので、その場合のみ、フィナーレかダークショットで消す。
但し魔法カウンターでレステアサルト(単体ダメージ+静寂)が飛んでくる可能性に注意。

・Bozzetto Protector(騎龍王、右前) ウィヴルに乗ってる。
ナイト、SPアビインビン、睡眠完全耐性。
魔法カウンターWSのサイクロニックフレイム(単体ダメージ+静寂+アムネジア)が、アムネ3分? とかいう極悪仕様なので、これに対してはとにかく魔法厳禁。フラッシュも×にした方が良い。
インビン時にヘイトが特殊になり、9割ぐらいの確率で詩人さんに粘着する(*ノノ)ので、盾役がナイトの場合はかばうで対応。
このヘイトは、おそらくそれまでに盾役が稼いでいたヘイトが別のPCのヘイトと入れ替えなので、ウィブル戦での盾役は、あらかじめヘイトを稼ぎすぎないようにするといい。

4体目のもや解除後、まだ4体目と戦ってる時に、対ボス戦用のロール切り替えなどの強化を開始するといい。

☆ボス戦
・Bozzetto Autarch(ボス、中央前)
忍者、SPアビ微塵隠れ改(何度も使用)、睡眠有効。
微塵改を回避する距離を稼ぐために、壁際で戦う。
雑魚4体のもや解除ができていれば、普通の姿で戦闘開始。
要注意技その1マイアズマ、自身中心範囲、強スロウ+毒+悪疫、空蝉貫通。
初回の発動に白が女神の印愛撫ウィルナを合わせる(ヤグあれば印不要)。これで3分間、5回分の悪疫が防げる。
なので他の人にはイレースから詠唱してもらうようにする。ヘイストのかけ直しは分担して迅速に。
要注意技その2デカセート、 自身中心範囲、即死級物理ダメージ、空蝉2枚消費。
アタッカー陣は常に空蝉2枚以上維持、詩人とコルセアは近づく際に注意を(>_<)
要注意技その3 ヒモトクシンホイール、単体(遠隔攻撃)、瀕死級物理ダメージ+毒+魅了。魔法カウンターとしてこのWSが来た場合、ほぼ瀕死ダメージな上にスリップと魅了で助からない事が多い(>_<) フラッシュも×にした方がよい。
が、コルセアには、ディアII&ライトショット&ライトショットという重大な役目があるので、ストンスキン等極力対策をして、敵が他の技を使用中な時を狙って、可能な限り迅速に役目を果たす(>_<) 以降もディアII管理はコルセアの役目になる。
途中で、空蝉参&もやもや発生→火遁→(略)→風遁→氷遁という遁回しモードになると、その直後に微塵隠れ改が発動する。
遁回し中は他の技が来ないので、空蝉参は必ずディアガや達ララバイなどで素早く消す(壱や弐はカウンターWSをもらう可能性があるので手出ししない)。
遁回し中に、闇連携&光連携を決めることで、ほぼ確実にもやもやを解除する事ができる。
それでも解除できなかった場合は、盾役と忍者以外逃げることになるが、遁回し中は誰か一人でも離れすぎると全員引き寄せられるという鬼畜仕様。
が、氷遁~微塵の間に限り、引き寄せしないので回避可能。コレに気が付いた人は本当にマジでスゴイです☆
なので、忍者は、風~氷で身替わりの術を使用、盾役はナイトならばイージス、ランパート、フィールティ使用、魔剣ならワンフォアオールや、Eなんとかを使用。それからスケルツォ。他に、ケアル6での最大ソラスストンスキンも付ける。
逃げる人は、風遁で納刀して後衛位置に立つ。氷遁でスタート、ダッシュで逃げる。
アタッカーは死なれるのが一番痛手なので、迷うくらいなら逃げる。
走る距離は、戦っている壁際から見て、ほぼ反対側の壁まで逃げればok。微塵改の発動ログが見えるとこだと大体アウト(*ノノ) 直線的に走るようにしてギリギリな感じです。
微塵改は、シェルラVの上から99999ダメージが前提になっていて、女神の聖域は軽減効果はあるけどちょっと軽減率が届かないなあという感じ。羽衣は上手くいけば回避できるようなのですが、おいらがHP半分ほどで助かって他の人がちんでるという状況があったので、確実ではなさそう(*ノノ)
盾役は衰弱状態でも盾可能なので、盾とアタッカーの両方が倒れていた場合、盾にレイズIII>アタッカーにアレイズで起こす。
アタッカーが復帰次第、削り再開。
遁回しのもやもやはHPが減る毎?に何度も来るので、その都度連携で解除する。
もやもや時以外は連携しなくてもいいので、とにかくアビ全開で削りまくる。
上手くいけば改完封♪♪

関連記事

事実はきちんと受け止めよう(*ノノ)という今回の記事。

最近は、フレさんに誘ってもらって、アンバス2章とてむずに通っています(*´∀`)
で、フレさんのご厚意で、「モンクでアフターグロウ配って^^」ということで、お言葉に甘えてモンクを出させてもらってた訳ですが・・・。

ですが・・・(*'-')・・・

つまり。今までは、他に新REMを持っている方がいらっしゃらなくて、それでモンクでアフターグロウを配っていたわけですが。
今日は、比較的おいらと似た感じの装備に、新REMを持っているシーフのフレさんとご一緒する事ができたので、「ああこりゃトータル与ダメ負けるな~~(ノ∀`)」とは思ったものの、果たしてどれぐらいの差が付くのか、興味がわきましてですね☆☆
しっかり与ダメージを数えました(笑)
そして、驚くべき事実が浮かび上がったのでした・・・!!!

編成は、ナモシ踊白+コルモル。

端的に言うと。
シーフのフレさんの削り量 約105,000ダメージ
モンクのおいらの削り量 約56,000ダメージ
※合計の数字ではなくて、割合の方を見て下さいネ。

だめぇーーーーダブルスコアも差付けられてるようではダメェェェェェヽ(´Д`;≡;´Д`)丿
ある程度の差が付くことは覚悟していたけど、まさかここまでとは。
集中バーサクアグレ、インピ猫足ウォークライ、使えるアビはSP以外全部使ったんだが・・・

う、うーん(*ノノ)
お互い、シニスター装備&アデマ&ルオンアクセ、な感じで、アクセや防具で若干の違いがあるにせよ、大体似たような装備具合で、こんなに差が付いたらアカン・・・・wwwwwww

もちろん、2章とてむずクリアに関しては、モンクでも全然okです。
ただ具体的な削り量としては、おいらの場合はこんな感じだったってことです(*ノノ)

そしてさらに追い討ちをかける事態が(*ノノ)

とりあえず、今日のPTでは、シフフレがアフターグロウを配れる訳で、コレはおいらのユニクロ青魔を出すチャンスと言えます。
おいら以外は全く同じ編成、全く同じ作戦で、おいらだけモから青へチェンジ。開幕にマイティガードを配る作戦で行きます☆☆
つまり編成は、ナシ青踊白+コルモル。

すると、どうなったかって言うと・・・・・

おいらの削り量が上がった&クリアタイムが30秒以上縮んだ/(^o^)\

うん、マイティ配る&エラチックで自己ヘイストIIが掛けられるからその分、他の人がコルモルからヘイストIIもらうのが早まる訳で、クリアタイムが縮むのは理解できる。30秒以上が妥当な時間かどうかはともかくとして、縮まないとむしろおかしい。
だけど削り量が・・・

端的に言うと。
シーフのフレさんの削り量 約81,000ダメージ
青魔のおいらの削り量 約67,000ダメージ
※割合の方を見て下さいネ。

グロウがもらえる環境だと、ユニクロ青魔で簡単にエンピモンクを越えられるんだって言う(*ノノ)
うわー・・・ そうだったのかー・・・・・ 知らなかった・・・・

さすがにコレは愕然としました。。。。

はーこれはもーモンクの調整がすっげー楽しみだわー
すっげー伸びしろがあるわー
ぜってー調整来るよな??(ノд・)

とりあえず、明日からのアンバスは、アタッカー枠での参加ならば、青魔かな(*ノノ)

※最近のモンクの装備はこちらになります☆
関連記事

イン・・・ガスンガスンジュバ一式、なんとか取れた(*'-')ノわぁい☆

インヤガジュバっていう単語が、覚えにくくてね。
最初に、インガヤ~と間違えちゃったから、たぶんそのせいなんだけども。
なんかこう、じっと字面を見てたらね。
「インガスンガスン」が連想されちゃって、それで脳内上書きされてしまった/(^o^)\

今回のアンバスケード、2章について☆
最初は、青魔で、片手剣で攻撃しつつ、雑魚沸いたらスペクトラルフローで~ってしてたのですが☆
何回かやってみ感じ、ギフト400程度の青魔だと、若干、火力不足を感じちゃいました(*ノノ)
一緒に戦ってた青魔さんがアルマス所有のバリバリの仕上がり具合だったっていうのもあるんだけど(*ノノ)

ライト層にとって、青魔は、物理一辺倒か魔法一辺倒であればかなり扱いやすいジョブなんだけど、両方同時に~ってなるとまだちょっとハードル高いんかも知れない。
物理か魔法の「どちらか」に特化させる場合なら、ライトな青魔でも、セット次第でそこそこの火力が引き出せる感じです☆
もちろん、仕上がった青魔さんが特化セットを組んだらもっと強いんだけども、特性にも限りがあるので、そこまで差が付かない感じなのかな。

おいらの場合だと、黒魔で参加した方が、貢献できてたっぽいです(*ノノ)

1章の方は、まずはお試しでってことで、実装日にモンク&フェイスのみなさんでとてもやさしいに突撃でっす(σ´∀`)σ 焼印欲しかったし♪♪
敵の名前で大方のジョブのアタリを付けるも、微妙に間違っていたのはいつものお約束(*ノノ)
とりあえずボスは無視して、雑魚を3体やっつけ、ガルーダを先に倒してからボス撃破(`・ω・´)
最初は情報がなくて、召喚獣の方から先に倒せば運が良ければアスフロ阻止できるかな~くらいの気持ちでした☆
実際は、ちょっと変わったギミックだったみたいで、ガルーダが居る間はボスにダメージカットが付く、一体目のガルーダを倒してもボスを削り出すと時間経過?で二体目のガルーダが登場、この子が沸く時?にアスフロしちゃうみたいですね。とてやさだと再召喚される前に何とか撃破できました(σ´∀`)σ
とてやさは何とかなるんだけど、フェイス盾だとやさしいの段階でもう厳しめでした。
もうちょっと気軽に一章に挑戦できたらなぁ・・・。

来月は7月5日から新しいアンバスがスタート。
正直、最近は変な時間帯にしかログインできてなくて、ますますヴァナでの孤独っぷりに磨きが掛かってるので、次回はHQ一式取れるかはどうかなーあやしいなーやばいなーと不安でいっぱい(*ノノ)ぴ。

変な時間帯にしかログインしないから、そもそも連戦する体力が残ってないのが問題なんだよなあ・・・。
過疎ってるだけに、組めれば待ち時間0の超高速戦闘なので、「それの何が不満なんやこの贅沢者めえええ」て怒られそうなんだけど、その高速戦闘にもうついて行けないの・・・(*ノノ)
毎回、こう、タルっ子に話しかけてちまちまーっと強化したり、まんどらたんに変身してウロウロする時間があるぐらいが丁度いんがすんがすん(*ノノ)

関連記事

身内でちょろっとコンテンツに行きたい、だけどフェイスの絆がないから、盾役がオーグストやアムチュチュたんじゃ心配~(>_<)
なんて時に、ちょろっと出せるようにと思って、ナイトを上げ始めて早数ヶ月☆
やっとナイトがLv99になりました~ヽ(*´∀`)ノわぁーーい☆☆
Lv80台からは、なつかしのボヤーダで、ナ狩狩黒赤白(もちろんフェイスの皆様ですww)なんていうPT編成で、一昔前のレベリング風に経験値を稼いでいました(*´∀`)
Lv80台だとディフェンダーを使わないと被弾が痛かったけど、最後の方はリンク上等のサベッジ連打でむしろけっこうナイトがダメージソースになっていた気がします(*´∀`)☆

で、さて!
Lv99になったら、その次はさくっとIL119ですよヽ(*´∀`)ノ
防具に関しては、アンバスケードで入手していたスレビアHQと、溜めておいた免罪符でさくっとスヴレンNQを用意してそれらを組み合わせます(*´∀`)
AFレリエンピの強化は・・・また後日・・・(ノ∀`)

だが、ここで、ハタと気が付く。
ナイトが装備できる最近のIL119の片手剣を、持ってない、ぞ・・・!?Σ(゜□゜)

そうだった。
片手剣と言えば、「ナ赤青」または「ナ戦」みたいな括りが多かったけど、青や赤はエスカルオンステップ2のジョブ別片手剣に変わってしまったし、戦士は基本的に両手斧だし・・・
あまりナイトの為の片手剣を取り置きしていなかったのです。これはしたり。

ミシックはちょっと簡単には取れないので置いておくとして、エンピとレリックもギルがないから一端置いておくとして、本当は島武器の片手剣がいいんだろうなと思ったけど、それも取る機会が当分なさそうだったので一端保留にして。
青赤と同様に、エスカルオンステップ2のジョブ別のナイト用片手剣、ニックサーを取ることにしましたヽ(*´∀`)ノ
ドロップさえしてくれれば、強化は固定値のオグメだからラクだしね☆

というわけで、パリラ戦です。
今回はさすがにモンクで挑むのはやめました(*ノノ)
属性攻撃とか、ムリだしぃー(*ノノ)

☆Palila
ギアスフェット/ルオン・ステップ2(CL125)
種族/バード類ワクタザ族亜種
トリガー/パリラの鉤爪(ヴィドマピールの爪:5)

ボスは青黒いフルカンが一体。
開幕時、お供の Palila's Vulture 2体と一緒に出現する。
お供は倒しても、何らかの条件で何度でも呼び出され、沸かせ役に向かう。
その都度、数が増えていくカンジで、最大6体。HPは少なめ。
雑魚は夢想花による睡眠、エントゥームによる石化、スペクトラルフローによるテラーが有効。
ボスの弱点は土属性。エフェクト中に大ダメージの土属性被弾でテラー?
※3戦して5回ほど青い!!が出てました。

今回の編成は、青/赤のおいら、アムチュチュ、アシェラ、ヨランオラン、コルモル、シャントットIIです。(※フェイスの絆はありません。)
青魔の攻撃は全て魔法攻撃にするので、物理系セットをハズして魔攻特性重視で、スペクトラルフロー、エントゥーム、エンバームアース、夢想花、メメントモーリ、コクーン等をセット。
前方範囲があるので、アムチュチュだけ正面に立つような配置にしてから、強化して沸かせます☆

・・・ここまでで、実は、大きな間違いがあります/(^o^)\
あのですね、途中までは問題なかったんですよ(*ノノ)

Shantottoのサンダーが発動。
→Palilaに、2303ダメージ。

ほら、ちゃんと、サンダーも与ダメージになっていたんです。
もちろん本当は土系を撃って欲しかったんだけども。
だが、よくよくログを見ると。

Shantottoの攻撃→PalilaのHPが、614回復!
Shantottoのサンダーが発動。
→PalilaのHPが、2238回復。
Arcielaの攻撃→PalilaのHPが、332回復!

なんか気が付いたらこうなってました/(^o^)\
いやあああ地道に回復してってるぅぅぅwwwwwww
気付くまでに2戦掛かってました(ノ∀`)www

と言うことで最終的な編成は、青/赤のおいら、アムチュチュ、神子さま、アシェラ、ヨランオラン、コルモルになりました。
アシェラたんがちょろっと回復しちゃってるのは見なかったことに(*ノノ)
そういや今思い出したけど、土属性と言えばロスレーシャがいたんじゃーww
すっかり忘れていました(ノ∀`)
※→ロスレーシャは、それなりにがるばってくれるけど、弱点を付ける程ではないかもです(*ノノ)


はじめの2戦では、既に持ってる格闘のハマーフィストばっかり出てたけど、途中で戦闘場所を変えてみたら、見事ニックサードロップ(σ´∀`)σ
やっぱり、場所によって、なんか偏りに違いがあるのかもかもっ!?

ということで、へっぽこ青魔でも無事パリラ討伐です♪♪
コレで武器問題はイチオウ解決♪
あとは、盾ですなー☆☆
色々と経験者の方の話を聞くと、オボロ装備のプリュウェンが良さそう☆
・・・岩餅棒の代金を何とかして浮かせたかったけど(*ノノ)、そうも言ってられないかな(ノ∀`)うふふっぴ☆
関連記事

ジョブ別マントは減らす(`・ω・´)キリッ
と、言っていたにも関わらず。







どんどん増殖してるぞー!!/(^o^)\

もんきゅマントは、ついつい、ビクスマ用のを作っちゃいました(*'-')☆
コレでWS時、装備枠でSTR+280に♪
醴泉島ではなんとSTR+340になっちゃう♪
次はもちろん、チャクラ用だよー^^☆
関連記事

ひとまず6月のバスケ用の青魔法セットめもめも(*'-')
PTでご一緒した方のセットをがっつりパク参考にさせていただきました(*ノノ)
おいら用、随時変更あり☆

今回の2章は、敵がボス1体&途中で雑魚が2~4匹くらい、数回にわたり召喚されます。
ボスは物理&風属性で削る感じ。
雑魚はHPが低く、物理でも魔法でもさくっと倒せるようです。
ただ雑魚トンボは風属性じゃないほうがよさそう?

青/赤 最大BP80 ギフト400未満(*ノノ)

 二刀流(1段階+1 係数0.85)
  デルタスラスト 4P BP2
  偃月刃 4P BP2
 範囲イレース魔法
  虚無の風 4P BP5 光属性 範囲イレース
 ヘイスト魔法&ファストキャスト(1段階+1 係数0.10)
  エラチックフラッター 8P BP6 自身ヘイスト+30% 5分持続
 リフレシュ魔法
  バッテリーチャージ BP3 自身リフレシュ3MP/3秒 5分持続
 コンサーブMP(1段階+1 28%)
  レテナグレア 8P BP5 光属性 前方範囲魔法 追加フラッシュ
 HP回復魔法
  マジックフルーツ BP3 PTメンバーのHPを回復 
 C.インクリース(1段階+1?)
  シンカードリル 8P BP6 突属性(重力振動) 5回攻撃TPダメ修正
 ダブルアタック(2段階目のトリプルアタック+5%)
  エンプティスラッシュ 4P BP3
  重い一撃 4P BP2
  T.アッサルト 8P BP7 斬属性(核熱衝撃) 4回攻撃TPダメ修正+防御力ダウン
 物理命中アップ(1段階+1 命中+22)
  N.メディテイト 8P BP6 自身に攻撃力アップ(+20%)の効果 1分30秒持続
 ストアTP(1段階+1 ストアTP+10)
  サドンランジ 4P BP4 斬属性炸裂衝撃 単体攻撃魔法追加スタン
  ファンタッド 4P BP1 自身の物理攻撃力・魔法攻撃力をアップ
 魔法攻撃力アップ(4段階+1 魔攻+36)
  スペクトラルフロー 8P BP8 氷属性 範囲魔法 追加テラー
  サブダックション 8P BP6 風属性 範囲魔法 追加ヘヴィ
  マジックハンマー 4P BP4 光属性 単体与ダメ分のMP吸収
  夢想花 4P BP3 闇属性 範囲睡眠
  サウンドブラスト 4P BP1
  カースドスフィア 4P BP2

※ここまででBP79。
関連記事

ちょっと前の記事で散々愚痴っておりましたが(*ノノ)
何とか今月も14500ポイント獲得です。


・・・・・・・・・あー、しんどかった・・・・・・・・・・!!


おいらにとっては、先月のアンバス2章が、モンクソロでむず連戦できる難易度だったのに対して、今月のアンバス2章は、青ソロでふつう連戦だとまれに事故あり、ソロむずだと事故の方が多くて時間の無駄、という難易度でした。

ただでさえ、先月が1戦200ポイントペースで稼げたのに対して、今月は1戦100ポイントペースにだだ下がっている上に、今月の方が一週間も短い期間になるという鬼畜仕様。
このことに関してはやっぱり文句言いたくなっちゃうっo(`ω´*)o

それでも今月乗り切れたのは、ひとえにフレの皆様のおかげです。
本当に、人脈に助けられました。
組んでくれた方、ありがとうございましたヽ(*´∀`)ノ
まだガラントリーの方でマント素材等がもらえるので、この後もPT組めるならガンガン突入する所存です☆
おいらでよければ、お誘い下さいませヽ(*´∀`)ノ
結局、今月の1章の方はやらずじまいだったので、一度くらいは挑戦してみたいな☆

おいらがやってた、2章の方の攻略はというと。

敵2体
タウルス:HP多い・カウンター持ち・モウが範囲大ダメージ&毒
デーモン:HP低い・デモニックハウルは範囲スロウでヘイスト上書き

おいらは青/忍。モウがオカルテーションのブリンクでは防げないので、サポ空蝉一択です(経験者は語る(*ノノ))。
青魔法に関しては物理関係の特性優先でセット。トリプルアタック、Cインクリース、ストアTP、物理攻撃アップ、物理命中アップ、等々。あとソロでは虚無の風も必須です。

フェイスは、ソロの時は、アムチュチュ、ヨラン、色々お試し枠、クピピ、コルモルで挑戦してました☆
作戦は、タウ瀕死→デーモン討伐→タウ討伐。

まずはデーモンに対して抜刀した状態で近づいて殴る。
アムチュチュが起動したら、タウルスがうろうろしてるので今度はこれに対して殴る。
タウルス開始と同時にマイティ、続いてNメディテイト。WSはおいらはシャンデ連打です☆

盾フェイスですが、オーグストとアムチュチュを比較してみた結果、アムチュチュ盾の方が安定してました。
オーグストが主に抜刀中の敵に対して行動してヘイトを乗せていくスタイルなのに比べて、アムチュチュは自己強化を多用してヘイトを乗せていくスタイルなため、一度敵対心が乗った全ての相手に対して延々とヘイトが乗り続けるからかな?
但し全体的な被弾は、くらう時は大ダメージを食らいやすいのがアムチュチュたんです。回復役は多めがいいです。

色々お試し枠に関しては、ソロの時はチェルキキが安定してました。
離れるって偉大。
余計な被弾が減るため、後方フェイス全員がアムチュチュを守る事に専念できます。
モータルレイが炸裂してしまった時は、ヨランとクピピがカーズナ担当、チェルキキがケアル担当、と自然に分担されてました。
さらにこの時、スロウだの防御ダウンだのがかぶった時は、おいらが即座に虚無の風でイレースを担当します。
こんな感じでカーズナは8~9割成功してました。特にクピピたんががるばってた☆
一応、一応ね、ストアTPの特性を付けるとオマケでサドンが使えるので、フェイス盾の場合は可能な限りモータル対策でサドン待機してましたが、大抵シャンデ撃ってる間にモータル使われてた気がします(*ノノ)てへ

タウのHP残り0.3~0.5ミリくらいでタゲをデーモンへ変更、デーモン一気に削って討伐、タウを後ろから削りきる☆
デーモンの技で鬱陶しいドレッドスパイクは、タウを討伐しないと解禁されないので、この作戦だと封印したまま戦えます。

ある意味、ちなずにしっかりタゲ取れる盾が居るならば、とにかくひたすら本気で殴ってるだけで終わると言えば終わる内容です。
そういう意味では決して悪い難易度ではないんですが、「ちなずにしっかりタゲとれる盾」っていうのがね、今回は極一部のジョブを除くとなかなかむずかしいのよ・・・!!(*ノノ)
この盾役の間口が、もーちょっと広ければ、もっとPT組みやすかったのになあ。
言うまでもないですが、いくらアタッカーの参加希望が多くても、あるいは強いアタッカーであればあるほど「ちなずに固定力のある盾」が欲しくなる訳で、そういう意味でまず盾役が決まらないと、他のアタッカーを誘いづらいんですよね・・・(´・ω・`)

と言うわけで、膝丸改一式(σ´∀`)σです☆
リジェネ装備で胴を使うのは即決定として、後の装備をどういう風に組み合わせていくか☆
苦労してゲットした装備の組み合わせを考えてる時が、やっぱ楽しいなっ☆
他には、青マントフル強化、シマントフル強化、それから忍マント強化途中、となりました(σ´∀`)σ
来月は後衛系かモンクのVITマントか青の魔攻用かう~ん迷う(*´∀`)
関連記事

私です(ノ∀`)

コメント書いてイベントにすっかり夢中でした(*´∀`)ww

このイベント、説明聞いただけの最初の挑戦では4為くらいしかポイントが取れなくて、うわあどうしよと呆然となったんですが、こういうミニゲームでは「マクロがだいじ」ですね(`・ω・´)
メニューからエモを選んでるようではいつまでたっても500為が遠いです(>_<)ノ

マクロは、自分が直感的に操作しやすいように作るのがポイントです。
おいらの場合は、「1.5↑」「1↑」「1↓」「1.5↓」という名前でマクロを作りました。
小数点が気になる、実際の目盛りの動きと合わせたい、という場合は「3↑」「2↑」「2↓」「3↓」にするとなお分かりやすいかなと思います。
さらに上級者によると、「3」「2」の他に、自動的に「1」になるようにエモを2つ繋げたマクロを作るという方法もあるようです。3上げて2下げて結果1だけ上げた状態にする、というようなとっさの計算をしなくてすむ分ラクになるのかも☆
ゲージの読みが甘いとだめですが(ノ∀`)

あとは、落ち着いて、今どの為が自分に反応してる為かよく見てターゲットミスを無くすのがポイントでしょうか。結構後ろに居る為にタゲられてる時がありますw
それから、なるべくキングやシーザーに挑戦する方がいいです。ポイントがぐぐん!と伸びます。

おいらのベストスコアは95為でしたが、慣れてくれば50~90為くらい、平均70為くらいはなんとかなりそうです。ならなかった時はキニシナイ('з')

そんなこんなでおいらも赤為ちゃん(σ´∀`)σ

うむ☆
この乗り心地はまさに遊園地のゴーカートwww

そして後で、青魔法セットが綺麗サッパリ消えている事に気付いて愕然としたのでした(ノ∀`)

アッーーー! にかわ青ちゃんだから、こんな罠があること知らなかったヨーwwwwwww
レベル制限受けるとあかんのな・・・(ノ∀`)
ブログの記事で青魔法セットを記録していてマジ助かったー( ・ω・)-зふぅ☆
関連記事

ずーっと楽しみに待ってたダクマタオグメキャンペーン☆
おいらも例に漏れず、無謀にも119版タ○マ○胴を夢見て(笑)、ヘルクリア胴で挑戦です☆☆

今現在のオグメはこちら☆

ステータスはあると嬉しいDEX、命中はMAX40&攻も高めで、トリプルも気持ち付いてて、ひとまず使いやすいバランス型として活用していました☆

そして本日のオグメで初めて付いた、秘術っぽいオグメがこちら☆

命中が限界突破、そして目新しい項目クワッドアタック☆☆
よーく計算してみると、実は新旧で命中「2」しか変わらない(笑)んだけど、それに対して攻撃は15も下がってしまうので比較すると必ずしもいいオグメとは言えないんだけど、ついつい更新してしまったーーwww(*ノノ)
だって、秘術っぽいオグメにしたかったんだもーん(*´∀`)ww

とは言え、ヘルクリア胴は一着しか持ってないんで、なんとか攻撃方面の性能も補いたいところではあります☆
マルチアタック性能で考えても、まだローハイド胴に負けてるしなあ。
贅沢な望みですが、もー一声、もーーー一声、欲しいんぢゃー(*ノノ)

さてさて明日は、胴にこのまま夢を賭け続けるか、それとも別の部位でトレハンかリフレの現実的な性能を目指すか☆☆
手持ちの装備と見比べながら考えるっぴ☆☆
関連記事

2005 Powered By FC2 allrights reserved.


template by Sun&Moon
☆少しだけ編集しています☆

全てのスクリーンショットにはスクウェアエニックスの表記が入ります。
Copyright (C) 2002~2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

バナー作りました。
2011/12/8

2005/9/5






☆公式サイトへのリンクです☆