★今日もどこかでまんどらたん★
 
詳しい戦闘リポートは、おいおい書くとして(*ノノ)
ついに終わってしまったアドゥリンミッション。
いつも思うことだけど、ミッションの完結はやっぱりさびしいですね(ノ∀`)

回を追う毎に、生き生きと描かれるヒロイン達☆

アシェラたんも、オープニングシーンこそ固いイメージのお姫様って感じでしたが、中盤~終盤では多彩な表情を見せます。
スイーツがとっても大好きで、とぼけたリアクションにはジト目で応じたりするお約束ももちろんあって(笑)
長く続く王家の血を引くお姫様だけど飛び抜けた特殊能力を持っているわけでもなく、時空を飛び越えることもなく、年相応の分別があって、歴代ヒロインの中では一番身近に感じられたヒロインだったんじゃないかな(*´∀`)

で。
先頃、ファミ通のヴァナディール通信にて開発者インタビューがあり、その中で「アシェラには好感度が設定されている」という記事を目にしまして。
ほうほうほう。コレは興味深い。

具体的には、
「選択肢に関連するのですが、じつはアシェラには冒険者に対しての“親密度”という隠しパラメータが設定されています。選択肢のなかから“胸を見つめる”などといった変なものを選ぶと、親密度はガタッと下がり、いいものを選べば上がっていく仕組みになっています。」
とのこと。

え゛っ・・・・www
おいら、ヘンな選択肢を選びまくってたけどーーΣ(´∀`;)wwwww

「バイソンジャケットの素材に関する場面です。ここでいくつかのアイテムを要求されるのですが、そのアイテムの種類は親密度によって変化するようにしてあります。親密度が低いほど要求されるアイテムが入手困難なものになるような設定されていて、いちばん親密度が下がっている状態では、比較的入手の困難な野牛の角を要求されてしまいます。」

あーw あったあったww
そういえばこの時、おいらは「有翼獅子のたてがみ」だったけど、フレさんはまさしく「野牛の角」やったwww
さてはフレさん、ヘンなの選びまくってたのかナ!?www
・・・と、思いきや。

「あと、第5章“若き指導者”でアシェラのボンネを返すかどうかの選択肢があります。ここで「返さない」の選択肢を選び続けていると、親密度は最低ランクまで下がってしまいます。」

きゃああああああwww∑(゜△゜;)
スペア欲しさに返さないを選びまくった奴www(ノ∀`)←
という訳で、途中まではともかく、おいらの好感度は、最後の最後で見事最低ランクに落ちてしまったようですwww(*ノノ)
やってもうたああーー(*ノノ)

ま、まあ、最低ランクだとイベントがなくなるとか歌が聴けないとかそういうペナルティはないので、まあ、いいけどね・・・(*ノノ)ww
くすん(*ノノ)☆

まだもうちょっとだけ、クエストという形でアドゥリンにまつわるお話は続きそうですが、そこで悪影響が出ない事を祈るばかりです(ノ∀`)
あ、好感度挽回できるクエストの実装を希望っwww(*´∀`)
関連記事

2005 Powered By FC2 allrights reserved.


template by Sun&Moon
☆少しだけ編集しています☆

全てのスクリーンショットにはスクウェアエニックスの表記が入ります。
Copyright (C) 2002~2014 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

バナー作りました。
2011/12/8

2005/9/5






★15周年突破! 19年目に突入!★

☆公式サイトへのリンクです☆