★今日もどこかでまんどらたん★
今月のアンバス1章は、カエル☆リターンズ。
ヘヴィ耐性がついていて、前回のような瞬殺作戦は無理、ということですが。

実は、かなりギミックが解明されてたみたいですね☆
クエンチングハンマーの発動条件は、周囲に「ナ暗青剣(フェイス含む)がMPのある状態(50以上?)で射程内にいる」または「ファントムロール、呪歌、風水魔法(弱体系は対象外)のどれかの支援をPCが受けている」がいる場合に固有の特殊技クエンチングハンマーを最優先して使用する。とのこと(用語辞典より)。
無敵フェイスの支援も、発動条件に含まれていますです。
つまりクエンチングに関しては、編成やMPに気を付ければ完全に防げるようになってました。
天乞いの発動条件については、まだ不明のようです。
体感では、天乞いは完全ランダムかなーって気もします。
全く同じメンバー、ほぼ同じような戦闘展開・・・でも、使ってくる時は開幕から使ってくるし、使ってこない時は戦闘終了までの約5分間使ってこないし、連続魔中に使ってくることもあるし、あともう少しで終わるという時に使ってくることもある。
何が発動条件だったのか、さっぱりです(*ノノ)
フェイスを5人も使ってると、同じメンバーとは言え、全く同じ展開にするのは無理というのもあるんですが(ノ∀`)

以降、全て1章ふつう。
モ/戦、ゲッショー、アークHM、ユグナス、ヨランオラン。
+1戦目はフェリアスコフィン、2戦目以降はコルモル。
戦闘ログが長かったので折りたたみます。

そういえば、AATTを入れておいて、雑魚が沸いたら寝かすというのは、まだ成功したことがないです。
ふつうではスリプガ使ってくれない・・・? やり方が悪いのかな。
なので、中盤以降に天乞いされた時にそれに耐える前提の編成になっています。
※フェイスの絆キャンペーン期間の話です。


なんだかんだで、アンバスケードにひたすらソロで通ってる間に、モンクのギフトが2000を超えました☆☆ヽ(*´∀`)ノ
トリゼックリングを、ポストでくるくる回しながら5個ずつ使用してましたw


昨日までは、1章やさに焼印&2章とてむずのワンセットで繰り返してたけど、ホールマークが20000点を超えたので、ここからは焼印の消費を抑えつつ、1章とてやさ&2章むずの、疲れないペースでギリギリまで通おうと思います(*´∀`)
次回のアンバスでペースが落ちなければ、今月中にマスターになれるかな?☆


1章とてやさでも、「ためる」で通常攻撃99999達成☆ 今度はロスタイムなしで良いタイミングで発動してくれました(*´∀`)

自分なりに立ち回りに気を付けているものの、脳筋なおいらには、1章やさしいをモンクで12~13分辺りが限界のようでした☆
ちょっとずつタイムは縮んでいくんだけど、それに伴って事故率が上がっていくという(*ノノ)

フェイスはAAEV、コーネリア、アシェラ、ヨランオラン、コルモル。
ウルスラグナ&サポ戦で、開幕バーサクインピタス絶対カウンターしてから殴り、集中回避猫足して一気にボス削り。

ボスが武器を放り投げるのを見たら、即カット装備に着替え。
雑魚がわいたら、雑魚暗TはEV姐さんにタゲを取ってもらい、雑魚黒Aから処理。
EV姐さんのフラッシュが2発か、1発+別のアビで、Tのタゲは一応安定。
でも絶対カウンターやウォークライを使うと3体ともこっちにきちゃってトリプルリバーサルが発動するので、3体居る間はあまりアビを使わない方が良さそう(*ノノ)
ボスのWSとAの高位精霊がかぶったりするとまれに危険なので、適宜魔法カット装備に着替えつつ。
ガ3系は、EV姐さんが高確率でバッシュしてくれるようです(*´∀`)
Aの処理さえ終わればもう危険はないので、アビを使いながら素早くTを倒す。
Tに対するビクトリー>ビクトリーの光連携ダメージは、バーサクインピ集中載せてて66000くらいまででした。

今回の1章は、メイン忍で雑魚放置で追加効果即死を空蝉でかわしつつ戦闘するか、空蝉関係なく火力全開で雑魚を倒しきることで追加効果即死そのものを消すか、そのどちらかが、比較的ストレスの溜まらない方法かなと思いました。
でもふつうの雑魚は強いらしいので、雑魚処理作戦はやさしいぐらいまでなのかなあ。

中盤は幻影両断で強化を4つくらい消されてしまうので、効果時間の短いアビを使うか、または使わないで温存。
すぐに絶対回避が来ちゃうので、使わなくてもいいかも。
絶対回避終了の少し前にためるをしておくと、回避あけの一発目がいいダメージになったり。
動画の方が使われていたので、参考にしました(*´∀`)
とは言えおいらは腹時計で計ってるだけなので、2回に1回くらいまだ回避中に殴っちゃってスカったりしてるんですが(*ノノ)
通常攻撃で99999出ると超楽しいいいいΨ(*`∀´*)Ψ コレで天下無双クリアできてたら良かったナ!www


2回目の雑魚わき時は、雑魚がわくのと同時にTPが溜まってればボスがいきなり幻空抜剣を使ってくる事があり、こちらの意識が雑魚に向いているため、おいらがちぬ時は8割がこの事故でした(*ノノ)
1回目と同じように雑魚暗TはEV姐さんにタゲを取ってもらい、雑魚黒Aから処理。
2回目のAの処理が終われば、後はもう落ち着いて戦うのみ(*´∀`)
ここで起こりやすい事故は、幻空でEV姐さんかヨラン博士が退場することだけど、Aの処理が終わってれば何とか続行可能(*ノノ)
全然関係ないけど、EV姐さんの退場時の台詞が、ちょっと色っぽい気がするおいらです(*ノノ)

雑魚2体の処理が終わったら、後は焦らずじっくりとボスを削るのみ。
「次は空蝉参を唱えるタイミングのはず」と思ってその前に2発目のWSを撃とうとするのはやめるべきですね(*ノノ)
TPが溜まると空蝉の前に幻空を使ってきやがります(*ノノ)
ここまで来て負けると正直面倒くさいので、丁寧に戦う方がいいですね。おいらは、2割くらい焦ってちにました(*ノノ)w


ということで、何とかホールマークが2万超えて、ようやくアヤモが全部+1になりましたヽ(*´∀`)ノわーいわーい☆
前回までに取ってたトークン+1も3つあったので、マルクィも3部位は+1になりました☆
他にも色々欲しい物があるし、来月はソロだとかなり面倒くさい感じなので、なるべく今月がるばるかなw

相変わらず、武器はウルス使用してます(*ノノ)
ゴッドも試してみたんだけど、おいらの装備の組み合わせだと今イチ強さが引き出せないのかな・・・。MA調整できてないしな(*ノノ)
んで、きちんと雑魚が沸くタイミングに合わせてTP3000貯めてないとダメで、それもうまくできてない(*ノノ)
四神は、悪疫も有効なので、上手く活用したいところなのですが(*ノノ)
というわけで、慣れてるウルスで、雑魚時にがるばるのではなく、ボスのみ時にがるばることにしました。
開幕にほとんどのアビを使ってボスを全力で削り(MPも豊富なので被弾気にしない)、雑魚登場時はムリせずに戦闘する。
中盤の、幻影も使用するモードの時は、リキャ5分アビが即消されたりすると痛いのでそれは使わず、リキャ2分でもともと効果時間の短い集中と回避、&ウォークライで粘る。
※幻影は、一撃避けの要領で回避可能らしいんだけど、おいらでは間に合わず、幻空と比べても明らかにシビアなので、避けないことにしてます(*ノノ)
2回目の雑魚処理時も、主要アビは使用するけどムリせずに戦闘する。
この時、雑魚処理中に、ボスは既に幻空も使用するモードになっているので、それだけ注意する。

盾は、王様よりAAEVの方がいいですね(*´∀`)
王様よりもケアルを撃つのが速い気がする☆ タゲがぐだった時とか結構そのケアルに救われてます(*ノノ)
ただ、時々雑魚登場時になかなかタゲを取ってくれなくて、ヒヤリとする場面はあります。
ヘイトを見極める目が欲しい(>_<)

2回目の雑魚も倒し終えた終盤だけど、今までずっと幻空or空蝉参モードだったのですが、ごくまれに、忖度強要を使ってきたりして、その違いがわかりません(*ノノ)
たぶんランダムではなくて、きちんと条件があると思うんだけども。
コーネリアとアシェラが居ればヘイスト支援は足りるから、忖度にできるならそっちの方がいいんだけどな。吸収量は多くても1500程度だろうし☆

そんな感じで、相変わらず15分ほど掛かってしまうけど、焼印使って1800ずつ稼いで、何とか1万ポイントを超えました☆
地味にジョブポも溜まるので、ゆっくり遊べる時には、ジョブポ稼ぎも兼ねたりしてゆるめの構成で1章やさしいで遊びたいなー☆


とある有名なプレイヤーさんの動画を拝見して、目から鱗が落ちましたぴっ☆(*´∀`)

ググればすぐ見つかると思うのでリンクは貼っていませんが、内容は、モンクで1章やさしいを11分半で攻略というものです☆
で、この動画を拝見していて、自分の勘違いに気が付きました(*ノノ)

1 最初はボス1体のみなので、ボスのHPを削る
2 雑魚が2匹わくので両方倒す
3 またボスのHPを削る
4 また雑魚が2匹わくので両方倒す
5 抜剣を一撃避けしつつ、ボスのHPを最後まで削る

この手順の2と4で、雑魚が呼ばれたらすぐにタゲを雑魚に移動していれば、流れ弾ならぬ流れカウンターが多少ボスに当たって削ってしまった程度では、ボスの追加即死は発動しないということに気が付きました☆
用語辞典も、よく見ればそう書いてありましたね(*ノノ)
雑魚を生かしたままボスのHPが60%を切ると、追加即死が発動するようになるとのことです(*ノノ)

ということは。
雑魚処理を先にする場合、空蝉は誰も要らないということです。
二三、気を付けなければならないタイミングがあるとは言え、ずっと、攻撃に専念できるということなのです(`・ω・´)
コレならば、おいらでも、やさしいやれるハズっぴ(*´∀`)
いろいろ戦略を考えられる人ってほんとにすごいですね。ありがたや☆☆

但し、動画をそのまま真似る事はできません(*ノノ)
まず防具が違います。おそらくギフトも違ってそう(おいらはまだ非マスター(*ノノ))。インヒビットが発動していたのでメリポも違います。
武器も、動画はゴッドハンドですが、おいらはまだゴッド用にマーシャルアーツの調整ができていないので、ウルスを使うことになります。
他に違うのは、まだマスターになっていない為に、常にトリゼックリングを使っちゃってるということです(ノ∀`)
この状態でクルタダ呼んでも、コルセアロールしちゃうしっ・・・(*ノノ)
それから、モンクでサポナを選択しているという点。
おいらは正直、サポナでの動きに慣れていません(*ノノ)
多分、雑魚処理時にホーリーサークルが使えればそれでいいのかなとは思ったんだけど。

ではどうするか☆
動画より数段火力が落ちるけど、まずは慣れてて死ににくい作戦でいくことにしました(*´∀`)

モ/戦、コーネリア、オーグスト、アシェラ、ヨランオラン、コルモル、というよくあるメンバーで突入です☆
呼ぶ順ですが、盾の次にコーネリアがいいと思いました(*ノノ)
終盤、コーネリアに真後ろに立たれると、若干イラっとしますネ(*ノノ)てへ
盾は、やはしAAEVのがいいのかな・・・? AAEVの方がHP多いし、サベッジやシャンデだと連携作りやすそうだしなあ。
今回はひとまず、慣れてる王様での挑戦です。
で、クルタダの代わりにアシェラたんです。

戦い方は動画と一緒です☆
ボスは普通に削る。
雑魚が沸いた時は、先に暗「T」を殴って盾フェイスにタゲを取らせた後に、黒「A」の方から処理☆
この間ボスは放置。
ボス&雑魚のタゲは、絶対に3体とも同じ人に向かないようにする。
終盤の幻空抜剣は、一撃避けの要領で回避。おいらでも避けられるので、わりと猶予はある。

戦ってみて思ったのは、バーサクの使いどころが思ったより限られてるなと(*ノノ)
基本的に幻空抜剣以外のWSは全て受けるから、終盤以外は事故る可能性がありそうだなあ。それに博士のMPも消費させてしまうかな。
一番火力が欲しい雑魚処理時にやや使いにくいというのが難点。
普通にWSを受ける分には、150~300~多くても600ぐらいの被ダメで済むし、通常攻撃はそこそこカウンターで返すので、問題はないです。スロウIIとパライズIIも入ってるし☆

で、差が付くのが、雑魚の処理の時だなーと思いました(*ノノ)
雑魚に対しては与ダメ10倍ではなく2倍止まりなので、ここで極光の99999が出せると全然早さが違いますね(*ノノ)
ボス削りの時はウルスでもいいかなと思ったけど、雑魚の時で差が付くのねー☆☆(*ノノ)

終盤は、抜剣をかわすだけでいいので、ソロだとログ読みやすいし、むしろ戦いやすいですね。強化消しも状態異常もないし。
実は2回目の暗処理中に、ヨラン博士がひっそり遠くで抜剣で致死量のダメージくらっちゃったみたいで、居なくなっちゃったんだけど、問題なかったという(*ノノ)

ひとまず今回の突撃では、おいらは15分30秒かかっちゃいました(*ノノ)
もうちょっと工夫して、短時間で何とかできるようにしたいなあ(*ノノ)
うーん(*ノノ) やっぱゴッドなのかなぁ・・・☆

一番書きたかった事を書き忘れてたぁぁ/(^o^)\
なんだかんだ言っても、モンクでそこそこ安定してクリアできるようになって良かった☆☆

VUが行われ、新たなアンバスマラソンが始まりました(*ノノ)
報酬を見てみると・・・

うぇぇぇ(ノд・)
いきなり愚痴りたくなったので(*ノノ)、ひとまず、詳細は飛ばして、お試しだー☆ヽ( ´ー`)ノ

前回で味をしめ(笑)、1章やさしいからお試しです(*´∀`)

そうそう☆
必ず、「トンベリの怨み」は消しましょう(ノ∀`)
サバイバルガイドでウガレピ寺院に行くと、近いです☆
高難易度では試してないので分からないけど、低難易度では怨みを消しておくだけで、怨み系のWSが20とか40とかの被ダメになってラッキーWSになります☆

☆1章 トンベリ☆
やさしい:CL124
PT編成:モ/戦、オーグスト、アシェラ、ウルミア、ヨランオラン、コルモル
作戦:ギミック無視でやられる前にヤル
敵:初期配置はトンベリ1体
 →戦闘開始後にエレ1体召喚
 →さらにその後、黒トンベリと王冠トンベリが登場する

初期配置トンベリ Bozzetto Rascal 召喚士
 エレを放置すると?、召喚獣出現タイプのアストラルフロウを使用
 フロウ時、少しHPが回復する。

黒トンベリ Bozzetto Defilier 黒魔
 魔力の泉を使用
 スリプガII、ポイゾガII、バイオII、IV系、ガIII系、ブレイズスパイク等使用
 いつの間にかひっそりと出現している
 召喚トンベリから離れた場所に出現してその場を動かず、ひたすら魔法のみ

王冠トンベリ Bozzetto Monarch 暗黒(シーフの場合もあるらしい?
 ブラッドウェポン使用
 いつの間にか出現し、ヘイト高い人に絡み出す
 かなりHPが多い
 影のような分身を生み出し、闇連携をしてくる
 断罪の光→袈裟刈り(湾曲)ここまでが王冠トンベリ
 断罪の光→胴刈り(湾曲)ここまでが王冠トンベリ
 続いて影トンベリの通常攻撃?で闇連携が発生する

影トンベリ Bozzetto Shade
 半透明でいかにも分身っぽい姿
 PTの誰かが湾曲連携されると出現?
 背後から攻撃してきて闇連携を完成させる

召喚されるエレは水エレと氷エレの2つを見かけました。
水エレの時はリヴァでタイダルウェイブ、氷エレの時はシヴァでダイヤモンドダスト。
モンクソロ的には、初期トンベリに殴りかかってエレは放置、エレが魔法を2回唱える辺りでアスフロに備えてマントラで全員のHPを上げます。
マントラが遅れても耐えられる事もあったけど、先にマントラした方が確実。
全力で召喚トンベリに攻撃を集中すれば、アスフロは2回くらいで済む。
王冠トンベリのジョブが2パターンあるらしいのですが、やさしいでおいらが突撃した時には暗黒でした。
黒トンベリから先にしてもいいかもですが、黒は遠くから魔法を撃つ以外は何もしてこないので、先に王冠トンベリの方から撃破。
王冠トンベリの要注意技は、断罪の光の後に来る、袈裟刈り、胴刈り。食らったら即パナケ。
※○○斬り→連携されない ○○刈り→連携される
王冠を倒せれば、後は雑魚です(*´∀`)


あっw
チェーンやキャパポを考えると、また、倒す順を間違えていたかも(*ノノ)

前回取り逃したHQ装備と交換できるトークン+1は、PTを組んでないと得られないガラントリーのポイントが必要と知りつつも、ひたすらソロで突入する日々を過ごしていました(*ノノ)

なんだかんだで、今回の蟻はモンクソロでもかなり戦いやすい相手だったので、フェイスの絆終了後もずっと1章やさしいで周回可能でした。
もっとも絆終了後は、戦闘後に6人全員揃っていることもあれば、3人ぐらいになっていることもあったりで(笑)
なかなかスリリングな展開が味わえたです(ノ∀`)
ということで、何回か焼印使ったりもして、ホールマークの方は久しぶりに2万点突破です(σ´∀`)σ
ひゃっはー☆ 久しぶりにヘヴィメタル全部交換できるぅー♪♪ (←ふらぐw)

で、次のVUまであまり日がないという時、そんなおいらを見かねてか、親切なフレさんが声を掛けてくれまして、この時は1時間ほどでしたが、1章むず&とてむずで周回できたのでした(*´Д`*)
ありがたやーー☆☆(*´Д`*)
おいらは久しぶりの黒魔で参加でした☆
この周回のおかげで、さらにホールマークを追加でき、ガラントリーもついにゲット!!
ひゃっほーー☆ ドロスとシンダーまで交換できちゃう♪♪ (←ふらぐその2w)
ただ、ここぞとばかりに焼印使いまくったけど、すでにいくつか消費済だったため焼印の数が足りず、ガラントリーはトークン5枚分には至らなかったのですが、脚と手のトークン+1を(σ´∀`)σです☆
フレさんありがとおーー!!
残りは、次回のアンバスで取れるといいなっ☆(*'-')

・・・しかし、話はここで終わらなかったwww
トークンHQは揃えるの無理でも、トークンNQは5部位全て取っておくべき☆ と思っていたのですが・・・
ホールマークの、累計ポイントと交換ポイントをうっかり間違えていて、なんと、トークンNQ5枚を交換する前に、全部消費してしまっていたという/(^o^)\
しまったああトークンは累計の方じゃなくて交換、つまりポイント消費する方やったああwww

VUまで実質あと一日。
また0からポイント溜めて、ようやく、ようやく何とか、交換にこぎ着けました(*ノノ)
あーしんどかったwww
皆様も、交換と累計の勘違いにはお気を付け下さいませ・・・(*ノノ)☆

というわけで、マルクィNQ5部位(σ´∀`)σ
これで、今までのアンバス装備のうち、アヤモとマルクィの2種類がNQということになります。
うーん、ガラントリーなしで行く場合、休止したらあかんというシステムが、なかなかツライっぴ(*ノノ)

フェイスの絆『HQ』中であれば勝てるハズだ、という意気込みの元、五回目くらいの突入で、ようやく勝利です☆
でも勝つには勝ったけど、なかなか安定しない(*ノノ)

☆1章 蟻軍団☆
ふつう:CL129
PT編成:モ/戦、オーグスト、アシェラ、ウルミア、セルテウス、ヨランオラン
作戦:サボテンにWSだけ当てつつ、やられる前にヤル。討伐順は、雑魚→ボス。
敵:難易度に関わらずボス蟻1体&暴走サボテン1体
  +戦闘開始後に雑魚の蟻が追加される(数は難易度で増減)
  ふつうの場合、雑魚はWS2発程度で倒せる、そんなに強くはない

ボス
 Bozzetto Consul
  戦士 マイティストライクを使用
  ふつうでも、アシェラのスロウII、パライズIIは有効

お供の暴走サボテン
 Sabotender Dulce
  コレのみ、ボス討伐時に自動的に戦闘不能になる
  ふつうでは針弐千本を使用

召喚される雑魚
 Bozzetto Stalwart
  戦士 マイティストライクを使用
 Bozzetto Hunter
  狩人 イーグルアイを使用
 Bozzetto Magister
  黒魔 魔力の泉使用
  スリプガIIを使用
 Bozzetto Stalker
  シーフ 絶対回避を使用
 Bozzetto Valiant
  ナイト インビンシブルを使用

作戦補足
 一心指輪を使用しておき、新品を所持して突入
 サボテンが近づいてきた時は、WSだけサボテンに撃つ
 それ以外は普通にボスを削る
 雑魚一体目呼び出し、戦士タイプは普通に倒す
 雑魚二体目呼び出し、狩人タイプは、マントラ使用してHPを最大限回復してから、良きタイミングで物理カット装備でWSを撃って、イーグル誘発
 この辺りでサボテンのHPを半分以下にしておく、サボテンの削りを優先する
 雑魚三体目呼び出し、黒魔タイプは、普通に倒す
 理想はサボテン倒すのと黒魔を倒すのが同じくらい
 一心の効果が切れていれば、新品の指輪を使用する
 四体目のシーフ、五体目のナイトは、湧いてしまってたら普通に倒す
 絶対回避とインビンで時間が掛かるので、この時にヘイトを上げすぎないようにする
 ボスがマイティストライクを発動したら、終わるまでボスから離れておく
 マイティ後、インピバーサク等全アビ使用して倒す

と言う訳で、今回から作戦を変えました。
ふつうからボスを削るのに時間がかかるようになるし、ボスからの攻撃もきつくなるので、雑魚を5体全部呼ばれるのはおいらには無理と判断しました(*ノノ)
故に、理想は、雑魚は戦士・狩人・黒魔までの3体、そしてサボテン撃破、ボス撃破の流れです。
残念ながらチェーン受付中にボスを倒すのはできなかったけど、チェーンなくても一心指輪があるだけで、ふつうのボスは十分美味しかったです(*´∀`)

やっかいな砂岩嵐ですが、大抵の場合は、砂の呪縛→タゲ持ちが近くにいると砂岩嵐、の連打で発動するようです。
なので呪縛を見たら即物理カット装備に着替えることで、一応即死を免れる可能性を高められます。
ヨラン博士を呼んでいる場合は、ほぼ博士が呪縛の範囲外にいて、タゲが遠くにいる博士に移ることから、砂岩嵐の発動を抑えられる?のですが、まれに、呪縛に関係なくいきなり砂岩嵐が発動することがあって、構えから発動までが短いため着替えが間に合わず、おいらは毎回コレにやられてしまいます;;
マイティストライク中にもそのパターンが発生することがあり、これはくらうと確実に死ねるので、マイティ中はあらかじめ避難しておきます(*ノノ)

おいらの場合、カット装備なしで被弾すると、2380ぐらい食らうのですが、これは普段のHP2340よりわずかに多く、また普段からHP満タンまできっちり回復されている事が少なく、結局即死級になってしまうので、これをもうちょっとなんとかしないと安定しなさそうです(´・ω・`)



なんとか撃破☆
きっかり10分掛かりました(*ノノ)
せめて7~8分くらいで安定して勝てればなあ(*ノノ)

相変わらず、モンクソロでの突入を繰り返しています(*ノノ)
欲しいのはガラントリーなんだけども/(^o^)\

とりあえず、フェイスの絆HQが始まったので、1章ふつうを安定してクリアできないかなあということで、挑戦です(`・ω・´)
これが安定してクリアできるようなら、「1章ふつうを適当編成で」をサチコに書きながらふつうを回しつつ、人が来てくれればその段階で組んでいこうかなという感じで(*´∀`)
肝心なのは、最悪、おいら一人で安定して削れるかという点です。
おいらが人を募るのは、早朝とか深夜とか夕方とかなので、そもそも6人揃うことがなさそうだから(*ノノ)

で、今回は作戦を変更して、雑魚がわいたら雑魚から討伐して、ボスを最後にして「あわよくばチェーンでがっぽりキャパポを(σ´∀`)σするぞ」という作戦で行きます☆

☆1章 蟻軍団☆
ふつう:CL129
PT編成:モ/戦、オーグスト、アシェラ、ウルミア、セルテウス、ヨランオラン
作戦:ギミック無視でやられる前にヤル☆ 討伐順は、雑魚→ボス。
敵:難易度に関わらずボス蟻1体&暴走サボテン1体
  +戦闘開始後に雑魚の蟻が追加される

ボス
 Bozzetto Consul
  戦士 マイティストライクを使用
  ふつうでも、アシェラのスロウII、パライズIIは有効
  ふつうから、ソーンボール(ダメージと麻痺と毒?)という技を解禁

お供の暴走サボテン
 Sabotender Dulce
  コレのみ、ボス討伐時に自動的に戦闘不能になる
  ふつうでは針弐千本を使用

召喚される雑魚
 Bozzetto Stalwart
  戦士 マイティストライクを使用
 Bozzetto Hunter
  狩人 イーグルアイを使用
 Bozzetto Magister
  黒魔 魔力の泉使用
  スリプガIIを使用
 Bozzetto Stalker
  シーフ 絶対回避を使用
 Bozzetto Valiant
  ナイト インビンシブルを使用

Yozukiは、Bozzetto Stalwartを倒した。
Yozukiは、8700リミットポイントを獲得した。
Yozukiは、20184キャパシティポイントを獲得した。

Yozukiは、Bozzetto Hunterを倒した。
Yozukiは、1チェーン!10440リミットポイントを獲得した。
Yozukiは、1チェーン!20752キャパシティポイントを獲得した。

Yozukiは、Bozzetto Magisterを倒した。
Yozukiは、2チェーン!10875リミットポイントを獲得した。
Yozukiは、2チェーン!21364キャパシティポイントを獲得した。

Yozukiは、Bozzetto Stalkerを倒した。
Yozukiは、3チェーン!11310リミットポイントを獲得した。
Yozukiは、3チェーン!21972キャパシティポイントを獲得した。

ほほほほう、コレはなかなか美味しいでござる。
で、最後に召喚されたナイトがインビンをしたので、その間、ボス削りをしようとした、その時。

Bozzetto Consulは、砂岩嵐の構え。
Augustは、絆の力で攻撃に耐えた!
Ulmiaは、絆の力で攻撃に耐えた!
パーティメンバーが全員戦闘不能のため、3分後に排出されます。
Bozzetto Consulは、砂岩嵐を実行。
→Augustに、2746ダメージ。
→Selh'teusに、1347ダメージ。
→Ulmiaに、2278ダメージ。
→Arcielaに、2614ダメージ。
→Yozukiに、2278ダメージ。
Yozukiは、Bozzetto Consulに倒された……。

(´・ω・`)
おいらは、普段は攻撃装備でもHP2300以上はあるんですが、この時は完全回復してない時に技が発動したらしく、フェイスは絆HQで耐えてたけどおいらが耐えきれなかったという(*ノノ)
丁度マントラが切れた後だったしなあ(*ノノ)
あーあー、こういう時こそ、「しぬかと思ったあああ」て言いながらHP10くらいで生き残りたかったなあああ(>_<)
リレイズしてなかったのでさっさと退出です(*ノノ)

砂岩嵐については、中身のある6人PTでなら、各自が立ち位置注意してボスから離れればok?らしいのですが、中途半端に2~4人で編成した時とか、どうかなあ、場合によってはギリギリな感じかなあ(*ノノ)
かと言っておいらが遊ぶ時間帯では、6人揃うまで待つのも現実的ではないし、ティキンハートなおいらは、今日も叫べそうにないです(*ノノ)

ひとまず、ふつうは安定しなさそうなので、サクサクと優しい連戦に変更だー☆(*ノノ)

☆1章 蟻軍団☆
やさしい:CL124
PT編成:モ/戦、オーグスト、アシェラ、ウルミア、セルテウス、ヨランオラン
作戦:ギミック無視でやられる前にヤル☆ 討伐順は、雑魚→ボス。
敵:難易度に関わらずボス蟻1体&暴走サボテン1体
  +戦闘開始後に雑魚の蟻が追加される

ボス
 Bozzetto Consul
  戦士 マイティストライクを使用
  やさしいでは、アシェラのスロウII、パライズIIは有効

お供の暴走サボテン
 Sabotender Dulce
  コレのみ、ボス討伐時に自動的に戦闘不能になる
  やさしいでは針千本を使用

召喚される雑魚
 Bozzetto Stalwart
  戦士 マイティストライクを使用 HP少ない
 Bozzetto Hunter
  狩人 イーグルアイを使用 HP少ない
 Bozzetto Magister
  黒魔 魔力の泉を使用 HP少ない
 Bozzetto Stalker
  シーフ 絶対回避を使用 HP少ない

Yozukiは、Bozzetto Stalwartを倒した。
Yozukiは、8700ポイントの経験値を獲得した。
Yozukiは、3618キャパシティポイントを獲得した。

Yozukiは、Bozzetto Hunterを倒した。
Yozukiは、1チェーン!10440リミットポイントを獲得した。
Yozukiは、1チェーン!3716キャパシティポイントを獲得した。

Yozukiは、Bozzetto Magisterを倒した。
Yozukiは、2チェーン!10875リミットポイントを獲得した。
Yozukiは、2チェーン!3825キャパシティポイントを獲得した。

Yozukiは、Bozzetto Stalkerを倒した。
Yozukiは、3チェーン!11310リミットポイントを獲得した。
Yozukiは、3チェーン!15736キャパシティポイントを獲得した。

Yozukiは、Bozzetto Consulを倒した。
Yozukiは、4チェーン!12180リミットポイントを獲得した。
Yozukiは、4チェーン!65535キャパシティポイントを獲得した。

わああいヽ(*´∀`)ノ やっぱりボスで4チェーンすると全然数字が違ってきますですね!!
初日の、ボスを先に倒してた自分に「あほーー」て言いたいですホント(*ノノ)


☆追記☆
ふつうのボスの砂岩嵐ですが、ダメージの振れ幅がかなり大きいようです。
11日でのふつう戦では、

Bozzetto Consulは、砂岩嵐を実行。
→Augustに、401ダメージ。
→Selh'teusに、229ダメージ。
→ArkEVに、190ダメージ。
→Arcielaに、967ダメージ。
→Yozukiに、620ダメージ。

と、5人で受けて上記のダメージで、全然痛さが違ってたんですよねぇ。
これは一体、何が違ってたんだろう。
まともに受けるとこんなにきつい技だったとは(>_<)

※緑字は追記です
やさしいの前に、まずはいつも通りとてもやさしいに挑戦です(*´∀`)

☆1章 蟻軍団☆
とてやさ:CL119
PT編成:モ/戦、オーグスト、ArkEV、アシェラ、ヨアヒム、ヨランオラン
作戦:ギミック無視でやられる前にヤル☆
敵:難易度に関わらずボス蟻1体&暴走サボテン1体
  +戦闘開始後に雑魚の蟻が追加される

毎度おなじみの作戦が続きます(*ノノ)
今回は、蟻ということで静寂・暗闇・石化が予想されるので、ウルミアに代えてヨアヒムを投入です。
後述しますが乱戦になる作戦なので、盾二人にしています。
サボテンですが、とてもやさしいでは針百本しか使用しないようなので、リジュ目的のセルテウスは外しました。

暴走サボテンは、ヘイト無視でひたすら暴走しながら、たまにボスの所で足をとめて、針○本を発動し、また走り出します。
このサボテンは、ボスが死ぬと同時に戦闘不能になるんですが、サボテンが生きている間は、雑魚の蟻が召喚されます。
先にサボテンを倒すと「ボスからの呼び出しに応じなかった!」というログが出て、雑魚は召喚されなくなるのですが、ソロモンクだとタイミング良く単発WSを撃って地道に削るしか手立てがないので、あえてサボテンを無視して乱戦で遊びます(*´∀`)w
召喚された雑魚蟻達は、ボス討伐後も生きているので、殲滅する必要があります。
雑魚が増えるタイミングですが、針百本のあとではありましたが、ボスの技ともタイミングがかぶりがちだったのと、時間経過という説もあるらしく、何がトリガーなのかはよく分からず(*ノノ)

ボス
 Bozzetto Consul
  戦士 マイティストライクを使用
  とてやさでは、アシェラのスロウII、パライズIIは有効

お供の暴走サボテン
 Sabotender Dulce
  コレのみ、ボス討伐時に自動的に戦闘不能になる
  とてやさでは針百本を使用

召喚される雑魚
 Bozzetto Stalwart
  コレも戦士 マイティストライクを使用 HP少ない
 Bozzetto Magister
  黒魔 魔力の泉を使用 HP少ない
 Bozzetto Hunter
  狩人 イーグルアイを使用 HP少ない

この時のとてやさでは3回、針百本を使われ、1体ずつ上記の順で雑魚が増えましたが、常にこの順番通りなのか・最大何匹まで増えるのかは不明です。
まずは全力でボス削りに集中します、わいた雑魚は完全無視です。
※キャパポも狙う場合は、必ず雑魚から倒して、最後にボスをチェーンで倒すべきです(*ノノ)
大抵わいた雑魚はおいらか盾フェイスをタゲりますが、ほっとけば博士か王様かEVの誰かがケアルをするし、支援を蒔くフェイス達にも時々タゲが移ったりするので、それで適度にタゲを分散させます。
ヨラン博士だけちょっとか弱いし絶対に死なせてはダメなので、博士にタゲが集中した時だけアビを使って積極的に取るようにします。
とてやさの雑魚はたいへん弱く、彼らが多少増えたところで、どうにかできるかなと思いました(*´∀`)

ということで、とてもやさしいを戦ってみた結果、フェイスの絆効果もあって楽だったので、「コレはモでやさしいも行けるんじゃない?」とやさしいに挑戦です(*´∀`)
トリガー取りも5体で済むから、モンクに優しい☆

☆1章 蟻軍団☆
やさしい:CL124
PT編成:モ/戦、オーグスト、アシェラ、ArkEV、ヨアヒム、ヨランオラン
作戦:ギミック無視でやられる前にヤル☆
敵:難易度に関わらずボス蟻1体&暴走サボテン1体
  +戦闘開始後に雑魚の蟻が追加される

ボス
 Bozzetto Consul
  戦士 マイティストライクを使用
  やさしいでは、アシェラのスロウII、パライズIIは有効

お供の暴走サボテン
 Sabotender Dulce
  コレのみ、ボス討伐時に自動的に戦闘不能になる
  やさしいでは針千本を使用

召喚される雑魚
 Bozzetto Stalwart
  戦士 マイティストライクを使用 HP少ない
 Bozzetto Hunter
  狩人 イーグルアイを使用 HP少ない
 Bozzetto Magister
  黒魔 魔力の泉を使用 HP少ない
 Bozzetto Stalker
  シーフ 絶対回避を使用 HP少ない

やさしい一回目は、上記の編成で戦闘開始、雑魚は上記の順に計4体召喚されました。

結果は7分16秒で勝利できたんだけど、ヨアヒムがピーアンを詠唱してしまう場面が多かったのと、オーグストとヨラン博士の二人が途中で戦闘不能になってしまったので(たぶんMP不足(*ノノ))、二回目以降、ヨアヒムからセルテウスにメンバーチェンジです。

☆1章 蟻軍団 やさしい2回目以降☆
PT編成:モ/戦、オーグスト、アシェラ、ArkEV、セルテウス、ヨランオラン
作戦:ギミック無視でやられる前にヤル☆

6分台で、誰一人倒されることなく安定するようになりました(*´∀`)

まだ時々MP不足な瞬間はあるんだけど、ボスのマイティが終わってれば、崩れることはなさそうです(*´∀`)
雑魚の呼ばれる順番、最大数は、やさしいの1~3戦目が全部同じだったので、どうやら決まっているようです。この後何度も繰り返したところ、最後がシーフになることが多く、若干ばらつきがある?ようです。
マントラは、雑魚の数が程良く増えた頃に使うと良さそう☆

☆1章 蟻軍団☆
ふつう:CL129
PT編成:モ/戦、オーグスト、アシェラ、ArkEV、セルテウス、ヨランオラン
作戦:ギミック無視でやられる前にヤル☆

調子に乗ってふつうに挑戦。
理論上は、6人で割れば333、5人で割っても400だから(博士が時々遠くにいるw)、針2000本までは耐えられるハズだと踏んだのですが、さてさて☆

ボス
 Bozzetto Consul
  戦士 マイティストライクを使用
  ふつうでも、アシェラのスロウII、パライズIIは有効
  ふつうから、ソーンボール(ダメージと麻痺と毒?)という技を解禁

お供の暴走サボテン
 Sabotender Dulce
  コレのみ、ボス討伐時に自動的に戦闘不能になる
  ふつうでは針弐千本を使用

召喚される雑魚
 Bozzetto Stalwart
  戦士 マイティストライクを使用
 Bozzetto Hunter
  狩人 イーグルアイを使用
 Bozzetto Magister
  黒魔 魔力の泉使用
  スリプガIIを使用
 Bozzetto Stalker
  シーフ 絶対回避を使用
 Bozzetto Valiant
  ナイト インビンシブルを使用 

勝てず(*ノノ)

ヨラン博士がどうやらガッツリと静寂をくらってしまったようで、終盤に、王様とEVを全く回復せず(*ノノ)
そのまま博士も倒され、アシェラたんがイラなんとかで粘るも耐えきれず、最後はセルテウスと二人だけになってリジュの発動条件満たせなくなって、WS待ちしてるセルテウスが暇そうにしてました(*ノノ)
あっ最後にルミナス撃ってるね(*ノノ)うふふ
何とかボスと戦と狩は倒したものの、残りの三体にやられてしまいました。
ふつうからボスを削るのに時間がかかるようになって、火力不足をひしひしと痛感(*ノノ)
せめて妨害電波が無ければなあ・・・(*ノノ)☆

あ、でもこれ、敗因が博士の静寂がなかなか治らなかったというだけなのであれば、絆HQ(状態異常耐性アップ)がくれば、ふつうも行ける可能性ありますね(*´∀`) 試さなくては♪

前回のアンバスケードは、焼印を取るだけで終わっちゃいましたが、今月の分はもうちょっとまじめにがるばろうと思います(`・ω・´)
・・・まあ、どうにかしてガラントリーの方を稼がないと、プチ休止期間中に取り逃した装備取れないんだけど・・・(>_<) どなたか、おいらとPTを組んで下さいませ(>_<)ノ

というわけで、まずはソロで、2章からお試しです。
今までの経緯からすると、そこそこの装備があればむずもいけるだろうということで、むずから開始です☆
しかもフェイスの絆が開始されたので、バッチリ余裕のハズ♪

☆2章 こいのぼり☆
むずかしい:CL124
PT編成:モ/戦、アムチュチュ、アシェラ、セルテウス、ウルミア、ヨランオラン
作戦:ボスをひたすら殴るだけ☆
敵:難易度に関わらず1体のみ

この敵、あんまりいい思い出なかったよなあと思いつつ戦ってたんですが、さすがにアムネジアと脱衣、即死効果については削除されているようです(*´∀`)ほっ☆
 ※とてむずでは確認していません
・・・とは言え、何だろう、何とも言えないんだけど、戦いにくいw
モンク的にはカウンターが無効っていうだけでかなりやる気ダウンなんだけど、それ以外にもノックバック&ヘヴィがあったり、引き寄せがあったり、悪疫やスロウや全ステダウンがあったり、弱体フィールドがあったりと、いちいち鬱陶しいという感じです(*ノノ)

Yozukiは、ビクトリースマイトを実行。
→Natsilaneに、12219ダメージ。

Yozukiは、ビクトリースマイトを実行。
→Natsilaneに、8959ダメージ。

Yozukiは、ビクトリースマイトを実行。
→Natsilaneに、10149ダメージ。

Yozukiの攻撃。クリティカル!
→Natsilaneに、507ダメージ。
Yozukiの攻撃→Natsilaneに、414ダメージ。

序盤は、上記のような数字を出していたのですが、途中で、

Natsilaneは、ベイリーンガージを実行。
→Yoran-Oranから、22HP吸収。
→Ulmiaから、372HP吸収。
→Selh'teusから、372HP吸収。
→Arcielaから、372HP吸収。
→Amchuchuから、332HP吸収。
→Yozukiから、30HP吸収。
Yozukiの攻撃。クリティカル!
→Natsilaneに、1900ダメージ。
Yozukiの攻撃→Natsilaneに、1560ダメージ。
Yozukiの攻撃→Natsilaneに、1239ダメージ。
Yozukiの攻撃。クリティカル!
→Natsilaneに、1596ダメージ。
Yozukiの攻撃→Natsilaneに、3057ダメージ。
Yozukiの攻撃。クリティカル!
→Natsilaneに、1725ダメージ。
Yozukiは、ビクトリースマイトを実行。
→Natsilaneに、24981ダメージ。

と、こちらの攻撃の数字が、明らかに跳ね上がりました。
某所の書き込みによると、ベイリーン後に物理ダメージがアップし、アングリーで物理ボーナスタイムが解除されてしまうようです。
この後、終盤にもう一回ベイリーンがきて、そこで決着しました☆

ただ、初見とは言えまるまる10分かかってるし、ヨラン博士のMPが完全にすっからりんになってるし、ボーナスタイムがあるとは言え次に来る技次第でボーナスタイムがすぐに解除される可能性もあって、あまり戦いやすいというイメージではないです(*ノノ)
絆がないとけっこう面倒くさいかも知れないなあ。
何となくやる気がでなくて、とてむず挑戦は後回しにされました(*ノノ)

この後は、1章のお試しでっす(*´∀`)

前回の、1章ソウルフレア&2章コースのアンバスケードについては☆
結局、記事の後にも数回チャレンジした結果から思うに、2章に関しては、格打特効を強めたのではなくて、他属性の耐性を強めていたのかな?という感想に至りました。
どうりで格闘で殴っていても、あまり爽快感はなかった訳ですナw
逆に、耐性を消しながら戦うことで、他ジョブでも戦いやすくなるようになっていた訳で、だったらさ、あんなに格打押しの宣伝する意味あったのかっていうwww

ただ、どのみち年末年始に引っかかる時期だったので、ほとんど通えず、フレさんに連れて行ってもらった1章の方でポイントを稼ぐことになったのでした(ノ∀`)

そして今回は、相変わらずあまりログインできなかった事もあり、2月2日の時点で、1章とてやさで稼いだ200点のみだったという(*ノノ)
アヤモ装束HQとか、エンピ素材とか、めっちゃめっちゃ集めたかったけど、今回はもう時間がないので、青ソロでデイリーの1章とてやさと、残りは2章むずの繰り返しで、NQ5部位分のポイントを稼いで終了です(*ノノ)


せっかく開発の人達が公式動画で格闘押ししてたんだから、とてむずも試さなくっちゃでしょ(`・ω・´)☆ ということで今度はとてむずにモンクソロ&フェイスの皆さんで挑戦です。

・・・の、前に、まずは検証でむずへ突入☆

☆2章 コース☆
むずかしい:CL124
PT編成:モ/詩、アムチュチュ、イングリッドII、アシェラ、ヨランオラン、ウルミア
作戦:ボスをひたすら殴るだけ☆
敵:難易度に関わらず1体のみ+時々ゴーストがわく

今度はバニシュで耐性解除してくれるという噂のイングリッドを投入。
そしておいらはサポ詩人です。
Lv75メリポ時代でもサポ詩フィナーレは運用可能だったし、いけるらしいという噂があったので試すことにしました。
アムチュチュの火力は上がる予定だがおいらがサポチェンジで火力が下がる、ということで、ヘイストII枠は攻撃アップアビのあるアシェラたんに。
やってみた結果。
むずでサポ詩人によるフィナーレは100%入る。アイスパもメメントモーリも問題なく消え、リキャストに関してもまあまあ間に合う感じでした。
きちんとFCマクロを組んで運用するなら十分いけそうです、但しモンクの火力減がけっこうきつい(*ノノ) 一応開幕はメヌエットなんかも歌ってみたりしたけど、まともに味方歌歌ってるとその時間がもったいないです(*ノノ)
そして期待はずれだったのがイングリッドのバニシュIII。
光連携でMBバニシュIIIで1500ダメージ出してくれたけど、撃ったのはそのMB1回のみ。
コレ、むず以上やと、MBでしかうたへんのちゃう??(´Д`;)ヾ
ちょっとー、モンクでフィナーレ歌ってる場合やないんやけどー(*ノノ)
アシェラたんのアドル、スロウII、パライズIIはむずでは100%入ってました☆
しかしコルモル博士同様、ディスペルは打たず(*ノノ)

とりあえずこのまま、サポ詩人がとてむずで通用するかどうかの検証突入☆
検証目的だったので記事タイトルをビミョウに訂正しました☆

☆2章 コース☆
とてもむずかしい:CL???(推定129)
PT編成:モ/詩、オーグスト、イングリッド、クルタダ、アシェラ、ヨランオラン
作戦:ボスをひたすら殴るだけ☆
敵:難易度に関わらず1体のみ+時々ゴーストがわく

編成を少し変えました。
WSをなかなか撃たないアムチュチュたんの代わりに撃ちまくりのオーグスト。自己ケアルも期待です。
イングリッドは1と2でバニシュ頻度が変わるかもと思い1の方を呼んでみましたが、結論から言うと1回もバニシュ撃たなかったです。
光連携は何回かしたんだけどな・・・。たぶん静寂のままだったのかな?(*ノノ)
自分でマーチを1曲歌うことにしてウルミアを外し、クルタダでカオスファイターロールをもらうことにしてみました。
で、どうだったかと言うと。
とてむずでもサポ詩人によるフィナーレは100%入り、リキャストに関してもまあまあ間に合う感じでした。
そして前述の通りイングリッドは、カーズナはがるばってくれたんだけどバニシュは1回も撃たなかったという(*ノノ)
結局、格闘ジョブ以外だともっとイングリッドたんの運用を考えるべきかもですが、主力モンクで行く場合はもうイングリッドたんは無視する方向が良さそうです。モが火力減であっても結局、後半はタゲがはりつくしね・・・(*ノノ)
あとは、ヨランのMPがカツカツでした(*ノノ)
やー、ですよねー(*ノノ) MP回復フェイスをすっかり忘れてました(*ノノ) てへっ。
途中でMPの尽きたヨラン博士が退場し、あとはアシェラたんがひたすらアビで回復がるばってくれました(ノ∀`)
あととてむずでも、アシェラたんのアドルだけは100%入ってました。他の弱体魔法は使用せず。
意外と、このアドルが効いてたかも知れないです☆
そんなこんなでおいら以外はHP半分くらいになりながらも、何とかクリアにこぎ着けました(*´∀`)
まあ検証突入だからね(*ノノ)
ひとまず、はじめてとてむずソロ勝てたし、いいんよ(*ノノ)

しかしやってて思うのは、おいらの作戦立案のセンスのなさは言うまでもないけど(;´∀`)ゞ、なんというか、今のモンクは本当にソロ向けじゃないなっていうwww
できることが少ないっていうのは昔からそうだし、わかっていたんけど、昔と違って今のモンクでサポ詩なんかしてたら火力減を補うのが無茶苦茶大変www
フィナーレ使用前提で、ヘイストと火力を落とさないメンバーをもう少し考えないとですね(*ノノ)
あとは、範囲静寂をどうするか、、、

次はひとまず、モ/詩、オーグスト、セルテウス、ヨラン、ウルミア、コルモル辺りで、山彦大量に持っていってみようかと思います。
火力不足を直接補うことはできないメンバーだけど、セルテウスが連携かぶせてくるかリジュヴァでTP補充するかのどっちかを必ずしてくれれば、少しはマシになるかなあ(・ω・)
ヘイストII枠は、コルモル博士とアシェラたんの二択で本当に悩む(*ノノ)
セルテウスがリジュヴァをたくさん使うようならば、ヨラン博士へのリフレIIはなくてもどうにかなりそうなので、アシェラたんの方が良いかも知れない。
でもアシェラたんがイラストを使うからセルテウスがリジュヴァあんまり使わなくなる気がするんだよなあ・・・。


この時の戦闘時間は16分でした(*ノノ)☆
やる意味があるかどうかではない、やることに意義があるっ(`・ω・´)
とは言え、もうちょっと戦闘時間短縮を狙いたいです(*ノノ)

果たして「やだ・・・モンク強すぎ!?」なのか否か!?
ひとまず久々の2章ソロなのと、絆がないなーってことで、ふつうから挑戦です(*ノノ)

詳細情報はWiki・用語辞典からガッツリ引用です。

☆2章 コース☆
ふつう:CL119
PT編成:モ/戦、アムチュチュ、アークEV、ヨランオラン、ウルミア、コルモル
作戦:ボスをひたすら殴るだけ☆
敵:難易度に関わらず1体のみ+時々ゴーストがわく

とりあえずヘイストMAXに持っていくため、コルモルとウルミアを呼び出します。
ソロの場合は、コルモルの枠は呼び出し主にヘイストIIを使うキングやアシェラでも可能☆

まず、開幕にアイスパが掛かってるのがうざいです(*ノノ)
難易度ふつうであれば、強化ルーチンの後にコルモル博士がディスペルで消してくれます。
あとは、範囲スタンWSになっているF・レトリビューションていう技がうざかったですwww
見た目は普通のレトリなんだけどなー。
フェイスが上手くフラッシュを合わせてくれると、わりと回避できました。
メメントモーリも、コルモル博士がさくっとディスペルしてくれます。
途中でゴーストが湧いたりしてましたが、ボスのコースを4分ほどただ殴ってるだけで終わりました(*ノノ)
肝心の、モンクだと強いかどうかについては・・・。
ウルスで赤餅を食べたマルチ装備で、おいらの与ダメは1発300前後、3倍撃で900前後、クリティカル3倍撃で1800前後。
これが基準でこの後インピタスでもう少し与ダメ増えていくんだけど、クリティカルの伸びは良い感じだけど、これ、そんなに言うほど格闘特効じゃない気がします。
攻アップの支援フェイスを入れたらもちろんもっと伸びるだろうけど、素の状態だと、特効って感じじゃないなあ。
うーん、前々回の敵の時と比べると、一応、強いは強いんだけど、ふつう相手ならもっとダメージ出るやろーって特効を予想しすぎてたのかしらwww(*ノノ)

☆2章 コース☆
むずかしい:CL124
PT編成:モ/戦、アムチュチュ、アークEV、ヨランオラン、ウルミア、コルモル
作戦:ボスをひたすら殴るだけ☆
敵:難易度に関わらず1体のみ+時々ゴーストがわく

と言う訳で次は同じ編成で、さくっとむずかしいに挑戦です。

なんと言うことでしょう、予想はしてたけど、コルモル博士が全くディスペルを打たなくなりました(*ノノ)
アイスパもメメントモーリもがっつり放置です(*ノノ)ぅぅぅ
こうなるとヨラン博士がパラナ連打やっちゃったりで、MPの消費が激しくなることに。
そして後半、おいらにがっつりタゲが張り付いたところへゴーストの呪詛という技が炸裂(範囲呪い)、ヨラン博士のMPがないところに全員のHPが減っちゃったので、さくっとインナー百烈拳することにしました(*ノノ)
戦闘時間は8分でした☆

噂によるとバニシュ魔のイングリッドが居れば耐性を消せるとかで、格闘以外の与ダメも普通に通るようになるらしいので、タゲの張り付きがある程度防げそうです(*´∀`)
カーズナも優先して唱えてくれるから事故を防げて良さそうっぴ☆

せっかくなので、もうちょっと編成を練ってから再挑戦したいですねっ(*´∀`)

1章の方は、ちょっとかなり面倒くさそうだったのでまだソロお試しはしてません(*ノノ)

前回のVU直後、色々とやる気を失ってたり、あとイオニック作りや、他のキャンペーンで忙しかったこともあって、スルー気味だった前回のアンバス。
1章を数戦して、HQ装備が取れる+αの2万点だけ稼いで、放置してました(*ノノ)
作戦は、黒二人でボスに開幕デスMB×2、コメットMB×1、っていう流行の方式でした。
おかげさまで、タリアHQ一式(σ´∀`)σできました。外見がかわうい装備って、やっぱり気持ちが盛り上がるっぴ♪♪
フレさん、一緒に戦闘した皆さん、ありがとうございました(*´∀`)

モンクでのお試し2章は、結局挑戦せず(*ノノ)
何というか、プラントイドって、ちょっと戦いにくいよね(;´∀`)ゞ 気持ち的にwww

思ったことは。
これでもうアンバスにまんどらたんが登場する事はないと思ってよろしいか!?
ってことなんですが(ノ∀`)
今月のアンバスはまた気持ちを新たに挑戦していきたいですね(*´∀`)

あと、ひとまず、オーメンの方もまんどらたんが出てくることはなさそうですね(*´∀`)
ああ良かった!!
おいらにも、無事、新コンテンツが実装されたっぴ!!

今月も、無事、HQの装備を一式、入手する事ができました。
一緒に戦闘をしてくれた皆様のおかげです(*´∀`) ありがたや☆

最近はあまり両手ジョブを出すことがないので、一端全部モグに預けちゃったけど、預けられる装備っていうのはほんとに便利で貴重ですね(笑)
後でじっくり使い道を考えたいと思います(*´∀`)
たぶんおいらにとってはスレビアより使い勝手が良さそう☆

・・・で☆
なんということでしょう☆
ついに、ガラントリーポイントが、余る事態が発生(゚Д゚≡゚Д゚)
あ、ホールマークの方は、まだ少し消費する物が残っています(笑)

幸い、おいらは4月からずっと、HQ装備を取り逃す事なく入手できていたので、今月のガラントリーでは、チケットAを取る必要はなくて・・・。
マント素材やエンピ素材を取り終わったら、それでもう終わりな訳で・・・。
これからは、ソロ突入推奨ということになるのか・・・!?(゚Д゚≡゚Д゚)(違

もちろん、組める限りはPT組みたいけど(*ノノ) ソロだとやっぱり戦闘面倒くさいしネ(ノ∀`)ww

ガラントリーの方は、装備や換金系アイテムだけというよりも、例えばログポでしか取れない過去の調度品だとかマウントとか、そういうオマケがもっと大量に混ぜてあるといいのになあ。
装備や換金系アイテムじゃなくてあくまでオマケな感じの報酬ならば、ライト層の場合、仮に取れなくたってそれはそれで仕方ないなと割り切れるだろうし、ヘヴィ層の場合でも、同じするならPT組んだ方が良いなという気分になれるだろうし☆

まあ、さっさと卒業しろい☆ということなのかも知れないが・・・(*ノノ)

モンクソロでのお試し挑戦です(*´∀`)☆
詳細情報はWiki・用語辞典からガッツリ引用です。

☆1章 カエルぴょこぴょこむぴょこぴょこ☆
とてやさ:CL119
PT編成:モ/戦、オーグスト、アムチュチュ、ゲッショー、ArkEV、ヨランオラン
作戦:ギミック無視でやられる前にヤル☆
敵:難易度に関わらずボス1体&天乞いを使用すると雑魚5体

・Bozzetto Necronura(ボス ポロッゴ)
とてやさでは、魔法は、火系単体、水系単体、インパクトを使用する。
連続魔を使う。
対象範囲技のクエンチングハンマーが、魔法ダメージ+強化全解除+MPダメージ+TPダメージと凶悪だが、とてやさでは、6つ程強化があってもHPへのダメージは100~300程度と軽い。が、フェイスの立ち位置だとMPはほぼからっぽになる。
超水風船爆弾の方が、一人あたり400前後被弾する。
何らかの条件で天乞いを使用すると雑魚を5体呼ぶ。

・Bozzetto Croaker(雑魚 トード)
それぞれ、通常攻撃に追加効果:毒・麻痺・静寂・暗闇・スロウを持つ。
レジストスリプル持ち。

最初は全く違う編成で挑んでたんだけども、結局、MPがなくなる事と、魔法が単体なのとTPまで消されるのでいつもの範囲回復フェイスがほとんど機能しないという事で、とりあえず最初は一人だった盾役を勝てるまでどんどん増やしていくことにしました(*´∀`)ww
最終的においらが生き残っていれば十分削りきれるさ☆それまで弾避けよろ!!という、絆も助け合いもない殺伐とした作戦です(*ノノ)☆
命中は1130でキャップ近辺。
バーサクインピ等の強化は、一度に使って全部消されるより、なるべく小出しにして少しでも強化が掛かってる状態を長くする方が良さそう?
途中でくらうダウン系の状態異常は、パナケでさくっと治します。

今回は、クエンチングの後の連続魔でオーグストとアムチュチュが立て続けに落ち、さらにその最中のクエンチングで、AAEVがシバルリー発動で貴重なMPを回復したのですがフラッシュを優先した(*ノノ)ために落ち、ゲッショーが空蝉で凌いでいる間に何とか決着しました(*´∀`) 時間はちょっとアビ待ちをして5分くらいです☆
クエンチングハンマーは計3回。他の技は1回ずつな感じ。
天乞いが来なかったので勝てたけど、この編成だと天乞いが来るとアウトかなー(*ノノ)


☆2章 オロぼん☆
むずかしい:CL124
PT編成:モ/戦、オーグスト、アムチュチュ、アシェラ、セルテウス、ヨランオラン
作戦:ボスをひたすら殴るだけ☆
敵:難易度に関わらず1体のみ

・Mnyiri(アクアン類オロボン族亜種オーガーボン)
ヒプニックランプ(範囲睡眠)、ビウィッチングランターン(範囲魅了)は、後ろ向けば回避可能。

命中は1130でキャップしてました。
ひたすら後ろ向きながらWSを撃つ、赤線光ったら後ろ向く、ただそれだけなんだけど、15分少々と意外と時間が掛かりました(*ノノ)
提灯を落とさないと、攻め時を確保しにくいというか、メリハリ付けにくい感じです(*ノノ)
あと、シャドウモード時のアシェラたんは、地味に敵を回復しちゃってました(*ノノ) 先月と同じ罠に引っかかるとは(*ノノ)くっw


今月のは、どちらも、フェイスの編成を工夫すればもっと色々可能性がある感じでした(*´∀`)
とは言え1章の方は、ギミック的にソロを潰しに来てるし、ヘヴィを入れられる人とうまく逃げられる盾できる人が居るなら、あとの4人はどのジョブでもいいから火力装備で押し切れーっ☆ていう戦術が楽なので、人数揃えてその時々で難易度を調整しつつ、1章で押し切るのが早そうっ(*ノノ)

※最近のモンクの装備はこちらになります☆

試行錯誤4日目のアンバス1章とてむず☆
(注※ 数字に弱いおいらは試行錯誤案は出せてません(*ノノ) フレさんやいつも一緒に遊んでくれるお強いみなさんが研究・提案して下さってますありがとうござます!!(*ノノ))
前回、3分を下回った段階でもう十分なペースなのですが、微調整をしたところ、最終的には2分を下回るというペースになってきました。

微調整後の作戦としては、盾、青/黒、青前前、コ/白、の「やられる前にやっちまえ」編成が良さげでした。
青/黒は印サブダクでボスを強ヘヴィにするために必須。さらにディフュージョンでマイティを配ります。
あとの三人のジョブは何でも良いんだけど、もう一人青が居ると、ディフュージョンでエラチック(ヘイストII)を配れるので、どの前衛ジョブが来てもヘイストが足りる状況にできるので便利だなと思ったり。
今回は青が3人だったので、さらにカルカリで1分間の攻撃力アップを追加できました。

ちなみに青が複数いてながら、エラチック配るのに気付くのが遅かったおいらです(*ノノ)すいません。
こういう所の詰めが甘いんだよなぁ。

コルセアのロールは、サムライ&クルケッドカオスで、それといつものディアIIライトライト☆
昨日と比べると風水の支援がなくなっているので、必要命中はちょっとだけ上がった感じ。
今回は、命中1245+赤餅でキャップしてました☆ たぶん1220+赤餅でもよかったかもです☆

そんなこんなで連戦しまくりヽ(*´∀`)ノ

・・・んが☆

調子が良い時はほんとにただただ2分後にクリアで退出となるのですが、時々、アタッカー陣にクエンチングが炸裂する事があったりして?(゚Д゚≡゚Д゚)?
確かに、明らかにタゲが動いたという場面もあったのですが、コレってそれだけなのかなぁ・・・(*・_・)?
ひとまず、誰か一人の火力が突出するのは避けようということで、強い青さんがサポ黒でサブダク係になったり、サポ竜ジャンプでヘイト減らす戦法になったり、シフさんが居ればヘイト取ってもらうとか、そういう対策をすることになりました。
弱い青のおいらはサポ戦ヒャッホイです(*^ρ^*) 
・・・もっと強くなりたいな(*ノノ)w
おいらの場合、手数の少なさがそのまま弱点となっているので、少しずつ、できるところから強化をがるばっていきたいです(*ノノ)

というわけで☆
今回の1章とてむずは、この作戦だと防御性能は一切不要なので、火力装備(ここだいじです(*ノノ))で命中さえ確保できるなら、色んな前衛ジョブの出番だと思うので、これからも楽しく連戦できるといいな♪♪ヽ(*´∀`)ノ


ちなみにおいらのモンクは、火力装備だと命中1100ぐらいなので、短期決戦ということを考慮して集中&アグレ同時乗せで命中+60と計算してもまだスシの範疇ぅぅぅ
みんなが赤餅以上の食事してるのに一人スシとか・・・くっ(>_<)


すっかりとてむずカエルに翻弄されているおいらです(ノ∀`)

初日、ナ盾に前衛二人、白白学の編成で、強化を極力減らしーの前衛はMP減らしーので、盾が釣って端っこで戦闘場所固定して後衛は敵から離れて、天乞いは寝かせ前提で、前衛は被弾したら後衛位置まで走って回復をもらったらまた戻るという作戦で、何とかボスを倒すことができて、それからも色々あったけど(笑)とてむず勝利をもぎ取ったのですが☆
ちなみにボス討伐時点で雑魚が沸いていた場合、雑魚も倒さないといけません(*ノノ)
おいらは主に白魔や学者での参加で、ほとんどログが見えなかったことだけがザンネン(*ノノ)

二日目、次にフレさん達に合流した時は、全く違った作戦になっていましたΣ(゜□゜)
獣・・・? 召喚・・・・?(゚Д゚≡゚Д゚)
と言う訳で今度は、ナ盾に召召、獣、風コの編成で、いつも通り盾が釣って端っこで戦闘場所固定して、削りはふりしぼった虎&交代で出てくるガルーダ、合間にニャンコが交代で出てきてニャーニャー鳴く、という作戦でした。
これで敵のTPは常に0になるので、天乞いは封じる事ができます。
また時々飛んでくるガ系魔法も、遠くからペットを当ててギリギリの距離から指示を出せば本体には当たらず、ペットならば瀕死にならずいたわるで回復が間に合うので、連続魔は避けるけどそれ以外はいちいち避けたりせずに攻撃に専念できます。
デスを封じることはできなくて度々発動してましたが(*ノノ)、その場合2番目のヘイトは大抵虎だったので、盾が復帰するまでの間、もどれをした虎とボスを連れて一周しつつ、復帰した盾の所へ連れて戻る感じで対処は簡単でした☆
おいらは主に獣使いや風水での参加で、ようやくちょっと前線のログを見ることができるようになりました(*´∀`)w
召喚について全く詳しくないので、「実は見えない苦労があるんだよww」だと話が変わるんだけど、おいら的にはこの作戦は事故が少なくて安定してるという印象です(*´∀`) デスの頻度にもよるけど、戦闘時間は大体5分でした。
難点は、召喚さんを二人集めるという点か(*ノノ)


そして三日目。
何やらまた青魔が復活したという噂が。あれ? マジで? と言うかモンクの出番はまだ?(゚Д゚≡゚Д゚)
今度は、盾、青青前(但し青はサポ黒)、風風、で、ついに3分切りの世界へ突入です。
青は基本物理殴り特性をセットし、それにサブダクを追加しておく。開幕に盾がヘイトを上げ、青/黒が印サブダク、後は走る盾を追いかけるカエルをひたすらみんなでポコるだけ。
おいらはなんちゃって青魔での参加で、命中1220ぐらい+肉食で、命中率は9割超えてた感じです。
この時は青三人で、シャンシャンシャンでクリア☆ 光連携は普通に通ってました。


明日も、また違う作戦になってたりして(*'-')

今日から始まった10月のアンバスケード(*´∀`)
今回も初回から6人PTで1章にのりこめーヽ(*´∀`)ノです☆

まずは「焼印入手のために1章やさしいをさくっ☆とクリアしよう」ということで、突入したのですが・・・ですが!www

[16:19:28]ナイト「じゃあおためしーw」
おいらは青魔での参加です。様々な強化を施し、やさしいなんざ瞬殺やでーーとつげきぃーーー

30秒後。

Bozzetto Necronuraは、クエンチングハンマーの構え。
Yozukiは、ヘイストの効果がきれた。
Yozukiは、分身の効果がきれた。
Yozukiは、プロテスの効果がきれた。
Yozukiは、シェルの効果がきれた。
Yozukiは、バストンの効果がきれた。
Yozukiは、バブレイクの効果がきれた。
Yozukiは、攻撃力アップの効果がきれた。
Yozukiは、カオスロールの効果がきれた。
Yozukiは、サムライロールの効果がきれた。
Yozukiは、INTアップの効果がきれた。
Yozukiは、マイティガードの効果がきれた。
Yozukiは、Bozzetto Necronuraに倒された……。
Bozzetto Necronuraは、クエンチングハンマーを実行。
→ナイトに、3356ダメージ。
→コルセアに、1724ダメージ。
→黒魔に、2014ダメージ。
→Yozukiに、2020ダメージ。
→白魔に、713ダメージ。
→青魔に、1773ダメージ。
Bozzetto Necronuraの連続魔!
[16:19:54]Yozuki「wwwwwww」
いきなり範囲大ダメージが炸裂です。おおおうう・・・やさしいで開始45秒で全滅一歩手前とは新記録やでぇ(*ノノ)

ログを後から見直して気付きましたが、食事はこの技では消されてなかったです。

このあと、おいらは時間になって途中抜けたりしたんだけど、色々と試行錯誤した結果。

クエンチングのトリガーは・・・
 範囲内のPTメンバーのMPとTPの総量? 強化の数もトリガーに入るのか?
クエンチングの被ダメージは・・・
 HPとMPとTPに及び、強化の数で被ダメージが決まる・・・? でも白が少なかったのは?
クエンチングの効果範囲は・・・
 こちらの魔法有効範囲よりはるかに広い。大体敵のログが見える範囲ではくらう感じ。

その他のとてむずのボスの特徴
使用魔法は、火、水、デス、メルトン。デスは複数回くる。
連続魔を使う。
HPは多くない。
回避もたぶんそんなに高くはない(とてむずは自分では未確認)
サイレスはハック前提。
スリプルもハック前提。
天乞いを実行すると雑魚が5体わく。
雑魚は追加状態異常持ち。レジストスリプル持ちだが、魔命を盛れば寝る。ブレイクは完全耐性。

むずまでは、踊り子複数でみんなで殴れーもかろうじて可能だったんだけど、とてむずではムリだったもようです(*ノノ)
おいらはとてむずは、突貫工事な学者での参加だったんですが、何しろログが見える位置には立てないので、何が何やら(ノ∀`)
やってて思ったのは、わいた雑魚を一発ですぱっと寝かせられれば、盾役の行動に支障をきたすこともなく、あとはアタッカーが息を合わせて戦ってればあっという間、という印象。
雑魚寝かしでグダると、寝かし役がボスの近くに居る状況で、白魔までボスに近づかざるを得なくなり、クエンチングのトリガーを引きかねない・・・かなあ・・・。

まだまだ謎に包まれてる1章とてむずだけど、何とか色々調整しつつ、がるばりたいですヽ(*´∀`)ノ

10月のVUが11日と発表されて、期限がハッキリしたアンバスケード☆
今日も、1章とてむずで追い込みです(*´∀`)
相変わらず戦闘大好きフレさんにお世話になっています(*ノノ)ありがとうありがとう!!

編成や作戦の詳細は2016年9月29日の記事に書いていますが、フレさんを起点とした基本野良編成です☆
よく来てくれる人も多くてそういう時は半固定状態になりますが、それでも担当ジョブが変更になる事も多く、その辺りが、新鮮さが損なわれないことに繋がってるのかな☆と思ったり(*´∀`)

この日の編成は、ナ/戦、シ/忍、青/忍、詩/白、コ/白、白/学。
おいらは青魔で参戦ですヽ(*´∀`)ノ
ちょこちょことアクセサリやセットを変えたりして、今日はマルチクリティカル装備で命中1235(雑魚用)、命中マシマシ装備で命中1317(ボス用)です。
これに特上スシを食べて+100、さらにマドやハンターをもらいます。
これで雑魚に対して命中率93%くらい、クリ率は62%くらい☆
ボスに対しては命中率84%くらい。キャップはしてないけど、遁モード中に連携を2つ、撃つぶんには問題なしです(*´∀`)

おいらはしばらく白魔が続いてて久しぶりの青魔だったので、最初はちょっとドキドキしてたんだけど、この日はとても強いシーフさんと、凄腕の詩人さんが来られて、このお二人がいらっしゃると難易度が1つ下がるような感じなので(*´∀`) 10分ちょいで改完封で連戦できましたヽ(*´∀`)ノ
強い人とすごい支援受けながらの攻撃ってほんと楽しい(*ノノ) これでモンクであったなら・・・w(*ノノ)

欲を言うなら、野良の1章とてむずがもうちょっと流行ると、いいんだけどなあ(*´∀`)☆
正直面倒くさい敵だったりするんだけど(*ノノ)、何回かしてみると、初見で感じたほど理不尽な相手という訳ではなかったので、力を合わせれば勝てる感じなのがわりと好きです(*´∀`)
はぢめて微塵改で全体引き寄せ食らった時はほんと絶望で爆笑したけどwww(*ノノ)ぴ☆


今日やってみて思ったおいらメモ☆青魔編

ディフュージョンでの強化配りは、やぱし開幕にマイティガードが良さそう☆
ヘイスト効果的にはエラチやヘイストと戴冠でキャップらしいのですが、マイティには物理防御、魔法防御、リジェネもあり、これが敵の数が多い序盤に地味に効いてきます。比較してみてそう感じました(*ノノ)

Nメディテイトは、ナイトウィブルマムとボスで使うといい感じでした。他の敵は、エラチのかけ直し以外はいちいち強化したりせずに、殴りに専念です(`・ω・´)

イレースが必要な回復にはやっぱり虚無の風が便利だなと思いました(*´∀`)
詠唱中に手が止まるため、ボス戦で連携直前だとかはムリに唱えることはないですが、序盤の敵の数が多い状態ではいろんな異常が飛び交う可能性があるし、白魔が異常に巻き込まれる可能性も0ではないので、セットオススメです。

※10/03 一部修正しました☆

今回は、1章とてむずに、青魔や白魔やコルセアのジョブで参戦してます☆
作戦&編成など、戦闘大好きフレさんにお世話になりっぱなしでございます(*ノノ)
ちなみにモンクはおいらの装備では必要命中に達(略

青の場合、おいらはREM等は持っていないので、この時の為(?)に、タンモガイ×2、アブノーバカフタンを準備して、特性物理命中の青魔法を全て乗せました。
おいらの青魔はギフト500前後なので、特性ボーナスは+1止まりだけど、物理命中全部乗せで、マルチクリティカル装備で素命中1250、命中マシマシ装備で素命中1320まで何とかこぎ着けました。
これに特上スシを食べて命中+100です。
これで雑魚に対しての命中はキャップ、クリティカル発生率は大体61%くらいでした☆
ボスに対してはやや命中キャップせず? ロールや歌が切れた途端きつめになります(*ノノ)

白で行く時は、武器はクェラーロッドを準備しました。
・・・・めっっっっちゃヤグルシュが欲しかったとです(*ノノ)
とりあえずヤグ無しで行く場合は、ヘイスト支援&異常回復の分担をした方がいいと思います(*ノノ)
特にボスのみになってからが、状態異常の回復が大変になる時があるので(範囲悪疫&スロウがあって、毎回それにウィルナ&イレース&ヘイストが必要になる)、白以外に最低もう一人はサポ白で補助できる人が居るといいかなあと思います。
おいら達の時は白&サポ白2人の支援3人体制で、前衛一人に対して支援回復一人が担当に付くという形になってます(*ノノ)
この編成の利点は、白に何かあって動けなくなった時に他の後衛さんで対処が可能という点。頼りない白で済まぬぅぅw

コルセアの時は、おいらの場合即席で仕上げただけなので(*ノノ)、基本的にロールを振ったら後は離れて状態異常回復と、ヘイスト等の補助です。
正直ギミックやら連携やらがあって全力で攻撃しても良いタイミングが少ないので、コルセアの火力はあまり求められないかなと。
ロールを振るタイミングや、アビを使うタイミングの方が重要だと思います。

ここから、短くまとめようと思ったけど全くまとまらなかった(*ノノ)自分用備忘録☆
基本、野良編成な感じです☆

☆編成
フレさん達と一緒に挑戦するようになって、やりやすいなと思ったのが下記の編成。
盾/戦、忍/戦、前衛/忍、コ/?、詩/?、白/?☆
盾枠はナイトか魔剣☆ 魔剣の場合、開幕の数秒は、かなり回復厚めが良さそう。
アタッカーの内、一人は身替わりが使える忍がいると安心☆(居なくても攻略は可能)
もう一人は光と闇の連携が作れる相手で、命中を確保しやすい青や、クリティカルを出しやすいシ、踊辺りがやりやすそう。
ボスのデカセートが即死級の範囲技なので、アタッカーの2人は必ず空蝉を使えるようにする。幻影系では回避できない。

☆作戦
開幕に寝かせて1体ずつ戦闘、雑魚はクリティカルでもやもや消し、ボスはもやもやしたら闇&光連携☆

☆連携パターン
青&忍
 闇:シャンデ>秘 光:サベッジ>瞬
 順序はどちらからでもok
忍&シ
 闇:秘>ルドラ 光:瞬>エクゼン、シャーク
 シーフを後にして可能なら不意玉を合わせる
 不意玉は単発WS時でもok 騙しは忍にいれる
青&シ
 闇:レクイエス>ルドラ 光:サベッジ>マンダリ
 シーフを後にして可能なら不意玉を合わせる
 不意玉は単発WS時でもok 騙しは青にいれる

☆強化
盾役は、全方向からぽこられるのでそれに対する備え☆
アタッカー陣は空蝉。リレイズに関しては、アレイズや高位レイズで起こす事もあるので即起きずに指示待ちで。
白はリレイズ、プロシェル、バファイラ、バアムネジラ、アディデック。
バ炎系は対ウィヴルマム用。アディデックは、後半かけ直すならボス戦開始前に(デカセート回避のため)。
コルセアのロールは、雑魚のもや消しの段階ではクルケットローグズ&ハンター。ボスではサムライ&ハンター。後衛にはワーロック&エボカー。基本的にバストは避ける。
詩人の歌は、下地歌を歌いつつ、ロールが2つ完了したら、4曲の場合はナイトルマドマドマチマチ☆
詩人さんの合図で、盾が突撃☆

☆開幕
盾役が突撃して絡まれて1回アビ、一拍遅れて子竜が3体沸いたらもう1回アビ、で素早く敵をまとめて、素早くナイトル有りの達ララバイIIで寝かせる☆(絶対にウィヴルマムをターゲットにしないこと)
素早くまとめて素早く寝かせるのがとても大事☆
ヘイトに関しては、一人が感知されたら全ての敵にPT全員がヘイトリストに載るタイプなので、個別に挑発等を入れなくても、ヘイト高めの自己強化アビで全部の敵を引きつけられる。
子竜とウィヴルマムが完全耐性で寝ないけど、その他は詩人さん曰くアビ有り時は時間延長装備で、アビなし時は魔命装備で寝かせるとのこと。
ただし、時間延長装備で寝かせるには相当の魔命が要る模様(*ノノ) 必要に応じてサポ風もオススメ☆
魔道士マムが、SPアビで女神の祝福を必ず使用、またケアルガも使うことがあり、その時に敵が全員起きるので再度寝かし直しが必要になる。
ライトショットでは普通に寝るので歌寝かせが厳しい場合はコルセアで寝かすのもあり。

☆戦闘場所
雑魚処理は、中央付近のその場のまま。
ボスのみになった時点で、微塵改から逃げる距離を稼ぐため、壁際に移動する。

☆倒す敵の順番
おいら達の場合は、竜騎士マム→残っていれば子竜→モンクサハギン→魔道士マム→ナイトウィヴルマム、で忍者ボス☆
ウィヴルマムは寝ないので、最初に倒すか放置するか順番は悩むところだが、基本的に削りにくくかつ攻撃が弱く放置してて問題のない相手なので、最後に回しているとのこと☆ また、もや解除後に対ボス戦用の強化かけ直しを近くでするのもしやすい相手☆

☆雑魚のもやもや解除作業
アタッカー陣は、クリティカル重視の装備で通常攻撃のみで戦う。
忍は陰忍使用、必要であればディフェンダーも使いつつ、解除できるまで削りすぎないように攻撃力を抑える。雑魚に対してアフターマスは発動しない(笑)
万一削りすぎて解除前に敵を倒してしまうとアウトなので、もし前半にWS使用する場合は慎重に☆
「ボスからのプレッシャーが弱まる!」のログが出てもやもやが解除できたら、WS解禁で全力で倒す☆
子竜を除く敵は全て、ダメージ有りの魔法や弱体魔法に対してカウンターWSを使用してくることがあり、これらを後衛陣が受けると危険なので、敵に対する弱体魔法は「その敵が睡眠中に」する。
寝ないウィヴルマムに対して魔法・歌を掛けることは厳禁(他敵をターゲットにした範囲に巻き込むのはok)。
敵に魔道士マムが居てそいつが強化を掛けまくっているので、睡眠時に少しずつフィナーレで消す(特にボスに掛かっている強化と、魔道士マムの強化を消す。他の敵はムリする必要なし)。
戦闘中の起きてる敵には、スロウエレジーなどの弱体は一切なし。

・Bozzetto Lancer(闘争王、左前)
竜騎士、SPアビ竜剣、睡眠有効、感知後に子竜を3体呼び出す。
子竜は睡眠完全耐性で、なぜかわいた後に後衛陣に向かっていくことがほとんどなので、盾役が素早くアビで集めることがだいじ。
竜剣時に3体とも吸収し超攻撃力アップ。一定時間後にまた3体召喚する。その場合、本体の後に子竜を倒す。

・Bozzetto Moraingist(水月王、左後ろ) 一人だけサハギン。小柄。
モンク&詩人、SPアビ百烈拳、睡眠有効。
サッカーパンチとハイドロショットがヘイトリセットでタゲがふらつきやすい。
体感では一番弱く、解除前に倒しそうになることが多い印象。一人納刀するなどの調整も考える。
戦闘終了後のように見えるタイミングで解除ログが出る事もあるので、ひとまず最後まで戦う☆

・Bozzetto Eudite(賢哲王、中央後ろ)
白魔&黒魔、SPアビ女神の祝福、睡眠有効。
パライガ、サイレガ、スリプガ、スロウガ、ケアルガ、プロシェル他、起きてる時は面倒くさい。
この戦闘では白は服毒等睡眠対策必須。
ショックスパイクを使用することがあるので、その場合のみ、フィナーレかダークショットで消す。
但し魔法カウンターでレステアサルト(単体ダメージ+静寂)が飛んでくる可能性に注意。

・Bozzetto Protector(騎龍王、右前) ウィヴルに乗ってる。
ナイト、SPアビインビン、睡眠完全耐性。
魔法カウンターWSのサイクロニックフレイム(単体ダメージ+静寂+アムネジア)が、アムネ3分? とかいう極悪仕様なので、これに対してはとにかく魔法厳禁。フラッシュも×にした方が良い。
インビン時にヘイトが特殊になり、9割ぐらいの確率で詩人さんに粘着する(*ノノ)ので、盾役がナイトの場合はかばうで対応。
このヘイトは、おそらくそれまでに盾役が稼いでいたヘイトが別のPCのヘイトと入れ替えなので、ウィブル戦での盾役は、あらかじめヘイトを稼ぎすぎないようにするといい。

4体目のもや解除後、まだ4体目と戦ってる時に、対ボス戦用のロール切り替えなどの強化を開始するといい。

☆ボス戦
・Bozzetto Autarch(ボス、中央前)
忍者、SPアビ微塵隠れ改(何度も使用)、睡眠有効。
微塵改を回避する距離を稼ぐために、壁際で戦う。
雑魚4体のもや解除ができていれば、普通の姿で戦闘開始。
要注意技その1マイアズマ、自身中心範囲、強スロウ+毒+悪疫、空蝉貫通。
初回の発動に白が女神の印愛撫ウィルナを合わせる(ヤグあれば印不要)。これで3分間、5回分の悪疫が防げる。
なので他の人にはイレースから詠唱してもらうようにする。ヘイストのかけ直しは分担して迅速に。
要注意技その2デカセート、 自身中心範囲、即死級物理ダメージ、空蝉2枚消費。
アタッカー陣は常に空蝉2枚以上維持、詩人とコルセアは近づく際に注意を(>_<)
要注意技その3 ヒモトクシンホイール、単体(遠隔攻撃)、瀕死級物理ダメージ+毒+魅了。魔法カウンターとしてこのWSが来た場合、ほぼ瀕死ダメージな上にスリップと魅了で助からない事が多い(>_<) フラッシュも×にした方がよい。
が、コルセアには、ディアII&ライトショット&ライトショットという重大な役目があるので、ストンスキン等極力対策をして、敵が他の技を使用中な時を狙って、可能な限り迅速に役目を果たす(>_<) 以降もディアII管理はコルセアの役目になる。
途中で、空蝉参&もやもや発生→火遁→(略)→風遁→氷遁という遁回しモードになると、その直後に微塵隠れ改が発動する。
遁回し中は他の技が来ないので、空蝉参は必ずディアガや達ララバイなどで素早く消す(壱や弐はカウンターWSをもらう可能性があるので手出ししない)。
遁回し中に、闇連携&光連携を決めることで、ほぼ確実にもやもやを解除する事ができる。
それでも解除できなかった場合は、盾役と忍者以外逃げることになるが、遁回し中は誰か一人でも離れすぎると全員引き寄せられるという鬼畜仕様。
が、氷遁~微塵の間に限り、引き寄せしないので回避可能。コレに気が付いた人は本当にマジでスゴイです☆
なので、忍者は、風~氷で身替わりの術を使用、盾役はナイトならばイージス、ランパート、フィールティ使用、魔剣ならワンフォアオールや、Eなんとかを使用。それからスケルツォ。他に、ケアル6での最大ソラスストンスキンも付ける。
逃げる人は、風遁で納刀して後衛位置に立つ。氷遁でスタート、ダッシュで逃げる。
アタッカーは死なれるのが一番痛手なので、迷うくらいなら逃げる。
走る距離は、戦っている壁際から見て、ほぼ反対側の壁まで逃げればok。微塵改の発動ログが見えるとこだと大体アウト(*ノノ) 直線的に走るようにしてギリギリな感じです。
微塵改は、シェルラVの上から99999ダメージが前提になっていて、女神の聖域は軽減効果はあるけどちょっと軽減率が届かないなあという感じ。羽衣は上手くいけば回避できるようなのですが、おいらがHP半分ほどで助かって他の人がちんでるという状況があったので、確実ではなさそう(*ノノ)
盾役は衰弱状態でも盾可能なので、盾とアタッカーの両方が倒れていた場合、盾にレイズIII>アタッカーにアレイズで起こす。
アタッカーが復帰次第、削り再開。
遁回しのもやもやはHPが減る毎?に何度も来るので、その都度連携で解除する。
もやもや時以外は連携しなくてもいいので、とにかくアビ全開で削りまくる。
上手くいけば改完封♪♪


今月は、初日からPTで挑戦することができたので、わざわざソロで挑まなくても良くなったのですが、月ごとの比較の為に、やはりモンクソロで挑戦しておこうと思います(*´∀`)
やっぱり、モンクでのお試しはだいじなのっぴ(*´∀`)

とてむずPT用の記事はこちらです→「2016年09月29日 今月も連戦」

詳細情報はWiki・用語辞典からガッツリ引用です。

☆1章 鱗軍団☆
とてやさ:CL119
PT編成:モ/戦、オーグスト、アシェラ、セルテウス、ヨランオラン、コルモル
作戦:ギミック無視で雑魚討伐からのボス
敵:難易度に関わらず5体&子竜3体
・Bozzetto Autarch(ボス、中央前)
 忍者 微塵隠れ使用(今回来る前に戦闘終了) 睡眠有効
 空蝉参→火遁→(略)→氷遁回しの後に微塵隠れ
 誰か一人でも離れすぎると全員引き寄せられる
 が、氷遁~微塵の間は引き寄せなしなので回避可能
・Bozzetto Eudite(賢哲王、中央後ろ)
 白魔&黒魔 女神の祝福使用 睡眠有効
 パライガ サイレガ スリプガ ディアガIII スロウガ プロシェル他
・Bozzetto Lancer(闘争王、左前)
 竜騎士 竜剣使用 睡眠有効
・Bozzetto Moraingist(水月王、左後ろ) 一人だけサハギン。小柄。
 モンク&詩人 百烈拳使用 睡眠有効
・Bozzetto Protector(騎龍王、右前) ウィブルに乗ってるアレ。
 ナイト インビン使用 睡眠完全耐性
・Bozzetto Wyvern(Lancerが感知後に3体呼び出す)
 竜剣で吸われた後、時間経過で再度出現? 睡眠完全耐性

開幕は、計8体がしっちゃかめっちゃかになる乱戦となる。
耐性持ちのヨランがいれば、睡眠と静寂は心配しなくて良いので、ある程度固まって戦う方がいい。その方がセルテウスとアシェラの範囲回復が発動しやすい。
とてやさであれば1体1体は強くないし、それぞれの技も強くないので、落ち着いて各個撃破。
例)とてむずボスのデカセートは即死級物理範囲→とてやさでは一人300~500程度の被弾で済む。
例)とてむずでの弱体カウンター技は即死級→とてやさでは1000程度の被弾で済む。
とてむずで威力を目の当たりにしたデカセートが、とてやさでどれだけ食らうのかが心配だったんだけど、むしろ丁度良い範囲回復のトリガーになっていたので、とてやさではサポ戦可能☆
一応クリティカル重視装備で雑魚を殴りましたが、クリティカル発生率30~35%くらいで、もやもやはどれも解除できませんでした。体感では、もや解除にはクリ率50%以上は必要な感じ。
とてやさは命中1100前後で命中率気にならない程度。

フェイスの絆がない時のみんなのHPはコレぐらいです。

☆2章 ノールたん☆
むずかしい:CL124
PT編成:モ/戦、オーグスト、アムチュチュ、アシェラ、ヨランオラン、コルモル
作戦:ボスをひたすら殴るだけ☆
敵:Lycaon(ビースト類ノール族) 難易度に関わらず1体のみ

ディスペルをしてくれるのは良いが、アシェラを呼んだのは失敗でした(*ノノ) シャドウモードでの通常攻撃で敵を回復しちゃう&今回は大勢が被弾する事がないので、回復技が発動しません。
むしろ、光連携目当てでセルテウスを呼んでも良かったかも。光連携はモンクが〆ればいいダメージが出ます。
他にも、攻撃支援よりのフェイスでも良かったと思います。
念のため盾フェイスは二人呼び出し、カット装備をした上で近づき、盾二人の間が120度くらいの角度になるように立たせて抜刀です。最後までどちらか一人でも生き残ってくれないと、モンクは手数が多いためカウンター死があり得ます(*ノノ)
結局、終盤にタゲ張り付いちゃうんだけども(*ノノ)
序盤は四つ足で防御が高く、途中から立ち上がると防御が下がります。月齢は関係ないとのこと。
フェイス盾だと、タゲが来ないように若干火力調整しないといけないのが面倒だけど、ギミック的には何も考えずに殴り倒せる相手でした(*´∀`)
フェイスさえ持ってくれれば、とてむずでもいけそう☆


※最近のモンクの装備はこちらになります☆

今月は、出だしこそ色々試行錯誤したものの、攻略方法がわかってからは、快調にポイントを稼ぐことができました。
最初の一週目は、フレさんに誘って頂き、2章とてむず連戦でポイント稼ぎ☆☆
さらに1章のポイントが倍になってからは、初の1章連戦です(*´Д`*)
お誘い頂いて本当にありがとうございます(*ノノ)
1章では、最初は黒魔で、最近は風水士で参加してたりします。武器はソールスティスですハイwww(ノ∀`)

見ていて思った1章のコツ☆
ボスに暴れられては困るので、とにかくボスに対しては速攻第一が鉄則。
つまり、突入後、PTメンバー達は感知されない場所でそれぞれ強化したりしますが、そこから戦闘開始の流れとしては。

1) 全員:基本的な自己強化は済ませておく
   風水:インデ魔法、エントラインデ魔法まで掛け終えておく
2) 白魔:女神の聖域発動 & 風水:グローリーブレイズ発動 & 盾役:抜刀
3) ==戦闘開始==
   盾役:ボスの正面へ近づき、ヘイト高めの自己強化系アビ使用
   風水:ボスに対して即ジオ魔法設置&デマテリアライズ
   盾役:その場が戦闘位置、引き続きタゲ取りアビ使用
   学者:ジオ魔法見たら即震天連携開始
   白魔:必要に応じて回復

問題は3の段階なのですよね、ここが躓くとダメになっちゃう(*ノノ)
盾役の1回目のアビ使用と風水のジオ魔法設置は同時ぐらいでもいい。
で、学者が連携開始コールをする。戦闘開始からここまでは約1~2秒。
これで震天連携がきちんと発動してMBが決まれば、まず負けはないかなあと思います。

ありがちな失敗としては、距離をおきすぎていて、ジオ魔法や震天魔法がボスに届かなかったりすること。
盾役がアビを使い損ねてたり、ウロウロしちゃったりすること。
黒が弱すぎること(*ノノ)
これらさえなければ大丈夫かなと思います。

そんなこんなで、今月も無事HQ装備一式(σ´∀`)σです☆ わーいわーい☆
ジャリ装備の使い道・組み合わせについては、これからじっくりと考える予定です(*ノノ)
いくらワードローブ34を解放したからと言って、5つずつ装備が増えていったんでは持ちきれないので、厳選していく方向です。
ジョブマントもゆっくり見直ししていきたいなあ~。

☆オマケ☆
エルヴァーンにこの両手剣似合いすぎーー☆☆ かっこええのう(*´Д`*)

敵に対して構えると、シャキーンっ!! て感じで光の刃が出てくるんですな☆

事実はきちんと受け止めよう(*ノノ)という今回の記事。

最近は、フレさんに誘ってもらって、アンバス2章とてむずに通っています(*´∀`)
で、フレさんのご厚意で、「モンクでアフターグロウ配って^^」ということで、お言葉に甘えてモンクを出させてもらってた訳ですが・・・。

ですが・・・(*'-')・・・

つまり。今までは、他に新REMを持っている方がいらっしゃらなくて、それでモンクでアフターグロウを配っていたわけですが。
今日は、比較的おいらと似た感じの装備に、新REMを持っているシーフのフレさんとご一緒する事ができたので、「ああこりゃトータル与ダメ負けるな~~(ノ∀`)」とは思ったものの、果たしてどれぐらいの差が付くのか、興味がわきましてですね☆☆
しっかり与ダメージを数えました(笑)
そして、驚くべき事実が浮かび上がったのでした・・・!!!

編成は、ナモシ踊白+コルモル。

端的に言うと。
シーフのフレさんの削り量 約105,000ダメージ
モンクのおいらの削り量 約56,000ダメージ
※合計の数字ではなくて、割合の方を見て下さいネ。

だめぇーーーーダブルスコアも差付けられてるようではダメェェェェェヽ(´Д`;≡;´Д`)丿
ある程度の差が付くことは覚悟していたけど、まさかここまでとは。
集中バーサクアグレ、インピ猫足ウォークライ、使えるアビはSP以外全部使ったんだが・・・

う、うーん(*ノノ)
お互い、シニスター装備&アデマ&ルオンアクセ、な感じで、アクセや防具で若干の違いがあるにせよ、大体似たような装備具合で、こんなに差が付いたらアカン・・・・wwwwwww

もちろん、2章とてむずクリアに関しては、モンクでも全然okです。
ただ具体的な削り量としては、おいらの場合はこんな感じだったってことです(*ノノ)

そしてさらに追い討ちをかける事態が(*ノノ)

とりあえず、今日のPTでは、シフフレがアフターグロウを配れる訳で、コレはおいらのユニクロ青魔を出すチャンスと言えます。
おいら以外は全く同じ編成、全く同じ作戦で、おいらだけモから青へチェンジ。開幕にマイティガードを配る作戦で行きます☆☆
つまり編成は、ナシ青踊白+コルモル。

すると、どうなったかって言うと・・・・・

おいらの削り量が上がった&クリアタイムが30秒以上縮んだ/(^o^)\

うん、マイティ配る&エラチックで自己ヘイストIIが掛けられるからその分、他の人がコルモルからヘイストIIもらうのが早まる訳で、クリアタイムが縮むのは理解できる。30秒以上が妥当な時間かどうかはともかくとして、縮まないとむしろおかしい。
だけど削り量が・・・

端的に言うと。
シーフのフレさんの削り量 約81,000ダメージ
青魔のおいらの削り量 約67,000ダメージ
※割合の方を見て下さいネ。

グロウがもらえる環境だと、ユニクロ青魔で簡単にエンピモンクを越えられるんだって言う(*ノノ)
うわー・・・ そうだったのかー・・・・・ 知らなかった・・・・

さすがにコレは愕然としました。。。。

はーこれはもーモンクの調整がすっげー楽しみだわー
すっげー伸びしろがあるわー
ぜってー調整来るよな??(ノд・)

とりあえず、明日からのアンバスは、アタッカー枠での参加ならば、青魔かな(*ノノ)

※最近のモンクの装備はこちらになります☆

PTと言っても、二人PTである(*ノノ)
コンテンツは、アンバス2章むず。

やってみた感想としては。
とにかく詠唱中断されまくりだった(*ノノ)

うーーーーーーん。
アビリティに関しては、効果時間とリキャスト時間が腹時計で計れるようになるまで、繰り返すしかないんだけど、マクロ周りはまあまあ何とかなりそうだったんだけど・・・。
詠唱中断されまくりなのどうするよ。

問題点は2つ。
・ファストキャスト装備がほとんどないから、ちんたらと長時間詠唱する羽目になって、中断を食らう。
・詠唱中断率ダウン装備がないから、中断を食らう。

コンテンツがアンバスだったので、基本的にアビリティさえ使えてればタゲ維持に関しては問題なかったし、クリアどうこうというのに影響があった訳ではないんだけど、とにかくまともにケアルIVが唱えられないのは、いざと言う時に困るなあという感想です。
王様でも、ここまで中断くらってたかなぁ・・・? 体感では王様より中断くらってる気がします。
まあ、3体から殴られるので、そういう意味では中断されやすい状況ではあるけど・・・

分かってる(*ノノ)
装備をケチってるから、カット50とHPを高くするだけで精一杯で、FC装備や詠唱中断装備に着替える事ができないんだってことは(*ノノ)
うーーーーーーーーーーーーーーーーーん、HPをもう1ランク落として2600ベースくらいにすれば、かなり着替えやすくなるけど・・・。
絆ありの王様のHPが大体2700くらいだったような気がするんだよなー(*ノノ)
絆ありの王様よりカッコイイナイトになりたいい(*ノノ)

とりあえず、もっと装備を見直そう☆☆
幸い、おいらのフレさん、7割ぐらいの方がナイト経験者さんだしねっ☆☆
いろいろお知恵を拝借できるハズだっ☆☆
・・・装備が全然違うという気がしないでもないが (゜ーÅ)

8月のアンバスケードマラソンが始まりました(*´∀`)
今回、特筆すべきは、音楽がかっこよくなった!!!ヽ(*´∀`)ノ という事ですねっ☆☆
新曲嬉しいなあ(*´Д`*) バトルBGMがかっこいいっていうだけで、飽きてきたコンテンツが2割増しで面白く思えてくるから不思議ですwwww

ということでまずはいつも通り、モンクソロ&フェイスのみなさんにて、お試し突入でっす☆
やっぱり、まずはモンクで試してからなのっぴ(*ノノ)

☆1章 巨人軍団☆
とてやさ:CL119
PT編成:モ/踊、オーグスト、ゲッショー、アシェラ、セルテウス、ヨランオラン
作戦:エンケラドスをひたすら殴るだけ(*ノノ)
・Bozzetto Enceladus
  真ん中手前に立っててボスっぽいなーと思ったけどボスじゃないらしい(*ノノ)
  →倒しても雑魚は消えないけど、ボス格であってました
  開幕オーグストのフラッシュをレジってた
  マルキュリなんちゃらをしょっちゅう撃ってくる 明鏡止水を使用
・Bozzetto Swiftshooter
  カタパルト イーグルアイ 氷・雷の咆哮を使用
  いかにも狩人タイプな動き
・Bozzetto Marshal
  マイティストライク グランドスラム 衝撃の咆哮を使用
  あまり個性を感じなかったです(*ノノ)  
敵の初期配置は、とてやさだと3体。
巷の噂で、1章の敵はMPにダメージを与えてくる技があるぞー、と聞いたので、さぽ踊です。
でもぶっちゃけサポ踊のワルツは知れてるので、昏睡薬の方がだいじかなーって思っていたら、こちらは範囲を食らいまくりでリジュ&イラ祭りでした。とてやさならギリギリちなない感じでエキサイトです(笑)
で、エンケラドスを倒したらokかなと思っていたら、1章はきちんと全員を倒さないとダメでした(ノ∀`)ww


☆2章 アクロリス三人組☆
ふつう:CL119
PT編成:モ/戦、アムチュチュ、セルテウス、ヨランオラン、コルモル、リリゼットII
作戦:ボスをひたすら殴るだけ(*ノノ)
・Quirinus ボス
  開幕アムチュチュのフラッシュをレジってた
  アースシャッター連打 空蝉全消し
  マイティストライクを使用
・Overpowering Acrolith お供
  物理攻撃が得意っぽい
  シンカードリル連打
・Studious Acrolith お供
  魔法攻撃が得意っぽい 単体IV系が飛んでくる
  エン系あり スパイクも?
敵の初期配置は、最初から3体。
巷の噂で、今回はボスだけ倒せばお供は消滅してクリア扱いになるとのこと、また、お供にトドメを差したプレイヤーにボスからすさまじいヘイトが発生するとのことだったので、お供は完全無視です。
その為、盾はヘイトを集めやすいアムチュチュを選択。
範囲技のあるアシェラはタゲを乱しそうだったので、代わりにリリゼットIIを投入です。
ボスの攻撃はアースシャッターが範囲だけど被ダメは200~300前後で大したことなく、他の技は単体が多い模様。
この為ふつうにしてるとセルテウスのリジュが発動しないので、リジュを当てにする場合は昏睡薬が必要かも。リリゼットのビビファインワルツも1回発動しただけでした(*ノノ)

この後はメンバーを入れ替えて、むずかしいに挑戦です☆

☆2章 アクロリス三人組☆
むずかしい:CL124
PT編成:モ/戦、オーグスト、アシェラ、セルテウス、ヨランオラン、コルモル
作戦:ボスをひたすら殴るだけ(*ノノ)
敵が1段階強くなるので、盾は事故死が少ない王様に交代です。ヒーラーも厚くする必要があるので、アシェラたん投入です☆
むずかしいの方のアースシャッターは、300~500くらいの被ダメ。アシェラたんの魔防がある時で280くらいでした。
しばらくは安定してたんだけど、ヨラン博士がアドルをくらっている時にマイティシンカードリルがガッツリ入って王様がダウン(*ノノ)
引き続きマイティ中で、ちょっと痛そうだったので、おいらはインナーストレングスで全カウンターで対応です(*ノノ)
うーんやっぱり絆がないと、フェイス盾でむずかしいはむずかしいのかなー(*ノノ)
もっと工夫しないと、安定しなさそうでした。


後から聞いたところ、お供を倒すと連携ダメージが通るようになるのだとか。確かに、お供を倒さなかった場合、おいらが〆た連携でも光連携ダメージで200ぐらいしか発生してませんでした。
他にも、お供を倒すとボスに対して攻撃が通りやすくなるというギミックがあるようですが、お供を倒さなくてもそれなりに削ることは可能だったので・・・
うん、いきなりボスをぽっこぽこ作戦でいいんじゃないかな・・・・!!(*ノノ)
ヘイト張り付き回避対策もなかなか面倒ですしね(*ノノ)

やってみた感じ、今回は物理特化で行けるということは、もしかしたら物理特性特盛りの青魔の方が強いんかも知れない・・・
とは言え、敵はけっこう固めでかなり攻撃力を盛る必要があるので、グロウ付きエンピがあるならそのジョブの方がいいんじゃないかなぁ・・・とか・・・丁度迷うぐらいの難易度だと思いました(*´∀`)
ああでも、ヘイストIIをちゃちゃっと配れるジョブが居ない時は、やっぱり青魔でマイティ配る方がいいかも知れない(*ノノ)☆

※最近のモンクの装備はこちらになります☆

今月も、どうにかこうにか装備一式獲得できましたヽ(*´∀`)ノわああい☆
いつもお誘いしてくれるフレさんありがとうっっ!!
そして少人数むずかしいに付き合ってくれたフレさん、野良の方、ありがとうございました!!

今回も、最初は青魔でPTに参加してたのですが、、、
突剣であるヴァンピリズムを1本しか持っていないということや、今回もまた「物理&魔法」の両方に特化させないとあまり役に立てないということもあり、途中で参加ジョブをシーフに変えました(*ノノ)
持ち替え用の武器は、片手剣と片手棍を用意しました☆

とは言ってもへっぽこシーフで、度々バーサク使うの忘れてたりという体たらくでしたが(*ノノ) それでも、同じ中途半端な仕上がり具合であればシーフの方がまだマシ・・・だった気がします。

おいらのシーフでは、序盤にできるだけアビ使って大ダメージ・・・のつもりでしたが、如何せんTP溜まるのが遅いっていう(*ノノ)
ここにも装備の差が現れるのだな・・・(*ノノ)
コリブリが沸いた時
 →斬ジョブが二人以上いるなら一匹だけ倒すか、お任せする。
 →斬ジョブが一人の時は殲滅に参加、二匹目の途中でボスに戻る。
アプカルが沸いた時
 →魔法ジョブが二人以上いるなら一回だけ高TPでイオリアンを撃つか、お任せする。
 →魔法ジョブが一人の時は殲滅するまで高TPでイオリアンを撃つ。
コカトリスが沸いた時
 →格打ジョブが居る事はまずないので、戦闘に参加する。
こんな感じで戦ってました☆

今月から、モ白黒シナ獣忍青コ学風に素早く着替えられるようになったので、(白魔だけ若干預り帳から取り出す手間があるんだけど)、なるべくその時に応じてよさげなジョブで参加できるようにしたいです☆
まあまだ忍コ学は戦力とは呼べないですが・・・ ナイトもライトコンテンツ用ですが・・・(*ノノ) ギフトはどれも低いwwwんだけども・・・(*ノノ)

何というか・・・アンバスも、あまりにノルマが多すぎて、突き詰めていくと超短時間とてむず連戦が推奨されるようになっちゃって、おいらのようにライト層に毛が生えたくらいの装備では、肩身が狭いのがにんともかんとも(*ノノ)
もうちょっと、もうちょっとだけ、野良でも気楽に戦わせて欲しいっっ!!
というか、同じくらいのやり込み具合の人と、もっと知り合えたらなあ(*ノノ)

メガナダ装備の使い道に関しては、これからじっくりマクロと相談しつつ考えていく予定です(*´∀`)
新しい組み合わせを考える時が楽しいっなっ♪♪

今回は、アンバス2章むずかしいに挑戦です☆

☆2章 バード族のみなさん☆
むずかしい:CL124
PT編成:モ/戦、アムチュチュ、セミラフィーナ、セルテウス、ヨランオラン、コルモル
モンクが魔法と格打担当、アムチュチュが斬担当、セミ様が突担当、セルテウスとコルモルがMP回復担当です。
作戦:今度こそ! 無想無念の挙動を見る(*ノノ)

途中でちょいちょい三倍撃が混じるのと、あと、インピタス使用中にわくものだからそれによる攻撃力の増減が響くのか、毎回数値を見比べても分かりにくかったのですが、今回はだいぶハッキリと数字に表れました(*´∀`)

意外と長かったので折り畳みです(*ノノ)


7月のアンバスケードが始まりました(*´∀`)
まずはいつも通りモンクソロ&フェイスのみなさんにて、お試し突入でっす☆

☆1章 ゴブリンズ3体☆
とてやさ:CL119
PT編成:モ/戦、オーグスト、アシェラ、セルテウス、ヨランオラン、コルモル
作戦:基本的に殴るだけ(*ノノ)
・Bozzetto Ravager マイティストライク
・Bozzetto Deathbringer ブラッドウェポン ゴブゴブ爆弾
・Bozzetto Don 連続魔 ゴブゴブ爆弾 ←用語辞典によるとボスだった~!w
・Furious Bozzetto Bomber ワルワル爆弾
敵の初期配置は、とてやさだと3体。
おそらくラベジャーも含めて初期3体は、ゴブゴブ爆弾を使う。
途中で何度も4体目が沸いて、それはワルワル爆弾を使う。気が付くと勝手に沸いて勝手に消えている。
ワルワルは5人で被弾して250~前後、ゴブゴブは5人で被弾して300前後の範囲ダメージ。頭割り?
ゴブリンラッシュ、パラライズシャワー、フライパンは、3体同時に使用してくる。爆弾投げは最後の1体しか使用してこなかったので不明。
とてやさだと特に変わった事はなく、フェイスの絆なしでも何とか耐えられる範囲で、殴って終わりです(*ノノ)
もやもやは終始、発動してたように思います。
とてやさがわりと簡単だったので、アムチュチュたんでやさしいに挑戦してみたら、さくっと負けました(*ノノ)


☆2章 バード族のみなさん☆
とてやさ:CL109
PT編成:モ/戦、オーグスト、セミラフィーナ、セルテウス、ヨランオラン、コルモル
作戦:無想無念の挙動を見る
・Chorister ボス ロック族 突弱点
・Sandbag Cockatrice 雑魚 コカトリス 格打弱点
・Befuddled Apkallu 雑魚 アプカル 魔法弱点
・3体目が沸く前に終了
敵の初期配置は、ボス1体。インパクトバリア使用で雑魚をランダム?に呼ぶ。
作戦の項目で書いてる通り、無想無念が効くかどうかと言うことを知りたくての突入だったんだけど、そもそも、与ダメに倍撃が混じる武器を使って検証すんなよって話なんですが(*ノノ)
とてやさだとクリティカルやら何やらで簡単にダメージが跳ね上がるんですね(汗)
アプカルに対しては、無想無念の使用前にも倍ぐらいの与ダメのばらつきがあって、使用後にも倍ぐらいの与ダメのばらつきがあって、ログを見ても分かりにくかったという(*ノノ)あほーー!www
2章に関しては、勝てるかどうかは別にしていつも通り「ふつう」で挑戦すれば良かったです(*ノノ)
あ、ボスに対しては、雑魚無しの時でも雑魚有りの時でも、無念はダメでした(*ノノ)
うーん、モンクはモクシャが良く効いてるから、あと、そんなに被ダメージがきついって敵でもないので、モンクがボスを殴ってても問題はないと思うんだけど、とてむずでは、あまりお役立ち感はなさそうだなあ・・・。
せめてボス削りに参加する意味があるか、コリブリに対しても有効な攻撃手段を持っていれば、もっと気軽に参加できるのになあ。という感じです。
逆に言うと、むずかしい以下なら、力押しで削りに貢献できそうという感じもします。
とりあえず次はふつうでどれぐらい削れるかを見よう(*ノノ) そうしよう(*ノノ)


☆追記☆

☆1章 やさしい☆
フレのナイトさんと挑戦(*´∀`) おいらはモ/戦です。
今回は、戦う敵の順番を何気なく変えてみたところ、なんと開幕のDonが全く削れない事が判明(*ノノ)
Ravagerはふつうに削れたので、順番にもギミックがある模様です(*ノノ)
というか、用語辞典を見るとDonがボス格のようです(ノ∀`)
やさしいだと、ゴブゴブ爆弾がちょっと威力アップしてて、それの3連発でフェイスが耐えきれず没→直後のワルワル爆弾をPCが2人で頭割りすることになっちゃって耐えきれず没、で終了でした(*ノノ)
うーん、とてやさの段階では爆弾をある程度無視することができたけど、やさしいの段階からはきちんと対処しないとだめかなぁ(*ノノ)

☆2章 ふつう☆
モンクソロで今度はふつうに突撃です。
ふつうも、予想通り、力押しで倒せました(*ノノ)
今回はセミラフィーナの代わりにリリゼットIIを入れてみたら、アプカルに関しては途中でクリティカルアップの技が入ってそれでまた数値が分かりにくくなったという・・・(ノ∀`)
真面目に検証する気はあるのかーー(*ノノ) あるんだけどにゃ・・(*ノノ)
ふつうの段階でも、無想無念がなくてもそこそこのダメージが出ちゃうので、使っても効果が見えにくいんですよね;;
次回はむずかしいでどれぐらい削れるか見る予定です(*´∀`)
盾フェイスが耐えてくれれば・・・!!

2005 Powered By FC2 allrights reserved.


template by Sun&Moon
☆少しだけ編集しています☆

全てのスクリーンショットにはスクウェアエニックスの表記が入ります。
Copyright (C) 2002~2018 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

バナー作りました。
2011/12/8

2005/9/5





★15周年突破! 16周年に突入!★

☆公式サイトへのリンクです☆