★今日もどこかでまんどらたん(*´Д`*)★
 
15日は、「いこう! ヴァナディールの日」ということで、お得なキャンペーンが目白押しでした(*´∀`)
全部でどれだけのキャンペーンが開催されていたのかは謎だけど、メジャーどころは大体開催されてたみたいです。

ログインしてすぐに、フレさん達から色々情報を頂きまして、おいらが行きたいなあと思ったのが「ジョブポキャンペーン」「コスミックBFキャンペーン」「ドメインキャンペーン」の3つでした。
同じするなら、1つに絞ってする方が良さそうです。
しばし考えまして。
ジョブポはやろうと思えば、多少効率が落ちても、普段の時期でもできる。
コスミックBFは、やれば黒字になるのは分かってるけど振れ幅がある。(´・ω・`)←6枠目とかほとんど見たこと無いしw
そしてドメインキャンペーンは・・・

そう。実は、ドメインも、普段でもある程度できるんだけど、だけどそれは実質、島だけの話。
参加可能なジョブによって印象が変わるとは思いますが、実はジタのドメインが、ソロで回数こなすのがすんごいキツイのです。
ルオンもまあまあ面倒だけど、まだやりようがあるのに比べて、ジタはほんとに面倒くさい(*ノノ)
普段の日に回数こなそうなんて思わないww

と言う訳で今回は、ドメインへGO!(σ´∀`)σ

参加してからハッキリと分かったのですが、今回のドメインキャンペーンは、なんと。
•ドメインベージョンお宝ゲットキャンペーン
•ドメインベージョン雲消霧散キャンペーン
•ドメインベージョン退魔キャンペーン
のトリプル開催だったのです。

一口にドメインキャンペーンと言っても、3つ同時に開催されたことはなかったんじゃないかな・・・。
(と思ったら、今年1月下旬に3つ同時開催あったですね(ノ∀`)w)
コレ、正直言って、どれか1つ~2つだけの開催だと、あんまりそんなに難易度下がったっていう気がしないんだけど、さすがに3つ同時開催だとかなり違いますねっ。
まず、お宝キャンペーンがあるので、人が集まります。
人数が増える(=セルテウスの数が増える)だけでかなり楽になります。
そして、普段だと、人数が増えるとその分雑魚敵も増えてかえって面倒になったりすることもあるんだけど、今回はどれだけ人数が増えても雑魚が湧かない!! コレは楽っぴー!!
そして飛ばない。モンクでもストレスフリー!!ww

そして、間接的にもう一つ、影響があったのが。
•フェイスの絆キャンペーン-HQ
です(*´∀`)
盾フェイスが、どういう訳か戦闘中にじりじりと動いちゃって、龍の真正面に立ってまともにブレスくらっちゃったりしても、(1回までは)大丈夫!(*ノノ)
スパイクフレイル連打されても、みんなそう簡単にはくたばらない!(*ノノ)

この、4つ同時開催は、おいらにとっては非常に大きかったです。
かつて、ジタドメインが、これほどサクサク周回できたことがあっただろうか。いやない。
(もしかしたら今でも時間帯によってはそこそこ賑わってるかも知れないですが、おいらが行く時間帯においては0~1人くらいなので、毎回軽く絶望しています(*ノノ))

普段のおいらならば、ジタのドメインに行く時はわざわざ自分のジョブも変えて、きっちり回復重視のジタシフトを敷いていましたが、そしてそれすらもダルくなってすっかり足が遠ざかっていたのですが、今回はモンクで、ポイント稼ぎ寄りの編成でも、楽しく戦うことができました(*´∀`)
ジタに関しては、もうずっとこのままの仕様でいいと思う(`・ω・´)マジで。

というわけで、やっと、やっと、ジタドメイン100回勝利、達成ですヽ(*´∀`)ノわあああい
今日だけで10勝以上、稼いだことに・・・www
これでやっと神符が1段階あがるー(>_<)嬉しいー☆

そして、ジタとかぶらない時間帯においては、ルオンと島にももちろん通っていたので。
ビーズも、1万5千以上、稼げていました(*´∀`)
半年ぶりくらいにMAX5万溜まったあ♪♪

来月の15日は、平日ではないのでほとんど遊べなさそう(*ノノ)だけど、どんな内容になるのかな(*´∀`)
待ち遠しいっぴ☆

巷の噂では、今はどうやらモンクも安定してベルフェゴールさんを倒せるようになったようです☆(※若干の運要素はある模様)
おいらも、去年の1月頃に、モンクでベルフェゴールベンチをしようとしていたのですが、その時は連続魔に耐えきれずに終わってしまってたんですよね(*ノノ)
ただその時は、今よりギフトしょぼかったし、スマイト調整前だったし、火力に自信がなくてフェイスをかなり防御寄りのメンバーにしていました。
当時でも、もっと色んな編成を試していたらもう少し違った結果になっていたかも知れないけど、たぶん安定ラインにまで持っていくのはおいらには難しかったように思います。

でも今なら、おいらでもやれるかも知れないっ☆
ということで、早速GO☆ヽ(*´∀`)ノ

☆Belphegor
ギアス/醴泉島・ステップ1(CL129)
種族/アンデッド類コース族亜種クマカトック
トリガー/ベルフェゴールの冠 (交換:ダークバックラー×1、等)

編成は、モ/戦のおいら、オーグスト、アシェラ、ウルミア、アムチュチュ、ヨランオラン、です。
今のおいらのギフトは776、武器は新ウルスでTP0スタート、戦闘開始後にLv3アフマスを付けてからのビクスマ連打作戦です(ちゃんとTP溜めてから開始するのが一番いいんだけど、極力手間を省いてます)。

去年の挑戦の時も、盾2人体制にはしていたんだけど、セルテウスをねじ込む為に詩人を外していたんですよね。
今回はセルテウスを外して詩人を入れ、きっちりヘイストキャップまで持っていきます。

集中回避マントラバーサク絶対カウンターインピタス、まで使用してから、湧かせます。
湧かせて戦闘開始してから猫足使用、ウォークライはちょっとタゲ取りそうでびびって使えず(*ノノ)ちきんはーとなおいらです。
びびっちゃうくらいなら、効果時間多少ロスしてもいいから戦闘前に先に使っちゃうべきでしたね(ノ∀`)

SSを取り損ねてしまったのですが、結果、どうだったかと言うと。

Yozukiは、ビクトリースマイトの構え。
Belphegorは、メメントモーリの構え。
Belphegorは倒れた。
Yozukiは、レベル制限の効果がきれた。
Yozukiは、毒状態から回復した。
Yozukiは、バーサクの効果がきれた。
Belphegorの連続魔!
Yozukiは、ビクトリースマイトを実行。
→Belphegorに、9309ダメージ。
Yozukiは、4350リミットポイントを獲得した。
Yozukiは、6330キャパシティポイントを獲得した。
BelphegorのファイアVIが発動。
→Amchuchuに、1554ダメージ。
AugustのケアルIVが発動。
→AmchuchuのHPが、590回復。
技連携・光→Belphegorに、5473ダメージ。
Yozukiは、インピタスの効果がきれた。

ログが前後しているので分かりにくいですが☆
ベルフェゴールがファイアIV詠唱後に、メメントモーリを使い連続魔を発動させた、と同時においらのビクトリーが決まり、それで光連携ダメージが発生して、それで決着したというわけですヽ(*´∀`)ノ
で、バーサクが切れたログの後に獲得経験値などのログが流れてその後にインピタスが切れたログが出ているので、戦闘時間はきっかり3分間だったのでした(*´∀`)
なるほど、今の火力だと、連続魔を撃たせないで済むところまで、迫れるようになったんですねぇ(*ノノ)
とは言え、着弾の数秒前にマントラが切れて、絆なしのところに4系精霊はやっぱりかなり脅威なので、ギリギリな感じではあるんだけども(ノ∀`)
この時は前半と中盤あたりで2回ほど白弱点が出てた気がするんだけど、後半がよく見れてないです(*ノノ) 出てたとしてもあともう1回くらいだったかと思います。

このあともう1戦して、盾一人消失しちゃって直後においらに魅了が来ちゃって敵のHP全快から仕切直す羽目になったバージョンもあるんですが、それでもなんとか倒すことができました(*´∀`)
以前ならば、仕切直し後はリキャストの関係でほとんどアビ無しで戦うことになって結局負けてたりしたんだけど、なんとか倒しきれるようになってたのは嬉しい(*´Д`*)☆

前回の記事で、オーメンの詰みルートには、まんどらたんが出てきちゃうううう(>_<) おいらのFFには、詰みルートは未実装だああああ(>_<) と嘆いていたおいらですが・・・。

実は、今年に入ってから、オーメンに行ったのって年始の時だけでして。
詰みルートに関しては、よく調べてなかったのです。
で、もう少し詳しく、用語辞典で見てみてると。

第一区画(共通)
 剣虎、フライ

第二区画(共通)
 甲虫(橙)、リーチ

ここでルートが分岐

第三区画(詰みルート)
 ここで、まんどらたんが登場してしまう。

第四区画(詰みルート)
 大ボス(トリガーが揃っていれば突入できる)

ん・・・?? ということは・・・。

ソロで行くぶんには、第四区画に大ボスと戦闘しに突入することはない訳で。
つまり、ソロで行く詰みルートでは、第三区画まで進んだら、そこの指令をクリアしようがしまいが、どのみち退出しか選べないわけで。

あれ・・・じゃあ・・・どんな指令が出ようとも、第三区画では、まんどらたんと戦わなければ、それでいいということ??Σ('□';)

指令を達成できるかできないかで、もらえるカードの枚数が1枚増えるかどうかという違いはあれども、第三区画の指令はスルー可能!
しかも第三区画では、敵毎にきっちり分かれて配置されているので、まんどらたんだけを綺麗に避けることが可能だったのですーー☆☆

なんだーー良かったよーー!ヽ(*´∀`)ノ
大ボスに挑戦しない限り、おいらにも詰みルートが実装されてたーーヽ(*´∀`)ノ
てっきり、第三区画の後にも続きがたくさんあって、指令次第では絶対に戦わないといけないと思いこんじゃってました(*ノノ)

ただ、ソロなら第三区画の指令はスルーでいいんだけども、お友達やエールの募集に乗っかって行った場合は・・・戦闘回避がむつかしそうですね(*ノノ)ぴ

ひとまず☆
第三区画のまんどらたんに、ソロで会いに行ってきました(*´∀`)
そう言えば、いつも「T」か「S」かっていう頭文字だけ区別してて、ゆっくり名前を見たこと無かったんだけど、Sで始まる敵の名前は「甘い水」っていう名前だったのねえ。

甘そうな名前のまんどらたん達(*´∀`)
もちろんおいらは手出ししたりしませんよっ☆☆

この時は特定の一匹を倒せっていう指令で、鳥さんがその一匹で無事クリアでした☆(*´∀`)

「VUまでに終わらせますよ(´∀`)」
と宣言していたフレさんですが、さすがの有言実行ぶりで、12月1日にはじまったイオニック二周目は全行程一週間で終わってしまいました(*ノノ)
8~9割くらい固定と言えば固定なんだけど、それでも基本野良なのがほんとにすごい(*ノノ)
おいらはと言えばついて行くだけで精一杯でした(*ノノ)
今回は前回みたいにため込んでいたトリガー素材も皆無だったので、本当にお世話になりっぱなしだったって言う(*ノノ)
もちろん一周目の時より多少は戦力的にマシになっていたとは思うけど(*ノノ)
でもまだまだ調整項目残ってるんで、これからもがるばりたいです。

ただ、二周目は、おいらにとってはちょっと強行日程過ぎたかなwww(ノ∀`)
例の最終手段はもう取らなくていいようにしたいようwww(つд・)ノ

そんなこんなで、二周目は「記憶にございません」な戦闘が多いのですが(*ノノ)
いくつか自分用の覚え書きです。

☆Zerde 黒で参加
開幕の印スタンについて。
<stnpc>では、時々、見えない外部の敵をタゲってしまうことがあるので×
F8キーでZerdeをタゲってからのスタンでは、特殊技の発動に間に合わないことがあるので×
FC装備の状態で、魔法メニューからスタンを選んだ状態で戦闘開始し、それからサブターゲット決定でスタンを発動させるのが確実。
MB時、ジャを多用すると累積魔法耐性を少しだけ和らげられるかも?
(累積魔法耐性そのものは発生するが、同属性魔法の与ダメを引き上げる効果もあるので)

☆Onychophora 青で参加
物理ダメージを吸収するWSと吸収しないWSの二種類がある。
物理吸収しちゃう要注意WSは、
サ サイキサクション
イ イオリアンヴォイド
ゴ ゴージ
の3つ。
それと、HP半分以降の土属性魔法詠唱後~火属性魔法詠唱完了までが物理吸収期間なので、
おいらは無理矢理「西郷どん」(サ・イ・ゴ・土)と覚えることにしました(*ノノ)

☆Vinipata 黒で参加
雑魚もコロコロとモードチェンジするのでややこしいが、Vinipataのモードチェンジを見落とさないようにする。
ちなみにおいらの場合、夜叉時でもMAX54000程度、羅刹時でMAX30000と言ったところ(*ノノ)
火属性にメリポふり直すかなあ・・・。
あとは、要マナウォール。流れ弾は飛んでくるものと思っていた方がよい。何しろ一撃が痛いので(*ノノ)

☆Albumen 黒で参加
落ち着いて詩人さんの時間予告マクロを見よう!(*ノノ)
今回のブレクガつなぎはなんとか成功でした(*´∀`)
あともっと上手くエンミを使おう(*ノノ)
こちらも要マナウォール。

☆他の敵はもうちょっとよく調べておく(*ノノ)

慌ただしい一週間でしたが、とても楽しい一週間でした(*´∀`)
フレさん&一緒に戦闘した皆様、ありがとうございました!!(*´∀`)


早速、試し打ちっぴ~~♪♪

ジョブ調整に関してまだ山のように言いたいことが溢いろいろあって、まったりボケーっと過ごすつもりだったのが、気が付くと2週目のイオニックツアーが始まっていた(゚Д゚≡゚Д゚)
え・・・っと・・・あれ、先月完成させたばっかり・・・じゃ?(゚Д゚≡゚Д゚)

2週目の日程
初日:ジタ全部&ルオン全部

・・・・・・・・・wwwwwww

1週目と同じく、フレさんがリーダーなのですが。
やる気全開になったフレさんの本気を久しぶりに見ただよ・・・www
そうだよこういうお人だったよ・・・wwwwwww(ノ∀`)

備忘録として、当然ブログに、それぞれのNMの編成だとか戦略だとか注意点だとかの記録を付けたいのですが、1日で全部やったので、またもや付けられないままなのであった(*ノノ)
いっぺんにしすぎるとね、覚えきれないの・・・;;

それはともかく。

なんやかんやと、周囲の人達のおかげで、楽しく遊べているのでした☆☆(*´∀`)
熱血バトルもだけど、それ以外にも、LSの人とまったり深夜のおしゃべりとかもまた楽し☆☆(*´∀`)
気に掛けてくれる存在が居てくれるって、嬉しいっぴね(*ノノ)





・・・・しかし・・・・
・・・・あれですね。
おいら、あるぶめんたん達と戦う理由がもうない、んだけど・・・(゚Д゚≡゚Д゚)
何よりもだいじなこの点について、どう言い訳をしたものかwwwwwwwwwwwwww(*ノノ)

「言い訳すなあああ」
「なあああー」×12
「ぴーー(*ノノ)」

神の手作成のための一連の戦闘は、いつもいつもお世話になっているフレさんにまたまたお世話になりっぱなしながら、何とか進めてこれました(*´∀`)

基本的にオール野良で進行するフレさん。醴泉島の隠しNMに至っても、そのスタイルは変わりません☆
とは言え、いろいろなコンテンツでよく遊ぶお知り合いの強い方々がお手伝いで参加してくれたり、進行途中で知り合ったペースの合う方がそのままずっと参加してくれたりと、最後の方は一体感があったりして(*´Д`*)
とっても楽しい時間でした(*´∀`)
戦闘そのものは、相変わらず、おいらは緊張してテンパっててわたわたしていたんだけども(*ノノ)

その直近の思い出☆
攻略に関する内容はありません(*ノノ)

11月3日
Onychophora
おいらは青魔で参加(*´∀`)
・・・吸収させちゃった回数は数知れず(*ノノ) あっでも吸収させちゃった量No.1はおいらではない(笑)
このNMは1発クリアでした。

Erinys
今度は獣使いで参加です。
開幕からSPアビ使用で息を合わせて戦う作戦なのですが、初回は上手くいかず(*ノノ)
やってみて気が付くポイントとかもあったりして、なかなか手強いです。

11月4日
Erinys
細かな微調整をして、再度挑戦(`・ω・´)
今度は無事クリアでっすヽ(*´∀`)ノ

Zerde
おいらは黒魔にジョブチェンジです。この敵以降はずっと黒でした☆
こちらも開幕からSP使用で息を合わせて戦うNMなのですが、初回は上手くいかず(*ノノ)
ここらへんから、ワンミスアウトな戦闘になってきました。
もうちょっと気軽に練習ができればなあ・・・なんて思っちゃったり(*ノノ)

11月7日
Zerde
細かな微調整をして、再度挑戦(`・ω・´)
なんとか無事クリアでっすヽ(*´∀`)ノ

Vinipata
初回は上手くいかず(*ノノ)
細かな微調整をして、二回目の挑戦であと一息というところだったのが全滅(*ノノ)
が、巧みなディア維持でなんとか立て直して撃破ですヽ(*´∀`)ノ

11月8日
Albumen
開幕の4分間をどう耐えるかで色々実験をしてみたり。
その度に毎回SSを撮ってたおいらです(*´Д`*)
しかしおいらにとっての本当の試練は、開幕の4分間ではなく、Albumen戦でのキモとも言えるブレクガつなぎの方だった(*ノノ)
この日はブレクガが遅れて大失敗(>_<) すみませんでした(>_<)

11月9日
Albumen
細かな微調整をして、再再度の挑戦(`・ω・´)
またまたおいらのブレクガのタイミングがあやしく、みんなから「うてえええ」とつっこまれる(>_<)
なんと間に合ってつなぎが成功、無事クリアですヽ(*´∀`)ノ

11月14日
Teles
いろいろモードがあって初回で対応するのは大変で、あとおいらは中盤あたりで一人ちんでたけど(*ノノ)
それでも終盤は何とか耐えて攻めきりましたヽ(*´∀`)ノ
最後のモード運が良かったのかも知れない☆

11月15日
Schah
いよいよラストの敵です。
が、初回の挑戦では、雑魚処理の途中で時間が掛かってしまい、ボスまでたどり着けず(*ノノ)
そして細かな微調整をして二戦目しますよというところでおいらはログアウトの時間になり、抜けることに(*ノノ)
実は毎回、おいらのログアウトの時間が早すぎるのがネックになってて、気にはなっていたんですよね(>_<)
ここらへんが限界かなあ、と、ここまでになるかも知れないという覚悟はしてました(*ノノ)w

11月17日
Schah
詳しい経緯は聞いてないのですが(*ノノ) フレさんのおかげで、何とか再戦できることになりました(>_<)ノ
この日参加してくれた他のフレ様、常連様、Tellで励ましの声を掛けてくれた方、ほんとにありがとうございました(*ノノ)
この日の一回目の戦闘では、ボスまでたどり着いたものの時間切れに。
でもこれでようやく全体の流れが掴めました。
この日の二回目の戦闘で、無事勝利ですーヽ(*´∀`)ノ

やったああああああああ!!ヽ(*´∀`)ノ
嬉しいよーー;;

隠しNMに挑戦していた期間だけを見るとわずか二週間というか、日数でいうと8日間という驚きの速さでしたが、初めてだいじなものを交換した時から数えると、約一年での完成でした(*´∀`)
戦力としてのおいらはまだまだというか、ほんとに、チームワークだけで乗り切った感じ(*ノノ)ですが、色んな人とワイワイやれて楽しかったです(*´∀`)
胃がキリキリするのもあったけど;;www
最初から最後までリーダーがるばってたフレさん、いつもいつもほんとにありがとうございました(*ノノ)

というわけで、早速(*'-')
前々からスファライ用にと持っていた証と欠片を持ってゴブたんの所へGO♪♪

ヴァナ0時を待って・・・

完成です(≧▽≦)ノ

おいら「あのね(>_<)」
あるぶめん「なんや? どないしたんや?」
ちびっこあるぶめん「や?」×8

おいら「どーーしてもっ、欲しい、格闘武器があるんだ(>_<)」
あるぶめん「・・・。イオニックゆーやつやな」
ちびっこあるぶめん「やな」×8
おいら「うん(>_<)」

あるぶめん「作りたいんやったら作ったらええねん。その挑戦は受けたる。その代わり、完成したら見せにおいでや!」
ちびっこあるぶめん「や!」×8
おいら「はい!!(>_<)」

・・・と、いうわけで!!
アビセアタロンギのクロリスたんに続いて、醴泉島のアルブメンたんも、格闘道を進む冒険者に対して、心優しいまんどらたんだったのでした(*ノノ)

この後、遠くから精霊を撃ちまくり拳で語り合い、見事に勝利を掴むことができたおいら(>_<)

※写真はイメージ画像です。

あるぶめん「ようやった。これからの戦闘も、がんばりや!!」
ちびっこあるぶめん「や!!」×12
おいら「(>_<)がるばる!!」

おいらの背中を押してくれたアルブメンたん。
・・・早く、まんどらたんと戦わなくて良くなる平和な世界になると、いいなあ(*ノノ)

・・・ということで。
なんだかんだと、神の手に向けて、いくつか進行していたのでした(*ノノ)
いつもいつもお世話になっているフレさん、いつもいつもお世話になっているお手伝いして下さった方、一緒に挑戦された皆様、ほんとにありがとうございましたm(_ _)m☆☆

まだまだまだまだまだ前途多難ですが(*ノノ)
イオニック完成まで、残すところあともうょっと(`・ω・´)9

7月は、「雑魚が登場しない」という「ドメインベージョン退魔キャンペーン」が行われている訳ですが・・・

雑魚居なくてもジタのドメインすっげーキツイっぴ(*ノノ)
祈祷神符もらう時に、「CL119です」ってアナウンスがあるけど、アレ嘘ぴーwww
かろうじて必要命中がそんなに高くないよってだけの意味だよね(*ノノ)
まともにやり合うと、なぶり殺しにされるっぴー(*ノノ)

何があんなにきついんだろうな。内部ジョブ的な違いとかがあるんだろうか。
とりあえず事故り要素を上げてみると・・・

・スパイクフレイルの一撃が強烈
  ぶっちゃけ絶対に横~後方からの攻撃禁止と言っていいレベル。
  但し盾フェイスが勝手に回り込んだり、
  再呼び出しした盾フェイスが後方にポップしちゃったり、
  ホリッドロアでのヘイトリセットが回り回って後方に立っていた回復系フェイスに
  タゲが移ったりする事があり、100%防ぎきるのは至難の業。
  余裕があれば納刀しつつ立ち位置調整するべきだけど、そんな余裕ほとんどない。
・テバッドウィングも正直かなり痛い
  魔法と重なったりすると、ずっと本気のカット装備継続でPCは
  何とか耐えられるけど、絆なしフェイスはほぼ耐えられない。
・時々強烈なファリィブレスが来る
  コレがPCを殺しにくる。あの強烈ブレスの有効範囲の広さは何なの・・・!?
・高位サンダーとファイア魔法も、フェイスが食らうと相当危険
  カット装備積んでないフェイスは脆い。フェイスが崩れるとPCも耐えられない。
・テラーがめちゃくちゃ長い、ひどい時は50秒オーバー
  コレがPCを殺しにくるパートII。50秒オーバーとかアホかと・・・。
  ずっとカット魔回避装備だと20秒ぐらいの方が多いような気もする。
・百烈拳の時にけっこう当ててくる、しかも追加属性ダメージ付き
  こちらがシーフでもかなり当ててくる。
  しかも属性攻撃付きなので、被物理と被魔法の両方のカット装備が必要。

どれも他の二カ所でもあるような要素なんだけど、なんだろう、他の二カ所では即死には至らずに済むことが多いんだけど、ジタだと即死になりやすい。
普段から放置されてるおかげでドメイン効果が0なことが多く、そのせいで余計に苦戦させられるという悪循環もある。
実際にやってみると、NQスヴレンのライトナイトではかなり耐えるのが厳しい。ましてや削りに回る余裕なぞない(*ノノ)

ジタのドメインの勝利数を稼ぐには・・・

・ポイント稼ぎ用フェイスは諦める
  ガチ回復シフトを敷かないと後半の発狂状態が耐えられない。
  PCが大勢居る時でも、とにかく最後の発狂状態を乗り切ることに専念する。
・とにかく前方タゲ維持
  PCが大勢居る時でもスパイクフレイル一発で壊滅しかねない。
  セルテウス等の範囲回復フェイスが一気に減ると、生き残ってる人も耐えきれない。
  フェイス再呼び出し後、どこにいるか必ず確認して、極力立ち位置を調整する。
・常にカット装備で戦闘する
  ドメインは戦闘不能後の復帰がかなりむずかしいので、とにかく死なないようにする。

この辺りがポイントなのかなあ、と思います。
うわーーもううざいことこの上ないっぴー(*ノノ)
攻撃に専念できればかなり削れる事が分かっているだけに、悶々とするぅぅぅ(*ノノ)

というわけで、おいらの思うガチ回復シフト編成ですが☆
とにかく範囲回復ができるフェイスがオススメだと思います。
さらに範囲回復持ちの中でも、発動条件が違うタイプ・回復効果が複数あるものがベスト☆

 イロハII
   3人以上がHP黄色で、WSライズフロムアシェズ
   (範囲HP25%回復/ストンスキン)
 アシェラ
   2人以上がHP黄色で、WSイラストリアスアイド
   (範囲HP回復)
 イングリッドII
   3人以上がHP黄色で、アビリティのセルフアグランダイズメント
   (範囲HP回復、状態異常回復)
 セルテウス
   3人以上がHP黄色で、WSリジュヴァネーション
   (範囲HP25%/MP25%/TP500回復)
 ヨランオランorアプルルorピエージェorミリアリアポー
   いわゆる白魔枠
   ナット有りかソラスストンスキン有りがオススメ

MPとTPも回復できるセルテウスは、必須確定です。
回復時にストンスキンが付与されるタイプは、生き延びられる時間が少し増えます。
アシェラやミリは、普段は範囲技を持っている為にドメインに向かないけど、雑魚が沸かない時にはとても役立ちます☆
雑魚がわく普通の時期には、アシェラ→コルモル、ミリ→ユニティフェイスの白かクピピ、がいいと思います☆
見ての通り5人フルに使ってしまうので、残りは自分で盾ないしは削り役のどちらかしか選べません(*ノノ)
削り役を自分でする場合、だまし討ちWSが撃てるシーフが頭1つ抜き出てるかなーと思います。

うーん。
雑魚が居ないっていう前提でもこの状況なので、やっぱりドメインはもうちょっと積極的に調整してって欲しいなー☆☆

身内でちょろっとコンテンツに行きたい、だけどフェイスの絆がないから、盾役がオーグストやアムチュチュたんじゃ心配~(>_<)
なんて時に、ちょろっと出せるようにと思って、ナイトを上げ始めて早数ヶ月☆
やっとナイトがLv99になりました~ヽ(*´∀`)ノわぁーーい☆☆
Lv80台からは、なつかしのボヤーダで、ナ狩狩黒赤白(もちろんフェイスの皆様ですww)なんていうPT編成で、一昔前のレベリング風に経験値を稼いでいました(*´∀`)
Lv80台だとディフェンダーを使わないと被弾が痛かったけど、最後の方はリンク上等のサベッジ連打でむしろけっこうナイトがダメージソースになっていた気がします(*´∀`)☆

で、さて!
Lv99になったら、その次はさくっとIL119ですよヽ(*´∀`)ノ
防具に関しては、アンバスケードで入手していたスレビアHQと、溜めておいた免罪符でさくっとスヴレンNQを用意してそれらを組み合わせます(*´∀`)
AFレリエンピの強化は・・・また後日・・・(ノ∀`)

だが、ここで、ハタと気が付く。
ナイトが装備できる最近のIL119の片手剣を、持ってない、ぞ・・・!?Σ(゜□゜)

そうだった。
片手剣と言えば、「ナ赤青」または「ナ戦」みたいな括りが多かったけど、青や赤はエスカルオンステップ2のジョブ別片手剣に変わってしまったし、戦士は基本的に両手斧だし・・・
あまりナイトの為の片手剣を取り置きしていなかったのです。これはしたり。

ミシックはちょっと簡単には取れないので置いておくとして、エンピとレリックもギルがないから一端置いておくとして、本当は島武器の片手剣がいいんだろうなと思ったけど、それも取る機会が当分なさそうだったので一端保留にして。
青赤と同様に、エスカルオンステップ2のジョブ別のナイト用片手剣、ニックサーを取ることにしましたヽ(*´∀`)ノ
ドロップさえしてくれれば、強化は固定値のオグメだからラクだしね☆

というわけで、パリラ戦です。
今回はさすがにモンクで挑むのはやめました(*ノノ)
属性攻撃とか、ムリだしぃー(*ノノ)

☆Palila
ギアスフェット/ルオン・ステップ2(CL125)
種族/バード類ワクタザ族亜種
トリガー/パリラの鉤爪(ヴィドマピールの爪:5)

ボスは青黒いフルカンが一体。
開幕時、お供の Palila's Vulture 2体と一緒に出現する。
お供は倒しても、何らかの条件で何度でも呼び出され、沸かせ役に向かう。
その都度、数が増えていくカンジで、最大6体。HPは少なめ。
雑魚は夢想花による睡眠、エントゥームによる石化、スペクトラルフローによるテラーが有効。
ボスの弱点は土属性。エフェクト中に大ダメージの土属性被弾でテラー?
※3戦して5回ほど青い!!が出てました。

今回の編成は、青/赤のおいら、アムチュチュ、アシェラ、ヨランオラン、コルモル、シャントットIIです。(※フェイスの絆はありません。)
青魔の攻撃は全て魔法攻撃にするので、物理系セットをハズして魔攻特性重視で、スペクトラルフロー、エントゥーム、エンバームアース、夢想花、メメントモーリ、コクーン等をセット。
前方範囲があるので、アムチュチュだけ正面に立つような配置にしてから、強化して沸かせます☆

・・・ここまでで、実は、大きな間違いがあります/(^o^)\
あのですね、途中までは問題なかったんですよ(*ノノ)

Shantottoのサンダーが発動。
→Palilaに、2303ダメージ。

ほら、ちゃんと、サンダーも与ダメージになっていたんです。
もちろん本当は土系を撃って欲しかったんだけども。
だが、よくよくログを見ると。

Shantottoの攻撃→PalilaのHPが、614回復!
Shantottoのサンダーが発動。
→PalilaのHPが、2238回復。
Arcielaの攻撃→PalilaのHPが、332回復!

なんか気が付いたらこうなってました/(^o^)\
いやあああ地道に回復してってるぅぅぅwwwwwww
気付くまでに2戦掛かってました(ノ∀`)www

と言うことで最終的な編成は、青/赤のおいら、アムチュチュ、神子さま、アシェラ、ヨランオラン、コルモルになりました。
アシェラたんがちょろっと回復しちゃってるのは見なかったことに(*ノノ)
そういや今思い出したけど、土属性と言えばロスレーシャがいたんじゃーww
すっかり忘れていました(ノ∀`)
※→ロスレーシャは、それなりにがるばってくれるけど、弱点を付ける程ではないかもです(*ノノ)


はじめの2戦では、既に持ってる格闘のハマーフィストばっかり出てたけど、途中で戦闘場所を変えてみたら、見事ニックサードロップ(σ´∀`)σ
やっぱり、場所によって、なんか偏りに違いがあるのかもかもっ!?

ということで、へっぽこ青魔でも無事パリラ討伐です♪♪
コレで武器問題はイチオウ解決♪
あとは、盾ですなー☆☆
色々と経験者の方の話を聞くと、オボロ装備のプリュウェンが良さそう☆
・・・岩餅棒の代金を何とかして浮かせたかったけど(*ノノ)、そうも言ってられないかな(ノ∀`)うふふっぴ☆

今更なんですが、ほんと、風水の支援がすごいなーって思うようになりまして(*ノノ)
で、おいらの場合、人の少ない時間帯や、復帰の人と、遊ぶ機会が多いので、やっぱ風水士ができると遊べる幅が大きく広がるんですよね。これは、上げるしかないなと(`・ω・´)
ほとんどのインデ魔法を拾って覚えて、なんだかんだでワークスコールつぎ込んで、なんとかLv80後半まで上げることができました☆
そしてボヤーダ樹のトンボプークで追い込みをしていた所、親切なフレ様からお誘いを頂き、一気にLv99へジャンプアップ!!
フレさんありがとうございましたヽ(*´∀`)ノ 超助かった~!!

さらに、たまたま別のフレさんのお手伝いで懐かしのアビセアで戦闘をしていたんですが、そこでひょっこりスターサファイアをゲットしていて、何となく持っていたらコレがデュンナの素材で必要ではありませんか☆
この巡り合わせ☆☆ アルタナ様は、やはりおいらに風水士をガンバレとおっしゃっているのではないか☆☆

ということで、Lv99&デュンナ(σ´∀`)σ と、ここまではトントン拍子に進んできたのですが・・・☆

風水士のAF、レリエンピ防具を作りたい
 ↓
限界クエスト「残された時間」をクリアしないとAFクエが受けられない
 ↓
そのクエストを風水士でクリアしなくてはならない
 ↓
その風水士の為の装備が欲しいんやがww
 ↓
とりあえず、防具は他ジョブのを流用するしかない
あとは30程度しかない風水魔法と鈴のスキル上げをやらんと・・・
その為の武器が欲しい
 ↓
武器はソールスティスがよかろう  ←今ココ

もちろんイ○リスは貧乏なおいらにはムリなのでwww
AFの前に限界クエストがきちゃうのが違和感あったんですが、最新のジョブだからそういう順番になるのはしょがないんかな(*ノノ)
んで、スキル上げの為だけの武器ならマエストロタクトでも何でも良かったかも知れないんですが、いずれ風水用の武器は要るので、もう取ってしまおう☆ モンクで(*´∀`)
という訳で、タイトルのナフーラ戦です(*´∀`)

☆Naphula
ギアスフェット/ルオン・ステップ2(CL125)
種族/デーモン類ドゥエルグ族亜種ドッカルファー
トリガー/ナフーラのブレスレット(カマウェートの毛皮:5)

ドゥエルグ一体&時々お供が出現。
ギミック的に、常にWSを撃ちまくっていれば、カックル&魔法のモードになってお供が出現する暇がなくなるっぽいので、その作戦で行くことにしました。
CL125ならば、ある程度の魔回避装備で魔法はどうにかなるでしょう☆
我ながらほんと、脳筋作戦だけどキニシナイwww たまたまなんだもーん(*´∀`)www

※フェイスの絆キャンペーン期間中の話です※

まずは初戦。
モ/戦のおいら、オーグスト、アシェラ、ミリ、ヨラン博士、コルモル博士で挑戦です(`・ω・´)
すっかり書くのを忘れてましたが(*ノノ) 盾がオーグストなのは敵がアンデッドなのでひるみ目的の為。主な被弾は魔法ダメージになるので、アムチュチュも適正ありです。
ミリの枠は正直セルテウスと悩んだんだけど、カックルをくらい続ける作戦な為、ソラスストンスキンとイレースをしてくれる確実に意味のあるフェイスとして入れました。
セルテウスは全員が丁度いい具合の被弾をしないと確実じゃないのがなあw 貴重な昏睡を飲むほどでもないかなと☆
確実に火力アップの支援をしてくれるフェイスがいればそちらでもよさげな感じです(*´∀`)

先に適当な敵を叩いて強化とTPを稼いでから、戦闘開始☆
おいらのモンクでヘイストIIのみの場合、ずっとWSという訳にはいかず、ちょいちょい違う特殊技を使われちゃったりお供が時々わいたりもしたんだけど、それでもひたすら殴りで9分丁度で勝利でした☆☆
敵の範囲魔法に関しては、支援がないと多少食らうけど、絆あり&魔回避装備で何とかなる範囲でした。メテオは時々レジってたし☆ あっでも後半マントラは使いました。

そして、なんと!!
さくっと一戦目でソールスティスがドロップですー(σ´∀`)σ
なんというアルタナ様の思し召しでしょう。神力ぱないっす(*ノノ)

トリガーを複数用意してたので、せっかくなのでLSメンバーもお誘いして二戦目です☆
二戦目は、モ/戦のおいら、か/サポ確認してなかった(*ノノ)、オーグスト、アシェラ、ヨラン博士、コルモル博士で挑戦です(*´∀`)

火力が2倍になったので、5分で勝利ですーヽ(*´∀`)ノわああい☆
ぽっこぽこに殴れて楽しかったーーヽ(*´∀`)ノ
ただ、2戦目は戦利品が2つも出たんだけど「コレじゃない」的な感じでした(*ノノ) いやー、2つ出たんだけどな・・・うんー(ノ∀`)

ちょっとおー、モンクぅ、やめてよねーっ。
て言われそうな事案が(>_<)

それは、フェイス衰弱中の深夜の島ドメインでのこと・・・。

長くなったので畳みますw


エスカ&醴泉島には、ドメインの討伐が成功するたびに、「ドメイン効果」と呼ばれる、神符とは別の冒険者強化要素が発動するのですが・・・。
討伐1回毎にランダムで3つが発動、ただしかぶり発生あり。
なので、必ずしも3の倍数ずつ発動されていくわけではないのですが。
コレは、本日の島で発動しているドメイン効果についてです。

Shiftrix : メモも渡す。発動中の効果、次のような感じ。
 節制(Temperance)……エテリアルイングレスのシルトのコスト減少
 勇敢(Courage)……神符の効果(レア敵率+)が上昇
 慈悲(Mercy)……だいじなもの(リーパーとトリビュレンズ)を失わない場合がある
 忠孝(Loyalty)……エスカビーズの取得量が上昇
 叡智(Wisdom)……食事の効果時間が延長
 希望(Hope)……Emblazoned Reliquaryの出現率アップ

全部で11種類あるのですが、困ったことに、まだこの2つが発動していない。
 剛毅(fortitude) 神符(基本ステータス系)が上昇
 仁愛(compassion) 神符(リジェネ、リフレシュ、命中++)上昇

これらのドメイン効果は、メンテなど(すいません、メンテまたは24時間経過だそうです・・・何という鬼仕様なのか;;)でリセットされてしまうのですが、今回、VUでリセットされた後、15分間隔という驚異的なペースでドメインが発生しているにもかかわらず、まだ発動が行き渡っていない。比較的人が集まっているハズの島ですらこの有様。コレはなぜか。

1つ目の理由としては、やはりドメインの敵は、少人数で戦うにはまだまだ強いのだということ。
剛毅と仁愛は、少人数討伐にとってはあって当たり前といえる強化要素なのです。しかしそれはリセットによって消えてしまう。そして運が良くなければ発動しない。
2つ目の理由としては、フェイス衰弱期間に突入してしまった為、フェイスによる空蝉&支援が成立しにくくなったということ。
島ドメインクラスになると、フェイスがアタッカーとして振る舞うのはかなり厳しいですが、盾・回復・支援としては能力的にじゅうぶん成立します。絆期間であれば。
それが、絆がなくなってしまった途端、厳しくなってしまいました。
フェイスのリキャストは5分だけども、実際には交代要員も考えているので3分くらい持てば何とかなるんだけども、今は盾フェイスを3分持たせるのも厳しいです。
3つ目の要素としては、現在のHP残量がアナウンスされなくなった為、どのぐらいのペースで削る戦力があるのかが、全く分からなくなってしまったと言うこと。
おいらみたく過疎時間帯でも、HP残量を全く気にせずに「行きたい時に行く」って人はかなり少数派だと思います。たいていの人は過疎時間帯にはHP残量のアナウンスをある程度参考にしていたハズ。実際、過疎時間帯でも、早い段階で残量が70%を切ったりした時は、途中参加者が増えてきてましたし。

このトリプル要素が、VUで新コンテンツが実装されたことと相まって、みんなをドメインから非常に遠ざけてしまっているのではないでしょうか(>_<)

それにしても、厳しい状況になってしまいました。
VU後に島ドメインに行ったらソロで、それでも以前なら上手くいけば1回で40~50%くらい削れたので、2~3回で討伐できるやろー^^と思っていたら、25%削るのも大変だったていうwwwwwww
フェイスがすぐ落ちるのもきついけど、自分自身が明らかに回避しないんだよなぁ。
前は、最悪、雑魚のタゲが全部来ちゃっても、物理カット&回避装備に着替えることで

こんな感じでモ/踊でも8割くらい回避できていたのに(´・ω・`)
これが、もう3~4発多くくらうだけで、TP溜めせちゃってオプレなんちゃらが来て余計回避しなくなってさらに技使われて、の悪循環になるんですよねい(´・ω・`)

とりあえず、ピークタイム時のみなさん、剛毅と仁愛の発動がるばって・・・(>_<)ノ

☆追記☆
この後、1日ぶりにドメインに行ってみると、無事全てのドメイン効果が発動していました(*´∀`)
わあーい♪♪ やっぱり戦いやすいヽ(*´∀`)ノ

・・・で。実は、はじめて、他のプレイヤーさんがうちのオーグストを殴ってるログを、発見しましてですね。
(戦闘中は乱戦で気付かず。終わってからログを読み返して発見)
Quetzalcoatlは、あやつるを実行。
→S□□□は、魅了の状態になった。
S□□□はの攻撃→Augustに、69ダメージ。
S□□□はの攻撃→Augustに、53ダメージ。
S□□□はの攻撃→Augustに、58ダメージ。
S□□□はの攻撃→Augustに、66ダメージ。

なにぃぃ!? 魅了時、フェイスをターゲットに殴るのんか!? マジで!?
VU前には一度も見たことなかったんだけどなあ(*ノノ)
今までずっとフェイスがヘイトトップだと殴らないものだとばかり思っていたので、コレはけっこう衝撃でした(*ノノ)

ドメインベージョンのお話です(*´∀`)

現在の状況だと、最終的な装備を入手する為のコンテンツは、エスカジタ&エスカルオン&醴泉島が主な舞台ということになります☆(もしかしたら4月VUで新たな場所に移るかもですが(*ノノ))
で、この3エリアで共通するキャラクター強化要素が「神符」であり(アビセアで言う「アートマ」のようなもの)、ドメインは手っ取り早く神符を稼ぐ方法の1つとなります☆

ドメインは、ビシージやカンパニエ、ワイルドキーパー(七支公)の流れを汲む、「のりこめー^^」コンテンツの一種です☆☆
30分制限、敵対心の有無に関係なくフェイス呼び出し可能。
誰でも参加ok、ジョブ装備経験不問、基本的に自己責任、ペナルティなどは特になし、討伐時・制限時間終了時に倒れていた場合は自動的にリレイズが付与されます。
そして、ポイントが稼げるかどうかは本人の立ち回り次第です☆
現時点ではドメインに出てくる敵は結構強めです。
それでも、いくつかのコツを踏まえれば、制限時間いっぱいまでポイントを稼ぎまくることができます☆☆
特にキャパポやシルトを好きなジョブで暴れながら稼ぐ手段としてはなかなか優秀で、シルト稼ぎが捗れば、他の神符を貰う際のシルトの心配をしなくて良いし、ギアス&島でNM戦をする為のレンズが貰いやすくなって一石二鳥です☆

なお、肝心の神符獲得の為の討伐数の加算については、以前は未勝利でも時間切れになるまで戦闘に参加していれば加算されていたような気がしたんだけど(ルオンでそうなっていたような)、現在は未勝利では加算されない模様です(ジタにて確認)。
「それじゃあ状況によっては神符の為の討伐数稼ぎがあまりできないじゃない」と思われるかもですが、それでも時間がある限りこまめに現地に赴き、戦い慣れるのがオススメです。そのうち、削りきる戦力がどれぐらい必要かが体感で判るようになり、その場で戦闘参加するか次回見送りにするかの判断もしやすくなります☆

何が言いたいかというと、ベテランの人達だけでなく、むしろ復帰者さんやライト層の人にこそドメインオススメ☆という話です(*´∀`)☆
むしろ、ある程度の回数まではやっておいてねウフフ☆という話です(*ノノ)☆
地道に強化しておけば、エスカ&島エリアでの戦闘がかなりラクになります☆
但し初見殺しな要素があるので、以下注意点などなど☆

☆三カ所共通・敵はウィルム☆
祈祷神符を貰う前に、まずはカット装備に着替えます。リレイズも必須です。準備をしてからワープします☆☆
祈祷神符をもらうタイミングで一端フェイスは消えてしまうので、ドメイン用のフェイスは、祈祷神符をもらった後で改めて呼び出します☆
ボス敵は、ウィルムなので、正面に立つのは厳禁です。前方範囲のブレスで即死させられます。そして三体ともひきよせ持ちです。
何回か仕様が緩和されて、現在のウィルムは全て開幕はノンアクティブです。全滅による全てのヘイト消失後も同様にノンアクです。
よって、開幕時は、抜刀せずにベストポジションまで近寄ってから、抜刀すること。
中途半端に遠くから抜刀して近づくと、ひきよせブレスの餌食になってしまいます(>_<)
逆に、既に他の誰かが戦闘開始している時は、遠くから抜刀して横から近づくようにします。一歩でも早くフェイスを起動させる為です。睡眠持ちの醴泉島では服毒してから近づくことをオススメします☆
ブレスの範囲は思ったより広く、よく言われる「前足の斜め前」では実はまだ強烈なダメージを食らうことがあります(自分がターゲットになっているかどうかで範囲が変わるのかな?(*ノノ)詳しい仕様はわかんないです)。
なので、特に自分にタゲが来ている時は、前足の付け根より少し後方よりに立つのがいいです。ここまで後方よりだとブレスはくらいません。
ウィルムは途中で、8体?前後の雑魚たちを召喚します。
ジタとルオンではこれらと戦う必要に迫られることがあるので、自分で用意できる範囲の物でいいので必ず、攻撃装備・カット装備・魔回避装備を用意します☆

☆三カ所共通・盾フェイス&回復フェイスを用意できるだけ用意する。セルテウスを忘れずに☆
基本的にドメインではパーティを組まずにソロ+フェイス5人を呼ぶ方が生存率が上がります&ポイントが稼ぎやすいです。
後述しますが、過疎ってて範囲攻撃の得意なジョブの人が居ない場合は特に、フェイスを空蝉代わりにしながら戦うことになります(*ノノ) なので、盾フェイスと回復フェイスの交代要員は必須。
速やかに呼べるように、呼び出しマクロ・帰還マクロも作っておくことをオススメします(*´∀`)
例  呼び出し時:/ma クピピ <me>  帰還時:/refa Kupipi
呼び出す時は魔法メニューにあるフェイスのカタカナ表記で、帰還させる時はキャラ名であるアルファベットで記述です。ややこしいw
盾フェイスは同時に二人以上出す必要はないですが、必ず一人は呼んでおいた方が安全です。
敵はウィルムなので、テラーやホリッドロア(全強化消し)が頻繁に発動され、これを食らっていてはまともに戦えないからです(*ノノ)
また途中で複数わく雑魚達は、最初はウィルムに対してヘイトトップなキャラを襲うようになっていると思われるので、その意味でも盾フェイスは必要です。一度に複数の雑魚から同時に攻撃行動を受けると、いわゆる「ハマリ状態」になる事がまれにあったりするし、状態異常のいやらしい雑魚ばかりなので、同時にそれらをくらってるとさすがにポイント稼ぎどころではなくなってしまうからです(一応被弾でもポイント稼げるけど、攻撃行動で稼ぐ方が安全確実です☆)。
大事なのは一人目の盾フェイスが落ちたら素早く次の盾フェイスを呼べるようにしておくことです☆
さらに醴泉島のウィルムは頻繁にあやつるを使用するため、コレを盾フェイスで無効化する必要があるのと、あやつられたプレイヤーはフェイスがヘイトトップである間は(おそらくですが)攻撃してこない為、その意味でも重要です。
(おいら自身、けっこうあやつられるんだけども(*ノノ)、フェイスを襲ったことは一度もないのです。あやつられてすぐに攻撃行動に移る時の攻撃先はプレイヤーであり、また、あやつられてもすぐに行動しない時があり、この時がたぶんフェイスがヘイトトップに立っている時なんだと思います)
回復フェイスは、優秀なヨランオランやアプルルを使えるようにしておくのがぶっちゃけ本当に必須と言っても過言ではないです。クピピやチェルキキももちろん呼べるようにしておくべき☆
防御系装備が揃っていて立ち回りに慣れてくれば一人呼んでおけば十分だけど、装備がまだ仕上がってない・立ち回りに慣れていない間は回復系は最初から二人呼んでおくと生存率が上がります。
そして忘れてはならないのがセルテウスです☆☆
セルテウスはPTのうち、一人が睡眠状態、あるいは三人以上のHPが75%以下になると、リジュヴァネーションという範囲回復技を使うのですが、これがHPだけでなくMP(25%)とTP(500)も回復してくれるんです。しかも参加者全員分、参加フェイス全員分のwww
参加者が例え二人しか居なくても、それぞれがセルテウスを呼んでいれば、それだけで範囲攻撃のたびにプレイヤー2人+フェイス10人分のTPまで回復するという、防御と攻撃を兼ね備えた実に有用なフェイスとなります。
慣れてくると、盾1回復1セルテウス1で、残りはよりポイント稼ぎに適したフェイスを呼べるようになります。

☆ルオンとジタでは・極力、雑魚を安全に素早く倒す☆
ルオンとジタでは、ウィルムがちょいちょい空を飛んで降りてこなくなるんですが、魔法や遠隔が得意なジョブでない場合は、ウィルムを降ろすために雑魚を倒す必要が出てきます。
但し、雑魚は石化やらアムネジアやらバインドやらノックバックやらを使ってくるため、倒すには「タゲを取りつつも一気に全て素早く倒す」か「タゲは別の誰かに任せて一体ずつ確実に素早く倒す」のどちらかしかオススメできません。
魔攻装備を揃えた青魔やシーフや踊り子、強い範囲技を持つペットなどが居る場合は、手出しをせずに彼らに完全に任せた方が安全です☆
そんな風に頼れる人達が居ない時は、自分で一体ずつ倒していきます。
ここで、一体ずつ戦うために、前述の盾フェイスが役立ちます☆ 雑魚たちのタゲは全て盾フェイスに任せるように動くのがコツ☆
雑魚は、一体ずつであればそんなに強くないので、IL119なら落ち着いて戦えば勝てます☆

☆醴泉島では・慣れるまでは雑魚スルーでボスに集中☆
まず、ウィルムに近づく前に服毒します。じゃないと追加効果睡眠のサイクロンウィングを遠くで食らった場合、そのままずっとサイクロンウィングハメで何もできないままちんでしまうケースがかなりよくあるからです(*ノノ) むっちゃ遠くまで届くんよコレ・・・(*ノノ)
島のウィルムだけは全く飛翔せずにずっとその場に居続けるので、仕様上、どのジョブでもボスのHPだけを削っていれば勝利することが可能です☆ その分難易度が下がり、人が大勢集まるコトが多いので、島ドメインは時間がある限り参戦するのがオススメです☆
一撃~二撃程度で雑魚を一掃できる火力がある場合は雑魚掃除をした方がいいけど(ポイント的にもウッマウマ♪♪)、一掃するのに時間が掛かる場合は雑魚は完全無視がオススメです☆
その場合、盾以外のフェイスは、範囲攻撃持ちのフェイスは極力出さないようにします☆
これで雑魚のタゲは盾フェイスに向かいます。アムチュチュクラスの盾フェイスであればそのままがっちり雑魚もキープするので任せちゃいます☆
盾フェイスが落ちた時は素早く呼びなおし、ウィルムに対して敵対心を稼ぐまで数秒待てばok☆ 雑魚はいったんほうけますがまた盾フェイスの方に向かうようになります。呼びなおし時は、自分がヘイトトップに立たないようにだけ気を付けます☆
前述のあやつるも極力さけるようにします。
その為、盾フェイスが頻繁にテラーをくらって行動不能に陥ってる時は、なるべくカット回避装備に着替えておいてタゲが来るのに備えるようにします。
この時に調子こいてマルチ装備のままヒャッハーしてると、テラーで固められてからホリッドロアで全強化はがされたあげくあやつられてフェイスが全員いなくなって誰も回復してくれなくなったり、またはあやつられた人達にフルボッコされるようなコトになるのでご注意を(*ノノ)
タゲを取っている時は、テラー&強化消しもワンセットで来る確率が非常に高いと言うことをくれぐれもお忘れなく(*ノノ)
盾フェイスが元気に行動している時に、思う存分攻撃してポイントを稼ぐようにするといいです☆

☆三カ所共通・効率の良いポイントの稼ぎ方☆
フェイスの行動は全て、呼び出した人のポイントに加算されます☆ これがソロでフェイスを5人呼ぶとポイントを稼ぎやすい理由です。
モンクや、手数多めの近接ジョブで参加する場合は、リリゼットIIを出すことが大切です(*´∀`) クリティカルの項目で大幅にポイントが稼げるようになります。後述の範囲回復もできるオススメっ娘☆
回復や強化は、NPCをターゲットにして発動させた場合は、周囲のPC・NPCに全て掛かるので、枠に余裕が有れば範囲回復・範囲強化ができるフェイスを呼ぶと良いです☆
ウィルムのHPの減り具合は、常に気を付けて見るようにします。評価は1分間に1回のペースなので、神符稼ぎとしても気持ち的に最低5回くらい、シルトキャパポ稼ぎであれば15回くらい評価を受けてもいい。なので、そういうペースでウィルムが削られていくように行動するといいです。
つまり、削りが早すぎる時に自分もWSを撃つと評価回数が1~2回程度で終わってしまうこともあるので与ダメージ以外の項目でポイントを稼ぐようにしてみるとか、逆に削りペースが遅すぎる時は、テンポラリなども使用して時間内で終わらせるようにするとか、そういった調節をしながら戦うのがオススメです。もちろんWS撃ちまくって1分で終わらせるのがダメというわけではありません☆
セルテウスの数が多ければ、スパイクフレイルも被ダメポイント稼ぎのボーナスになります。そういう時は盾フェイスの立ち位置が後方にずれても気にしないでok☆
ジタのウィルムの弱点属性は水。ルオンは雷。島も雷のようです。
ジタとルオンの雑魚は、エントゥームでさくっと石化します。島はおいらの青魔ではあまり石化してなかったように思います(*ノノ)

ドメインは、勝利できれば、討伐数加算&エスカビーズ&各種オグメ石に運が良ければなかなか性能の良いアクセサリも入手できて良いことずくめなんだけど、仮に時間切れしてしまっても、シルトとキャパポは稼げるので、極力しなないようにしつつポイント稼ぎまくるっぴー(*´∀`)

前回、モンクソロwithフェイスのみなさんで、0秒残し(残ってないw)と20秒残して討伐できたことに気をよくしまして、オリックスさんをベンチマーク扱いですwww
我ながら単純な性格です(*´∀`)w

ところで、ここで重要な点が1つ、あります。
前回、参考にした青魔さんの動画を、改めて見たところ、支援役の組み合わせが違っていました。

コルモル博士の存在です。
何が違うのか。
ディアIIIです。
結論から言うと、「ディアIIIで僕のビクトリーのダメージが増えました!!! コレで魂石もたくさんゲットできるようになりましたぬ!」

ウルミアたんとかクルタダ様とか言うてんと、最初からコルモル博士を入れとったら良かったんや・・・!!!(*ノノ)
ケース1では入れてたんだけども(*ノノ)この時はサポが戦士じゃなかったしなあ。
戦況に左右されず、確実に敵の防御をダウンしてくれる神魔法。
同じ赤魔であるアシェラたんは、スロウとパライズとディスペルは使ってくれるんだけど、ディアは使わないんですね・・・!!(*ノノ)
何という落とし穴でしょう(ノ∀`)
そういうわけで、次の戦闘では、クルタダ様アウト、コルモル博士インです☆

☆Oryx
ギアス/醴泉島・ステップ1(CL129)
種族/エレメンタル類モノセロス族
トリガー/オリックスの羽衣 (交換:ダークバックラー×1、等)
編成/モ/戦のおいら、オーグスト、アシェラ、セルテウス、ヨランオラン、コルモル☆

この戦闘では一気にタイムが縮み、タイマーが赤くなってからが本番だった前回までの挑戦に比べ、実に3分近くも短縮できました☆☆

残り時間8分12秒の段階でもう敵のHPが半分以下になっています☆ 明らかに前回より速いペースです☆
インピタス&バーサクがある時限定ですが、おいらの通常攻撃も前回は200未満だったのが頻繁に250ぐらいまで出るようになり、ビクトリーもせいぜい5000止まりだったのが7000後半まで出るようになりました。

で、気をよくして、次も挑戦してみたところ☆

なんと残り時間5分で王様が、1分でコルモル博士が退場ッッッッ!!
うおおということはおいらが盾で正面から殴ることになるので、作戦が変更にっ!!
とりあえずアムネジアくらう前に使えるアビ全部使っておかないとってリキャスト確認してる間にさくっとアムネジアになっていました/(^o^)\
オリックスさん仕事が速いですね・・・
しかも治ったら即またアムネジアだったんですよ・・・・
一応1回WSたたき込んだんだけど、その1回では角折れず(*ノノ)
退場直前に博士はディアIIIの置き土産をくれたけど、ずっとアムネジアでどうにもできなんだでした(*ノノ)えーん

ある日のルオンドメイン。

☆Naga Raja
種族/ドラゴン類ウィルム族。Jormungandと同じタイプ。美しい。
ステータス/引き寄せ・ダブルアタックあり。標的が前方以外にいても振り返らずに攻撃する。
耐性/雷がやや有効、土水氷風は効きにくい。
有効/ヘヴィ、静寂、魔法攻撃力ダウン、防御力ダウン、魔法防御力ダウン。
無効/
挙動
 時々飛行する。Azi Dahaka より飛行しやすく、地上にいる事はあまりない。
 飛行中は近接攻撃が届かず、スリートブラストとグレガーレウィングを使う。
その他
 護衛としてラミア族の Naga Raja's Lamia が10体出現する。
 ラミアは魔法を使う両手棍装備の黒、遠隔攻撃する短剣装備の狩の2タイプがいる。
 テラー、石化、睡眠有効。
 Naga Raja's Lamia は全滅しても再出現する。

ドメイン開始を聞いてから空に向かってみたら、ソロだったので、そのままフェイスを呼び出して戦闘開始です。
メンバーは、モ/戦のおいら、オーグスト、シャントットII、アシェラ、セルテウス、ヨランオラン。
普段はクリティカルのポイント稼ぎにリリゼットIIを呼ぶんだけど、今回は戦線維持最優先&少しでも戦闘時間短縮の為シャントットIIという選択です。
ちなみにこの直近の回もほぼソロ状態でして、(3人ほど後から参加された感じ)、今回はHP87%から開始です。

まずはフェイスを呼び出したら、一端、敵から見て真横へ移動して、フェイスが正面にならないような位置から近づき、抜刀。
今回はソロだし、盾役フェイスも正面以外ならどこでもいいって感じです☆ スパイク誘発しまくろうがキニシナイ。ナーガさんはどうせすぐ飛んじゃうしね。
そう言えば、昔はそんなことなかった気がするんだけど、今はどうも盾フェイスの動きがおかしいです。
前足の斜め前という完璧な位置に立たせてから戦闘開始しても、また思い切って正面に立たせてから開始しても、やたら横~後方へ回りたがります。ブレスを回避するのはいいんだけど、ほっとくとスパイクフレイル誘発しまくりになります。
何度か納刀して立ち位置調整はするんだけどすぐに元の木阿弥に。
コレはもう仕様なのかなー。
セルテウスの数が多い時は、丁度いい感じにポイント稼げるから問題ないんだけどもw

引き寄せブレスのコンボが来ない事を祈りつつ戦闘開始。
それさえ越えれば、30分間の激闘の始まりです☆☆
(※この時は既に開始されてから現場に到着したので、5分だけ過ぎてて正確には25分間です☆)

Naga Rajaは、ホリッドロアの構え。
Yozukiは、プロテスの効果がきれた。
Yozukiは、シェルの効果がきれた。
Augustのセンチネル!
Augustの挑発→Naga Raja。

ホリッドロアからのスタートです☆ バッチリ☆☆

この後ぽこぽこ殴ってるとすぐにナーガさん飛んじゃって、雑魚ラミアさん達の登場です。
ここで気を付けなければならない事は、少人数の時に、有効な範囲攻撃を持たない場合は、雑魚は1体ずつ撃破すべし☆ ということです☆
そもそもなんでモ/戦で来たんやって話ですが(ノ∀`)
モ/戦で遊びたかったの(*ノノ)

モンクにはスピンアタックはありますがこれはTP3000でもそんなに範囲広くないです。
絶対撃ち漏らしが生じるし、ダメージ分布も上は5000オーバーから下は3桁とバラバラ過ぎて、大勢でのりこめー状態ならまだしもソロ~少人数で撃つのは危険です。フェイスが一気にちんでしまいます(*ノノ)

そして、雑魚に一切手を出さなかった場合、フェイスによる流れ弾攻撃が多少雑魚に当たるぐらいの状態では、ボスは飛んだ状態のまま降りてきてくれないみたいです。
ジタが20分以上そんな状況だったので、たぶんルオンもそうと思われます。
ひたすらフェイスを入れ替えて戦線維持はしてたけど、雑魚に攻撃しないと(そしてたぶん倒さないと)アジさんは降りてきませんでした・・。
※飛行中のボス自身のHPを大きく削った場合どうなるかはまた別かも☆

ということでルオンでも、モ/戦の場合は、地道に雑魚を1体ずつ倒してナーガさんが降りてきてくれるのを待ちます☆
雑魚は全部倒す必要はなく、ある程度倒すとokみたいです。
極力、1体ずつヘイトを載せるようにはするけど、すぐに全部にヘイトが載った状態になります(*ノノ)
それは仕方がないですが、なるべく、アムネジアやバインドを同時に食らわないようにするとフェイスが長持ちします☆
倒しているとナーガさんが降りてくるので、そしたらHPの減ってるラミアさんだけ倒して、タゲをまたナーガさんに戻し、他の元気な雑魚はスルーでナーガさんを削り始めます。
以降はひたすらこれの繰り返し☆☆

{Yoran-Oran} エスカ-ル・オン調査隊によると、現在のNaga RajaのHPは87%ほどだそうです。
この間は、オーグストが1回入れ替え☆
{Yoran-Oran} エスカ-ル・オン調査隊によると、現在のNaga RajaのHPは83%ほどだそうです。
この間に、オーグストがまたもや1回入れ替え☆
{Yoran-Oran} エスカ-ル・オン調査隊によると、現在のNaga RajaのHPは76%ほどだそうです。
入れ替わりの激しい回でして、シャントットIIが1回、ヨランが1回、オーグストが1回交代☆
{Yoran-Oran} エスカ-ル・オン調査隊によると、現在のNaga RajaのHPは71%ほどだそうです。
またオーグストが1回入れ替え、ヨランも1回入れ替え。
{Yoran-Oran} エスカ-ル・オン調査隊によると、現在のNaga RajaのHPは66%ほどだそうです。
またもオーグストが退場、ついにリキャスト待ちが発生したのでアムチュチュ先生を呼ぶも、雑魚戦中だったのでアムネジアと麻痺により回復が間に合わず1分ほどで即退場(*ノノ) オーグスト再登場。
{Yoran-Oran} エスカ-ル・オン調査隊によると、現在のNaga RajaのHPは59%ほどだそうです。

今回は、ココで終わってしまいました☆☆
ルオンの雑魚は、範囲で一層できないと、とにかくアムネジアがやっかいですねー(ノ∀`)
上からはパライガやらなんやらふってくるしなぁw
オーグストは5分に1回交代している計算になりました。

評価回数は全部で24回。評価は1分ごとに行われます。
合計すると・・・
攻撃成功→50000
与物理ダメージ→48726
与魔法ダメージ→26738
討伐→20000(以下略)
79492シルト
39746キャパポ
でした☆

好きなジョブで暴れて稼げるという意味では、決して無駄な30分にはならないけど、やはし青やシーフの方がダントツに稼げまするな(*ノノ)
でもモンクで最後までちなずに戦えて楽しかったですヽ(゚∀゚)ノ

最近、モンクの火力測定として、醴泉島のステップ1の敵と遊んでいます(*´∀`)
但し結果は惨敗続き(*ノノ)
うーん(*ノノ)
きっとね、モンクはそんなに弱いジョブではない(と思いたい)。
けど、できうる戦略が乏しい事は事実で、それをねじ伏せるだけの圧倒的な火力が必要なんだけど、残念ながら「現状のおいらにはない」と言わざるを得ない。
まあまだギフト180だしねwww(ノ∀`)

と言うわけで今回の相手は、オリックスさんです☆

☆Oryx
ギアス/醴泉島・ステップ1(CL129)
種族/エレメンタル類モノセロス族
トリガー/オリックスの羽衣 (交換:ダークバックラー×1、等)

オリックスさんに関しては・・・。
某掲示板で、「後ろからひたすら殴りで倒せる」という書き込みを見ましてですね。
ギミック的にコレならモンクでも可能なんじゃないかと思いまして、「後ろから殴るのみ」作戦で行ってみることにしました(`・ω・´)
ちなみに前から殴った場合、けっこう角を折ることはできたんだけど、その後に使われる回復技の回復量が凄くて、それで押し戻される感じでした(´・ω・`)
ただこの作戦でやってたのは1月なので、装備状況が変わったらどうなるかは不明です☆
とりあえず安定して連戦できるように、まずは後ろから作戦で常勝を目指す(`・ω・´)

☆ケース1☆
おいらは、サポ魔剣。武器オフルマズド。食事は赤餅。
サポは、安全対策を考慮して。装備は基本命中重視装備です。
フェイスは、アムチュチュ、セルテウス、ヨランオラン、コルモル、ウルミア。
盾はガッツリキープのアムチュチュ先生を選択。
前回までの被弾状況から、ヨラン博士のMPが不安だったため、赤枠はリフレIIを回してくれるコルモル博士に。
マチマチを期待してのウルミアたん。というメンツです。

時間切れ。
麻痺での行動停止がかなり気になった。

☆ケース2☆
おいらは、サポ魔剣。武器デナウメント。食事は赤餅。
サポは、安全対策を考慮して。装備は基本命中重視装備です。
フェイスは、オーグスト、アシェラ、セルテウス、ウルミア、ヨランオラン。
盾は、滅多にタゲがブレなかったので、より耐久力の高い王様に任せることに。
コルモル博士の麻痺による行動停止が気になったので、WSで範囲回復のできるアシェラたんを赤枠に。
マチマチを期待してのウルミアたん。というメンツです。

時間切れ。
被弾よりも、火力不足が気になった。
タイミングによってはヘイストIIがなかなか来ない。

ここで、青魔さんがひたすらシャンデを撃ちまくって7~8分で勝つ動画を拝見しましてですね。
シャンデが一発4000~8000近いのに比べて、おいらのビクトリーが1000~2000、高くても3000であることに絶望する/(^o^)\

☆ケース3☆
おいらは、サポ戦士。武器同上。
火力不足を補うため、思い切ってサポ戦士にチェンジ。
集中・インピ・猫足時にバーサクも重ねて一気に削る作戦です。
フェイスも同上。オーグスト、アシェラ、セルテウス、ウルミア、ヨランオラン。
食事は特上スシにして、基本ずっとフルマルチ装備で殴る。チェックしたところ食事神符ありで命中1245、これで命中率94%くらいでした。
残り時間0:23であとわずか。

しかしここから削りきるまでに20数秒かかる(*ノノ)
火力が低いと、スタンと麻痺の影響が大きいのがなあ。
「戦闘する権利がないため攻撃できない」という、制限時間オーバーした時のシステムログが流れて、ダメかと思いましたが・・・

残り時間0:00にて薄氷の勝利。
勝てて本当に嬉しい(*´Д`*)
だがしかし今回初めて気が付いた。ずっとスケルツォ&バラードだった。

☆ケース4☆
ウルミアたんアウト、クルタダ様イン。

残り時間0:20にて勝利。
うん、SSを撮る余裕はなかったけど、安定してきた!wwwwwww
だが今回も、強化にエボカーロールがかかっていた(*ノノ)
くぅぅぅ強化が思うようにいかないぃぃぃ(*ノノ)
あと、終盤ちょっと死にかけてインナーストレングスを使う羽目になりました。
むっちゃキツめのゼウスがきたんですよね。
Oryxは、ラスオブゼウスを実行。
→Selh'teusに、2600ダメージ。
→Arcielaに、280ダメージ。
→Qultadaに、1287ダメージ。
→Augustに、1300ダメージ。
→Yozukiに、2355ダメージ。
いつもは1000未満ですんでるのに、この時はこんな感じで、メテオの詠唱も見えたりして。
落ち着いて対処すればテンポラリでどうにかできていたかも知れないんだけど何しろ20秒しか余裕がないのがwww

とある夕方の醴泉島ドメイン。

評価ポイントが合計で40万超えたのはたぶんはじめてです☆ 普段は稼げてても5万~10万くらいだったような。
シーフで、リリゼットIIあり☆
この時は、クリティカルだけじゃなくてバランス良く色々な項目でポイント稼いでます☆
特に与魔法って何だーと思ったら、コレたぶん属性WSのイオリアンが魔法判定になってるのかなあ。ちょっと謎でした☆

こちらはとある早朝の島ドメイン。

クリティカルがMAX15万になった時はモンクでした。
こちらもリリゼットIIあり。
モンクはたまーにスピンも撃ってみるけど範囲狭くてあんまり当たらないし、基本的に本体殴ってるだけなのでシーフに比べるとポイント稼ぎにくい・・・といってもこれだけ稼げればじゅうぶんというか、やぱし他の人達のジョブや人数次第ですよね(*ノノ)

それにしても恐るべきはリリゼットIIのクリティカル率。
ログにフィルタを掛けているので、算出したログは全てうちのPTのリリたんの出した攻撃だと思うんだけど、脅威のクリティカル率88%www
おいら自身のクリティカル率は36%。
何という差であろうかwww

前回の記事からの続きで、まずは大急ぎでメリポとウニポを溜めないといけません(ノ∀`)
白フェイスがクピピたんになるので、あんまし強い相手はむりめ、となると、無難にエスカルオンでのトルク取りが良さそう☆
オールジョブの全魔法スキル+10のトルクが素材3つで作れるのでまずはそれから狙ってるんだけども、3つ目のデシーバーが全然取れてなかったんですよね(ノд・)
早速シーフでGo♪♪

黙々と狩り続け、途中で個人ポイントが5ポイントを超えたので、無事ヨラン博士を呼べるようになりました(σ´∀`)σ
NMの方は、けっこういい確率でポンポンと沸くんだけど、なかなかトルクを落としません(ノд・)
まあ今はポイント溜めを兼ねているので、じっくり戦うも良し。メリポがまだまだ要るしね~☆
と、デーンと構えていると・・・・。

Yozukiは、10548リミットポイントを獲得した。
Yozukiのメリットポイントがアップ!
合計で56になった。
Yozukiは、6218キャパシティポイントを獲得した。
Yozukiのジョブポイントがアップ!
合計で10になった。
Warder of Loyaltyは、デシーバートルクを持っていた!
Yozukiは、デシーバートルクを手にいれた!

出たあああ(*´Д`*)
なかなか良い頃合いでのドロップですよーーヽ(*´∀`)ノ わぁぁぁい!!

早速ジュノへ飛んで錬成錬成♪♪♪♪

☆インカンタートルクの作り方☆
 錬成:印可(レシピスキル:?)
 属性力バランス 風:40 雷:40 闇:80
  メリックトルク + ヘニックトルク + デシーバートルク
   NQ:インカンタートルク×1個
   HQによる変化はなし

風・雷・闇という競合しあわない属性のみなので、余裕やろー♪ と思ってたら、コレがなかなかの難易度でした(ノ∀`)
この日はなんかよくわからんけどとにかくやたら漏れ出すのです。
で、久々の錬成だったので、漏れた時の対処方法をすっかり忘れていたという・・・(ノ∀`)
漏れだした時は、「漏れている右側の属性(但し光と闇は相互)の燃料を入れると止まる」が正解でした(*´∀`)w
対処方法を思い出してからはいい線までいくんだけど、あと一歩というところで時間切れになってしまったり。
コレは、前半で闇が漏れ出すとロスが大きいので、なるべく前半に風と雷を溜めて、結界メンテナンスで多少回復してから、後半一気に闇を入れる方がおいらはやりやすかったです☆

錬成プロセスを完了!
会心の錬成!
インカンタートルクの錬成に成功した!
Yozukiは、462Pzの灰を獲得し
灰は合計10000Pzになった。
錬成窯からインカンタートルクを取り出した。

HQが関係ない時に限って、HQが来るお約束(ノ∀`)

コレで鞄の空きが増えたし、すっごく便利なトルクができたし、嬉し~い(≧▽≦)

前回、アヤペク参りをがるばりまして、あと支援して頂いたりで(感謝です☆)、ようやくギアスのトリガー5戦分、25個揃いました☆☆
まさかのうにぴーが残り3000にまで減ってしまった・・・(ノ∀`)

というわけで、この貴重な5戦でニビルカジェルを2本、ゲットするぞ!(`・ω・´)

☆Kamohoalii
ギアス/ジタ・ステップ2 (CL125)
種族/アクアン類オロボン族亜種オーガーボン
トリガー/カモホアリィのヒレ (交換:アヤペクの甲殻×5)

メイヘムランターンという範囲魅了技があって、コレは提灯ランプを壊せば来なくなるんだけど、提灯は壊しても復活するといううざい仕様なので完全放置の作戦で、おいらは獣使いで挑戦です☆
編成は、おいらが獣/忍でペットが虎、オーグスト、アムチュチュ、ライオンII、ヨランオラン、コルモルです。
トリガー的に負けたくないので、盾2人体制☆
沸かせて抜刀して盾にタゲを取ってもらったら、一端離れて遠くからランディを戦わせて、おいらはさらに遠くからギリギリの位置で指示を出します。コレで魅了の範囲外に立てます(*´∀`)
削りはランディのレイザー連打で、ひたすらレイザー、レイザー、またレイザー。
途中のヒプニックランプでしょっちゅう寝ちゃうので、その都度いたわるやテンポラリで起こします。
戦闘時間は、ランディが寝ちゃう頻度にもよるけど、大体5分程度です。
そしてタバルとグリップを(σ´∀`)σ

Orz カジェルが出ない・・・

ふと、「ドロップに偏りを感じた時は、???を違う場所に変えてみるといい」という某書き込みを見かけまして、「コレだ!ヽ(゚∀゚)ノ」とwww
おいらはいつも2番の近くの???で戦ってたんだけど、今回は5番近くの???に変えてみることにしました。物は試しです。
すると・・・

Yozukiは、8790リミットポイントを獲得した。
Yozukiは、10257キャパシティポイントを獲得した。
Yozukiのジョブポイントがアップ!
合計で16になった。
Kamohoaliiは、ニビルカジェルを持っていた!
Yozukiは、ニビルカジェルを手にいれた!
Kamohoaliiは、グレーリキッド+1を持っていた!
Yozukiは、グレーリキッド+1を手にいれた!
Kamohoaliiは、グレーリキッド+2を持っていた!
Yozukiは、グレーリキッド+2を手にいれた!

キタァァヽ(゚∀゚)ノ
ついにタバルの呪いが解けたぁぁぁ!!
さらに、

Yozukiは、1チェーン!10548リミットポイントを獲得した。
Yozukiのメリットポイントがアップ!
合計で26になった。
Yozukiは、10257キャパシティポイントを獲得した。
Yozukiのジョブポイントがアップ!
合計で17になった。
Kamohoaliiは、ニビルカジェルを持っていた!
Yozukiは、ニビルカジェルを手にいれた!
Kamohoaliiは、グレーリキッド+1を持っていた!
Yozukiは、グレーリキッド+1を手にいれた!

ひゃっほぉぉいヽ(*´∀`)ノ
やっとカジェルが2本揃いました(*´Д`*)
いやー、場所を変えてみるの、オススメですねっ☆☆

「モグたん、見て見てーー!! ニビニビ♪♪ だよっ♪」

「ロックスタイルでマンドラ杖になってるクポ」

最初はね、「ベルフェゴール☆ベンチ」ってタイトルで記事を書こうと思っていたのです。
「リーフベンチの親戚じゃないよ♪」的なウザめの一文も添える予定でした。
・・・・ベンチマーク扱いしようとしたおいらが間違ってましたーー!!(*ノノ)ぴぁー

年始はあまりゆっくり遊べないので、「じゃあ今のおらのもんきゅがどんな感じなのか、ちょっとベルフェゴールやってみっか!」ということでフェイスの皆さんと挑むことにしたわけです。
この時点では一戦5分程度のお遊びのつもりでした(*ノノ)
編成は、モ/戦のおいら、オーグスト、アムチュチュ、セルテウス、アシェラ、ヨランオラン、です。

☆Belphegor
ギアス/醴泉島・ステップ1(CL129)
種族/アンデッド類コース族亜種クマカトック
トリガー/ベルフェゴールの冠 (交換:ダークバックラー×1、等)


5分20秒、ただ殴って適当にWS撃つだけで敵のHPをここまでは減らせるわけだが、自分のHPの方がガッツリ減っていた/(^o^)\
うーんうーん、サポ戦はさすがにあかんかったか(*ノノ)
※この後、ファイアVIの直撃で終了です(*ノノ)

実際にやってみて思ったのは、前半は1~3回くらいまで白弱点が付けるんだけど、後半にさっぱり付けない。
よって、開始3分くらいまでは全然余裕なのだが、それ以降、魔法がものすごく痛くなってくる(*ノノ)
一戦目では盾二人が魔法で落ちておいらがメイン盾になったところで魅了が来て中断。
そのあと全快したベルフェゴールと戦闘再開したものの時間切れで終わってしまいました。
二戦目では、調子よく削ったものの終盤にさっぱり弱点が突けず、盾二人が魔法で落ちておいらも魔法直撃して終了。

何というか、サポ戦でテンポラリも使わなかったのはさすがに舐めていたとしか言いようがないですね(*ノノ)
もんきゅで真面目に勝つには、前半はタゲを取らないギリギリのところで削り、後半はテンポラリも使って一気に削る、のが良さそうです。基本的に火力は十分足りていると思うんだけど、とにかく事故り要素が満載なんだよなあ(ノ∀`)

という訳で、おいらのもんきゅでは、ベンチマーク扱いはまだまだできそうになかったのでした(*ノノ)
まずは本気出して勝利をもぎ取るところからっぴ~~(*ノノ)

エスカジタ&エスカルオン&醴泉島限定でのアートマみたいなもの、神符(シンプ)。
解放状況が分かりにくくなってきたので個人的なメモメモです。用語辞典から引用☆

「HP+ MP+」 7/11
 残 「エスカ/醴泉島」通常モンスター討伐数
「命中+ 回避+ (飛命+含む)」 10/11
 残 クエスト「釣り人の心」クリア
「防御力+」 9/11
 残 「獣人帽子クエスト」(どれでも可)、称号「エインヘリヤルエピック」取得
「攻撃+ 飛攻+」 11/11
「魔命+ 魔回+」 11/11
「魔防+」 11/11
「魔攻+」 11/11
「DEX+ AGI+」 11/11
「STR+ VIT+」 11/11
「INT+ MND+ CHR+」 11/11
「時々ダメージ無効」 3/3
「全キラー効果+」 3/3
「被ダメージ-」 3/3
「戦利品+」 9/11
 残 「エスカ/醴泉島」NM討伐数(種類問わず)
「レア敵率+」 10/11
「幸運+」 11/11
「リジェネ+」 7/11
 残 Azi Dahaka討伐数
「リフレシュ+」 8/11
 残 Naga Raja討伐数
「命中++(飛命+含む)」 9/11
 残 Quetzalcoatl討伐数


醴泉島ギアスステ1の、とりあえずの走り書きメモです。
確認次第随時追加中☆

トリガー:クロムドゥーブの兜(デュラハン)
Crom Dubhは、マーリンシャルワを持っていた!
Crom Dubhは、オディシアガントレを持っていた!
Crom Dubhは、チャネラーストーンを持っていた!

トリガー:ゴールデンキストのカギ(ミミック)
Golden Kistは、バロラスグリーヴを持っていた!
Golden Kistは、タンタリクケープを持っていた!

トリガー:モーブリストゴンベリーのナイフ(トンベリ・時々雑魚が沸く)
Mauve-wristed Gomberryは、カイロンハットを持っていた!
Mauve-wristed Gomberryは、ビグラッジリングを持っていた!
バロラスミトン(Wiki)

トリガー:ダズリングドローレスの蔓(モルボル)
Dazzling Doloresは、ニオビッドストラップを持っていた!
Dazzling Doloresは、オディシアグリーヴを持っていた!
Dazzling Doloresは、マーリンフードを持っていた!

トリガー:テールモスの杖(ソウルフレア)
Taelmoth the Diremawは、クロタリウストルクを持っていた!
Taelmoth the Diremawは、バロラスホーズを持っていた!
Taelmoth the Diremawは、ヘルクリアグローブを持っていた!

トリガー:ベルフェゴールの冠(コース)
Belphegorは、オディシアクウィスを持っていた!
Belphegorは、ヘルクリアブーツを持っていた!
Belphegorは、アスクレピアベルトを持っていた!

トリガー:カバンダの羽根(アーリマン)
Kabandhaは、マーリンダスタナを持っていた!
Kabandhaは、シンチレートケープを持っていた!

トリガー:セルキットのハサミ(サソリ)
Selkitは、ヘルクリアトラウザを持っていた!
Selkitは、マーリンクラッコーを持っていた!
Selkitは、アペートリングを持っていた!

トリガー:サンブアヤの牙(ブガード)
Sang Buayaは、スリオスイヤリングを持っていた!
Sang Buayaは、バロラスマスクを持っていた!
Sang Buayaは、カイロングローブを持っていた!

トリガー:サボテンダーロイヤルの針(サボテンダー)
Sabotender Royalは、オディシアヘルムを持っていた!
Sabotender Royalは、デイノカラーを持っていた!
カイロンスリッパー(Wiki)

トリガー:ズハックの爪(ロック)
Zduhacは、カイロンホーズを持っていた!
Zduhacは、エクスペデピニオンを持っていた!

トリガー:オリックスの羽衣(モノセロス)
Oryxは、ポテントグリップを持っていた!
Oryxは、ヘルクリアヘルムを持っていた!

ちょこちょことモンク用のエスカルオンの免罪装備を増やしたので、久しぶりにモンクでジョブポ稼ぎでっすヽ(*´∀`)ノ
まだギフト100にすら到達してないし、減ったシルト稼ぎとマクロの微調整も兼ねて、ルオンの#3でアーンを倒しまくります。
実際に動かしてみないと、わからないことあったりしますしね☆
編成は、モ/戦のおいら、オーグスト、セルテウス、アシェラ、クルタダ、ヨラン博士。
今思えばドメインでもするんかっていう回復多めのメンツだったけどもこれが良かった(笑)

アーンに対するマルチアタックの発動率はまあまあ。
ビクトリーは開幕に撃たないと正確な数値が計れないんだけども食事無しアビなしで平均7000といったところなのかなあ。免罪装備でステータスがかなり上がったはずなので以前よりは確実に強くなってるんだろうけど、まだまだトカゲのしっぽ一発に遠く及ばないというwww/(^o^)\

チェーン切れを防ぐため、アーンの合間に階段の所に居るゴラホも一匹倒します。
すると案の定、沸いてほしくない時に限ってNMわいたーwww

☆用語辞典より
「Warder of Fortitude
近接物理攻撃に対する強力なダメージカットを有する(-90%程度?)」

・・・おいらはモ/戦。バリバリの物理攻撃オンリーです。
一応フレリストを確認したんですが、何しろド深夜(または早朝というべきか)、誰もいない(*ノノ)
わいてしまったものはやるしかない。地味ぃぃぃぃな戦闘の始まりです。



FortitudeはLv75時代のアルタユでも何度も戦ってたので特徴は知ってるんですが、子分が2体わくんですよね。
子分の方は物理カットないらしいんだけども、オーグストには常に本体のタゲを取って貰わないと困るからタゲは本体から動かせないし、削るのに時間が掛かってWS発狂モードになられても面倒くさいし、子分は放置することにしました(*´∀`)
子分を倒さないと本体が魔法反射しちゃうけど、魔法ってアシェラたんのパライズIIぐらいですしね(*ノノ)w

主な削りは、シャドウモードの時のアシェラたんの攻撃と、おいらの5~25程度のパンチ約2000発wwwでした(;´∀`)ゞ
あとオーグスト王のWSが時々いいダメージ出してました。



技連携・光→Warder of Fortitudeに、447ダメージ。
Augustは、ノークォーターの構え。
(August) ゆくぞ、見事受け切ってみせよ!
Warder's Ghrahは倒れた。
Warder's Ghrahは倒れた。
グレーリキッドを手にいれた!
だいじなもの:第二の至徳を手にいれた!
Warder's Ghrahの攻撃→Augustに、ミス。
Yozukiは、ビクトリースマイトを実行。
→Warder of Fortitudeに、228ダメージ。
Warder's Ghrahの攻撃→Augustに、0ダメージ。
Warder's Ghrahの攻撃→Augustに、0ダメージ。
Yoran-OranのケアルVIが発動。
→AugustのHPが、1157回復。
Augustは、ノークォーターを実行。
→Warder of Fortitudeに、1514ダメージ。
Augustは、Warder of Fortitudeを倒した。
Yozukiは、5274リミットポイントを獲得した。
Yozukiは、1737キャパシティポイントを獲得した。
Warder of Fortitudeは、グレーリキッド+1を持っていた!
Yozukiは、グレーリキッド+1を手にいれた!
Warder of Fortitudeは、グレーリキッド+1を持っていた!
Yozukiは、グレーリキッド+1を手にいれた!
Warder of Fortitudeは、グレーリキッドを持っていた!
Yozukiは、グレーリキッドを手にいれた!

地味~に36分間、殴り続けましたwww
この敵は、ボーパルを受け止めてくれる盾役がいれば、戦闘継続自体はどうということはないですね(*ノノ) いやー王様の安定感すごい! おいらは立ち位置調整の時以外は、一度も本体にタゲられませんでした。
三人くらいに遠巻きに見られたかなあ(*ノノ) 時間掛かってすまなんだです。
フェイスありきの戦闘だったので、とっさに他人とPTを組むのが難しいのが困りものですね(*ノノ)

2005 Powered By FC2 allrights reserved.


template by Sun&Moon
☆少しだけ編集しています☆

全てのスクリーンショットにはスクウェアエニックスの表記が入ります。
Copyright (C) 2002~2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

バナー作りました。
2011/12/8

2005/9/5






☆公式サイトへのリンクです☆