★今日もどこかでまんどらたん(*´Д`*)★
 
暑い。

関連記事

前回までは詳細に書いていたこのシリーズ。いい加減勝てなくてそろそろ飽きてきた(笑)ので、今回は報酬品のSSのみwww
かわゆすな俺様を存分に堪能して欲しい(^ω^)

☆リーサルレース:費用45枚:勝利条件1位。
特別報酬品:チョコプラストルク。使用すると・・・

名前の表示がちょっと下すぎるような気はするんだけど(笑)
とことこ歩くひなたんの姿は、まんどらたんの次くらいにかわゆいです(*´Д`*)☆☆

SSの日付によると、このチョコトルクを(σ´▽`)σしたのは6月23日のことだったようですw
それなのに最終戦は、まだ勝ててなくて涙目;w;www

関連記事

しばらくパンクラティオンから遠ざかっていましたが、花鳥風月でジェトンが必要になってきたため、再び始めることにしました(`・ω・´)☆
や、まだ花鳥風月は一回もしたことないけどw(/ω\) むしろ獣性狙いで撮影に夢中になってる辺り、あいかわらずおいらは脱線しまくりですw(ノ∀`)

おいらの持っている魔獣の中で一番レベルが高かったのが、怨念洞出身の黒マンドラゴラPuckことDark Dancerたん。
初期獣性に攻撃速度+50とオートリジェネを持っているなかなかの有望株で、おいらはこのまんどらたんを「脳筋モンクタイプ」として育ててきました。
が、まんどらたんは低レベル帯ではかなり強いのですが、中レベル帯以降は非常に扱いにくい魔獣でした(/ω\)
理由は、まんどらたんの使用するWSの性能です。
まんどらたんのWSはそこそこ種類があるのですが、実質パンクラ向きなのはヘッドバット(大ダメージ)と夢想花(睡眠)のみ。それ以外のWS(種まき・リーフダガー・スクリーム・光合成)は、正直使えば使うだけ不利になるのです。

前回のパンクラの記事では、相手のWS使用タイミングに合わせて回り込み(サイドアタック)するテンプラメントにしたところ、スクリーム(MNDダウンwww)を連打するようになってしまい非常に切ない、という内容でしたが・・・。
今回は、相手のWS使用タイミングに合わせてカウンターでWSを使用するテンプラメントにしたところ、光合成(リジェネwww)をするようになりましたwwwwwww
元々持っているオートリジェネと光合成による二つのリジェネで、HP減らない! 減りにくい!! 無敵~~ング!!!
となる事は滅多になく(たまにありますwww)、相変わらずうちのDark Dancerたんは、勝てない日々が続いておりました・・・。

しかし!!
カウンター光合成をするところまでテンプラを動かしたということは、もう少し微調整をすれば、カウンター夢想花も夢ではないということです。
Dark Dancerたんは脳筋タイプのまんどらたんというコンセプトなのに、テンプラを理性・生存よりにしなければならないというのは若干納得しがたい面はあるのですが、これも勝つためには仕方がない(`・ω・´) まんどらたんが倒れるところは見たくないしネ(>_<)
手元に「まんどらたん専用テンプラメント」なるメモ帳を用意しつつ、必死に指示台に立ち、まんどらたんに指示を与え続けます(`・ω・´)

ついにうちのまんどらたんは、「訓練量なら誰にも負けない」ほどに成長しました。レベルもいつの間にか50に到達です。
そして・・・。

Relentless Machineは、シンカードリルの構え。
Dark Dancerは、夢想花の構え。
Relentless Machineは、シンカードリルを実行。
→Dark Dancerに、276ダメージ。
Dark Dancerは、夢想花を実行→Relentless Machineに、ミス
(中略)
Relentless Machineは、シンカードリルの構え。
Dark Dancerは、夢想花の構え。
Relentless Machineは、シンカードリルを実行。
→Dark Dancerに、256ダメージ。
Dark Dancerは、夢想花を実行→Relentless Machineに、ミス。
Juvenal : チャンピオンのRelentless Machineがみごとタイトルを防衛しました!(←さり気なく第4ステージに挑戦してみましたw)

ついにカウンター夢想花きたぁぁぁぁ!!
うん、アクロリスは寝ないけどキニシナイ!!www

カウンター夢想花は、寝ない相手には一切意味のないWSなので、まんどらたんはいわゆるチャンプ向けの魔獣ではないのですが(もちろん毎回相手を見て指示台に立てば別ですが、それは前提にはしませんですw)、でもいいのです!! なんたって夢想花のエフェクトがかわいい!! それだけで軽く一晩中見守っていられますお!www
その割にはなかなかベストショットを撮れてないのですが・・・(ノ∀`)
ていうか、フェンスを覗き込んで見られるようになっていたなんて、知らなかったんだものwww

仕方がないとは言え、敵としてまんどらたんが出てくるとちょっぴし胸が痛みます(>_<)


関連記事

そんな訳で今日もパンクラにはまっていますた☆☆
夢想花をバシバシ決めちゃうまんどらたん、きゃわゆいーー!&かっこいいー!(≧▽≦)

夜月はまんどらたんしか使わないし(倉庫キャラでは他のも使ってみようかなと思ってますがw)、せっかくなのでこの機会に、もっとまんどらたんを強くできないものかと獣性を見直してみることにしました。

Dark Dancerたんのステータス
レベル50
誰にも負けない訓練量:少し理性寄り/とても生存本能
使用WS:カウンター夢想花
メインジョブ:モンク
サポートジョブ:なし
FP:81/85
攻撃速度+50(初)
オートリジェネ(初) 獣性レベル50
ジョブ特性:モンク(12)
STR+50(23)
ディスペルオートアタック(23) 獣性レベル50
ファランクス追加(23) 獣性レベル50

今のまんどらたんの悩みは、若干火力が足りない事と、若干命中率が低い事と、なかなかディスペルが発動しないことです。
火力が足りないと言っても、大抵のモンスなら強化突き破れるのですが、エレや強化張りまくった相手だと0ダメのオンパレードで、歯が立ちません(つд・)
命中率は、うーん、大抵のモンスには当たるのですが、時々命中率が悪いことがあります。
ディスペルは、発動しないと言っても最終的にはそこそこ発動はするんですけどね。
ファランクスなんかは序盤に消せるかどうかでけっこう戦局変わるし、スパイク系も手数ジョブなまんどらたんにとっては早々に消しておきたい所なのですが、いまいち発動するのが終盤だったりで・・。

さてさて、どうしたものか☆
ここは一つ消去法で考えてみます。

ジョブ特性モンクは、マーシャルアーツとカウンターとガードがかなり有効なので、付けておきたいところです。
ファランクスも、オートリジェネ持ちのDark Dancerたんには相性の良い防御獣性なので、残しておきたいなぁ。オートリジェネ自体もすんごく優秀なんだけど、それだけじゃ心細いし・・・。
となると、やはりSTR+50かディスペルオートアタックを見直すべきでしょうか。

他人のディスペルオートアタックに比べると、うちのディスペルオートアタックの発動率は、獣性レベル50もあるのにイマイチな気がする・・・。
よし、これを付け替えだwwww

ということで、命中率と火力を同時に補うため、DEX+50を付けてみることにしました!
ただ、ペイストを150枚ほど激写しましたがいっこうにDEXが出る気配がなかったので、シフキキルンたんから撮れたDEXプラスを付けてみました♪
一から獣性を鍛え直すのは(正確にはレベル8からですがw)くそめんどいですが、仕方ありません(/ω\)

現在のDark Dancerたんのステータス
レベル50
誰にも負けない訓練量:少し理性寄り/とても生存本能
使用WS:カウンター夢想花
メインジョブ:モンク
サポートジョブ:なし
FP:81/85
攻撃速度+50(初)
オートリジェネ(初) 獣性レベル50
ジョブ特性:モンク(12)
STR+50(23)
DEXプラス(23) 獣性レベル44
ファランクス追加(23) 獣性レベル50

んーむ・・・
STR+50もいいけど、ここまで来たらクリティカルアップを目指す方がいいのかな・・・と思ったけどFP足りないかーwww

関連記事

さすがモテカワ愛されフェイスのF8、格が違った。



公式サイト(http://www.playonline.com/ff11/topics/read/mumor/)より。


どう見てもやりすぎでしょう^^^^卍卍卍
この企画を出した人とも、じっくりと話をしたいものですわねwww(ノ ゜Д゜)ノ ==== ┻━━┻

全然関係ないけど先週、いつものようにナイズルに行ったんですが、6人中3人がこのF8フェイスでしたww
今日も6人中2人がこのフェイスだったし、国勢調査では少ないけど意外にアクティブキャラが多いんでしょかね。

関連記事

そもそもの事の起こりは、夜月ファミリーの一人、あゆまっちが「あゆまも飛空艇に乗りたーい^^」と言ったことでした。

最初はいつもの調子で「さくっと50万、送金して♪」と言うあゆまに対し、おいらが「まだあゆまっちは12歳じゃんー、サポもないじゃんー、飛空艇は早いってー(*'з')」というと、「ぇぇー(*'з') 前にあゆまの合成資金に手を着けたくせに・・・まだそのギル返金してもらってないのに・・・」「何 か 言 っ た ?」「う、ううん(゜▽゜;)」と一端は引き下がったように見えたのですが。

うん、ほら、可愛い子には旅をさせろって言うしね。ミッションこなしたら行ける場所とか広がると思うしさ☆ サンド城とか、デルクフの奥とか☆ まぁおいらは手伝って上げられない訳だけどwww
あ、あと合成資金はそのうち返す予定だったのよ。ホントホント('з')w

という、こちら側の思惑を汲んだのかどうか、あゆまは自力(?)でミッションの方を進めていたようでした。
もともと、ランク2-3まではまぐりーと一緒にミッションを進めていたあゆまっちです。
この先は、当時まだ二十歳過ぎだった若干頼りないまぐりーを置いて、他のフレさんとミッションを進めることにしたようです。

「今からドラゴンクエスト行きませんかー^^ 現在モ12 1/2です^^」
もちろんこれはシャウトではなくテルだったりする訳でww
あゆまっちは、百烈拳をお見舞いするも全て0ダメージだったという切ない展開にちょっぴり涙しつつも、2-3をクリア。
この調子で、他のミッションも次々とこなしていったわけですが・・・。

それは、ランク4になった時の事。
何気なくジュノ上層にいた、一人のミスラに話しかけると・・・。
なんと、人捜しの依頼が!!
巷の噂では、このミスラはランク4以上でかつレベル20以上の冒険者にしか依頼してこないという話だったのですが、2008年春の時点では、レベルに関係なくランク4であれば依頼してくるようでした。

それから数ヶ月経ち、ようやくまぐりーも同じミスラから人捜しの依頼を受けました。
モ12と白28のでこぼこコンビによる人捜しクエスト、名付けて「フェロー獲得大作戦」開始です!☆


関連記事

スタート地点は、マムーク深部。
・・・詳しい経緯は省くが、仲間と分断されてしまった俺は、たった一人で、このマムーク深部からの脱出を試みることになった。

「デジョンアイテム?
ばっかおめぇ、魔獣をしこたま撮影するのに、そんなの持ってくる余裕なんてあるわけねぇだろがwww
わ、忘れたわけじゃねぇからなwwwwwww」

・・・・Orz

既に俺は一度戦闘不能状態に追い込まれており、経験値を失っていた。
今は完全に体力を回復したが、また経験値を失うのは勘弁である。必ず、生きてここを脱出する。

しかし、前方に目をやれば、そこには腕利きのマムージャ達がたむろっていた。
あいつらはよく訓練されたマムージャで、こちらの遁甲の術を見破ってくる。
だが、あいつらはほとんどが魔法や忍術を使うタイプだ。付け入る隙があるとすれば、敵を見つけたらまず反射的に術を詠唱するであろうあいつらの行動パターンだった。いったん距離を開けることに成功すれば、逃げ切ることは不可能ではないはずだ。

ここからマムークを脱出する地点までは、そう遠くはない。
道中にいるマムージャは、全部で10数体だろうか。
・・・・やるしかない。
俺は覚悟を決めて、空蝉の術を唱えた。

まず最初の青魔道士のマムージャには、見つからずに進みたい所だ。俺は、できる限り気配を殺して、慎重に間合いを計りつつヤツに近づいた。
・・・・が。
オイィィ! 何勝手に振り向いてるわけ!?

もう走るしかない。
この時点での俺のHPは、1823。立ち止まることは、許されない・・・!


関連記事

2005 Powered By FC2 allrights reserved.


template by Sun&Moon
☆少しだけ編集しています☆

全てのスクリーンショットにはスクウェアエニックスの表記が入ります。
Copyright (C) 2002~2008 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

バナー作りました。
2011/12/8

2005/9/5






☆公式サイトへのリンクです☆