★今日もどこかでまんどらたん★
 
前回のVU時のスマイト変更記事の使い回しです(*ノノ)
VU前と後の防御力比較☆

☆前☆
装備セット4を実行しました。
Yozuki:
平均ItemLevel:119
主  命中:1102 / 攻撃:1120
副  命中:0 / 攻撃:0
遠隔 命中:0 / 攻撃:0
   回避:781 / 防御:804


☆後☆
装備セット4を実行しました。
Yozuki:
平均ItemLevel:119
主  命中:1102 / 攻撃:1120
副  命中:0 / 攻撃:0
遠隔 命中:0 / 攻撃:0
   回避:781 / 防御:1007

この時のVITは107+96で203、装備防御計546です。
VIT分がまるまる上乗せ・・・?

マルチアタック重視のSTP40バージョン装備☆
数字だけを見るとかなり伸びてるように感じます☆
今回は時間がなくてまだ実戦でのお試しできてません(ノ∀`)
関連記事

8月のアンバスケードマラソンが始まりました(*´∀`)
今回、特筆すべきは、音楽がかっこよくなった!!!ヽ(*´∀`)ノ という事ですねっ☆☆
新曲嬉しいなあ(*´Д`*) バトルBGMがかっこいいっていうだけで、飽きてきたコンテンツが2割増しで面白く思えてくるから不思議ですwwww

ということでまずはいつも通り、モンクソロ&フェイスのみなさんにて、お試し突入でっす☆
やっぱり、まずはモンクで試してからなのっぴ(*ノノ)

☆1章 巨人軍団☆
とてやさ:CL119
PT編成:モ/踊、オーグスト、ゲッショー、アシェラ、セルテウス、ヨランオラン
作戦:エンケラドスをひたすら殴るだけ(*ノノ)
・Bozzetto Enceladus
  真ん中手前に立っててボスっぽいなーと思ったけどボスじゃないらしい(*ノノ)
  →倒しても雑魚は消えないけど、ボス格であってました
  開幕オーグストのフラッシュをレジってた
  マルキュリなんちゃらをしょっちゅう撃ってくる 明鏡止水を使用
・Bozzetto Swiftshooter
  カタパルト イーグルアイ 氷・雷の咆哮を使用
  いかにも狩人タイプな動き
・Bozzetto Marshal
  マイティストライク グランドスラム 衝撃の咆哮を使用
  あまり個性を感じなかったです(*ノノ)  
敵の初期配置は、とてやさだと3体。
巷の噂で、1章の敵はMPにダメージを与えてくる技があるぞー、と聞いたので、さぽ踊です。
でもぶっちゃけサポ踊のワルツは知れてるので、昏睡薬の方がだいじかなーって思っていたら、こちらは範囲を食らいまくりでリジュ&イラ祭りでした。とてやさならギリギリちなない感じでエキサイトです(笑)
で、エンケラドスを倒したらokかなと思っていたら、1章はきちんと全員を倒さないとダメでした(ノ∀`)ww


☆2章 アクロリス三人組☆
ふつう:CL119
PT編成:モ/戦、アムチュチュ、セルテウス、ヨランオラン、コルモル、リリゼットII
作戦:ボスをひたすら殴るだけ(*ノノ)
・Quirinus ボス
  開幕アムチュチュのフラッシュをレジってた
  アースシャッター連打 空蝉全消し
  マイティストライクを使用
・Overpowering Acrolith お供
  物理攻撃が得意っぽい
  シンカードリル連打
・Studious Acrolith お供
  魔法攻撃が得意っぽい 単体IV系が飛んでくる
  エン系あり スパイクも?
敵の初期配置は、最初から3体。
巷の噂で、今回はボスだけ倒せばお供は消滅してクリア扱いになるとのこと、また、お供にトドメを差したプレイヤーにボスからすさまじいヘイトが発生するとのことだったので、お供は完全無視です。
その為、盾はヘイトを集めやすいアムチュチュを選択。
範囲技のあるアシェラはタゲを乱しそうだったので、代わりにリリゼットIIを投入です。
ボスの攻撃はアースシャッターが範囲だけど被ダメは200~300前後で大したことなく、他の技は単体が多い模様。
この為ふつうにしてるとセルテウスのリジュが発動しないので、リジュを当てにする場合は昏睡薬が必要かも。リリゼットのビビファインワルツも1回発動しただけでした(*ノノ)

この後はメンバーを入れ替えて、むずかしいに挑戦です☆

☆2章 アクロリス三人組☆
むずかしい:CL124
PT編成:モ/戦、オーグスト、アシェラ、セルテウス、ヨランオラン、コルモル
作戦:ボスをひたすら殴るだけ(*ノノ)
敵が1段階強くなるので、盾は事故死が少ない王様に交代です。ヒーラーも厚くする必要があるので、アシェラたん投入です☆
むずかしいの方のアースシャッターは、300~500くらいの被ダメ。アシェラたんの魔防がある時で280くらいでした。
しばらくは安定してたんだけど、ヨラン博士がアドルをくらっている時にマイティシンカードリルがガッツリ入って王様がダウン(*ノノ)
引き続きマイティ中で、ちょっと痛そうだったので、おいらはインナーストレングスで全カウンターで対応です(*ノノ)
うーんやっぱり絆がないと、フェイス盾でむずかしいはむずかしいのかなー(*ノノ)
もっと工夫しないと、安定しなさそうでした。


後から聞いたところ、お供を倒すと連携ダメージが通るようになるのだとか。確かに、お供を倒さなかった場合、おいらが〆た連携でも光連携ダメージで200ぐらいしか発生してませんでした。
他にも、お供を倒すとボスに対して攻撃が通りやすくなるというギミックがあるようですが、お供を倒さなくてもそれなりに削ることは可能だったので・・・
うん、いきなりボスをぽっこぽこ作戦でいいんじゃないかな・・・・!!(*ノノ)
ヘイト張り付き回避対策もなかなか面倒ですしね(*ノノ)

やってみた感じ、今回は物理特化で行けるということは、もしかしたら物理特性特盛りの青魔の方が強いんかも知れない・・・
とは言え、敵はけっこう固めでかなり攻撃力を盛る必要があるので、グロウ付きエンピがあるならそのジョブの方がいいんじゃないかなぁ・・・とか・・・丁度迷うぐらいの難易度だと思いました(*´∀`)
ああでも、ヘイストIIをちゃちゃっと配れるジョブが居ない時は、やっぱり青魔でマイティ配る方がいいかも知れない(*ノノ)☆

※最近のモンクの装備はこちらになります☆
関連記事

アドリンの新クエストの続きがきましたヽ(*´∀`)ノ
早速お城へGo!


ん・・・? リフキンが二匹??

というわけで、今回も、ベタベタなアシェラたんのコントからの開始です(*´∀`)www

そして、相変わらずのロスキンのボケに全て付き合い・・・、
あっ! そう言えば、話の中に出てくるボードゲーム「大遠征」。コレめっちゃプレイしたいんやけど!!www
いつか実装されないかなあ(*´Д`*)

さて。今回の調査指令3での最大の盛り上がりは・・・
ズバリ、リフキンの秘密が明らかになるこのシーンでしょうwwwwwww
※一部フィルタを掛けております

wwwワシは知りとうなかったが(*ノノ)wwwwwww

さっくりクリアしまして、引き続き調査指令4を受けます。
こちらでは、西アドリンの主要NPCの話を聞いた後、MUMにて、伝説の勝負を繰り広げることとなります(`・ω・´)
思えばミッション以来のバーサスロール11ですが、、、、
あの時のおいらは、自力で勝つことができず(*ノノ)、頭脳派のフレさんにヘルプしてもらったのでした(ノ∀`)
やー、だって横でずっと待たせるのめっちゃプレッシャーやってんもん(*ノノ)

しかし今回は、自力で何とかしなければいけません(*ノノ)
な、なあに!! おいらだって本気を出せば、三勝ぐらいいけるって!!(`・ω・´)

そして勝負はこうなった☆☆
続きは、いきなりガッツリネタバレがあるので、クエストがまだMUMの所まで進行してない方はご注意下さい(*ノノ)

関連記事

PTと言っても、二人PTである(*ノノ)
コンテンツは、アンバス2章むず。

やってみた感想としては。
とにかく詠唱中断されまくりだった(*ノノ)

うーーーーーーん。
アビリティに関しては、効果時間とリキャスト時間が腹時計で計れるようになるまで、繰り返すしかないんだけど、マクロ周りはまあまあ何とかなりそうだったんだけど・・・。
詠唱中断されまくりなのどうするよ。

問題点は2つ。
・ファストキャスト装備がほとんどないから、ちんたらと長時間詠唱する羽目になって、中断を食らう。
・詠唱中断率ダウン装備がないから、中断を食らう。

コンテンツがアンバスだったので、基本的にアビリティさえ使えてればタゲ維持に関しては問題なかったし、クリアどうこうというのに影響があった訳ではないんだけど、とにかくまともにケアルIVが唱えられないのは、いざと言う時に困るなあという感想です。
王様でも、ここまで中断くらってたかなぁ・・・? 体感では王様より中断くらってる気がします。
まあ、3体から殴られるので、そういう意味では中断されやすい状況ではあるけど・・・

分かってる(*ノノ)
装備をケチってるから、カット50とHPを高くするだけで精一杯で、FC装備や詠唱中断装備に着替える事ができないんだってことは(*ノノ)
うーーーーーーーーーーーーーーーーーん、HPをもう1ランク落として2600ベースくらいにすれば、かなり着替えやすくなるけど・・・。
絆ありの王様のHPが大体2700くらいだったような気がするんだよなー(*ノノ)
絆ありの王様よりカッコイイナイトになりたいい(*ノノ)

とりあえず、もっと装備を見直そう☆☆
幸い、おいらのフレさん、7割ぐらいの方がナイト経験者さんだしねっ☆☆
いろいろお知恵を拝借できるハズだっ☆☆
・・・装備が全然違うという気がしないでもないが (゜ーÅ)
関連記事

事実はきちんと受け止めよう(*ノノ)という今回の記事。

最近は、フレさんに誘ってもらって、アンバス2章とてむずに通っています(*´∀`)
で、フレさんのご厚意で、「モンクでアフターグロウ配って^^」ということで、お言葉に甘えてモンクを出させてもらってた訳ですが・・・。

ですが・・・(*'-')・・・

つまり。今までは、他に新REMを持っている方がいらっしゃらなくて、それでモンクでアフターグロウを配っていたわけですが。
今日は、比較的おいらと似た感じの装備に、新REMを持っているシーフのフレさんとご一緒する事ができたので、「ああこりゃトータル与ダメ負けるな~~(ノ∀`)」とは思ったものの、果たしてどれぐらいの差が付くのか、興味がわきましてですね☆☆
しっかり与ダメージを数えました(笑)
そして、驚くべき事実が浮かび上がったのでした・・・!!!

編成は、ナモシ踊白+コルモル。

端的に言うと。
シーフのフレさんの削り量 約105,000ダメージ
モンクのおいらの削り量 約56,000ダメージ
※合計の数字ではなくて、割合の方を見て下さいネ。

だめぇーーーーダブルスコアも差付けられてるようではダメェェェェェヽ(´Д`;≡;´Д`)丿
ある程度の差が付くことは覚悟していたけど、まさかここまでとは。
集中バーサクアグレ、インピ猫足ウォークライ、使えるアビはSP以外全部使ったんだが・・・

う、うーん(*ノノ)
お互い、シニスター装備&アデマ&ルオンアクセ、な感じで、アクセや防具で若干の違いがあるにせよ、大体似たような装備具合で、こんなに差が付いたらアカン・・・・wwwwwww

もちろん、2章とてむずクリアに関しては、モンクでも全然okです。
ただ具体的な削り量としては、おいらの場合はこんな感じだったってことです(*ノノ)

そしてさらに追い討ちをかける事態が(*ノノ)

とりあえず、今日のPTでは、シフフレがアフターグロウを配れる訳で、コレはおいらのユニクロ青魔を出すチャンスと言えます。
おいら以外は全く同じ編成、全く同じ作戦で、おいらだけモから青へチェンジ。開幕にマイティガードを配る作戦で行きます☆☆
つまり編成は、ナシ青踊白+コルモル。

すると、どうなったかって言うと・・・・・

おいらの削り量が上がった&クリアタイムが30秒以上縮んだ/(^o^)\

うん、マイティ配る&エラチックで自己ヘイストIIが掛けられるからその分、他の人がコルモルからヘイストIIもらうのが早まる訳で、クリアタイムが縮むのは理解できる。30秒以上が妥当な時間かどうかはともかくとして、縮まないとむしろおかしい。
だけど削り量が・・・

端的に言うと。
シーフのフレさんの削り量 約81,000ダメージ
青魔のおいらの削り量 約67,000ダメージ
※割合の方を見て下さいネ。

グロウがもらえる環境だと、ユニクロ青魔で簡単にエンピモンクを越えられるんだって言う(*ノノ)
うわー・・・ そうだったのかー・・・・・ 知らなかった・・・・

さすがにコレは愕然としました。。。。

はーこれはもーモンクの調整がすっげー楽しみだわー
すっげー伸びしろがあるわー
ぜってー調整来るよな??(ノд・)

とりあえず、明日からのアンバスは、アタッカー枠での参加ならば、青魔かな(*ノノ)

※最近のモンクの装備はこちらになります☆
関連記事

ある日のマウラの風景(*'-')

この日のあでにんは、踊り子さんっぴ♪♪

いつも慌てて名前非表示を忘れてしまう・・・(ノ∀`)

この日のあでにんは、おいらこと青魔っぴ♪♪

それにしても、Sサイズまんどらたん、超かわういっぴー(≧▽≦)ノ

・・・あれっ!? あでにんが増えたー!?ヽ(*´∀`)ノ

この後、かわういまんどらたんをナンパしたとかなんとか(*'-')☆ むふふ☆
関連記事

今月は、出だしこそ色々試行錯誤したものの、攻略方法がわかってからは、快調にポイントを稼ぐことができました。
最初の一週目は、フレさんに誘って頂き、2章とてむず連戦でポイント稼ぎ☆☆
さらに1章のポイントが倍になってからは、初の1章連戦です(*´Д`*)
お誘い頂いて本当にありがとうございます(*ノノ)
1章では、最初は黒魔で、最近は風水士で参加してたりします。武器はソールスティスですハイwww(ノ∀`)

見ていて思った1章のコツ☆
ボスに暴れられては困るので、とにかくボスに対しては速攻第一が鉄則。
つまり、突入後、PTメンバー達は感知されない場所でそれぞれ強化したりしますが、そこから戦闘開始の流れとしては。

1) 全員:基本的な自己強化は済ませておく
   風水:インデ魔法、エントラインデ魔法まで掛け終えておく
2) 白魔:女神の聖域発動 & 風水:グローリーブレイズ発動 & 盾役:抜刀
3) ==戦闘開始==
   盾役:ボスの正面へ近づき、ヘイト高めの自己強化系アビ使用
   風水:ボスに対して即ジオ魔法設置&デマテリアライズ
   盾役:その場が戦闘位置、引き続きタゲ取りアビ使用
   学者:ジオ魔法見たら即震天連携開始
   白魔:必要に応じて回復

問題は3の段階なのですよね、ここが躓くとダメになっちゃう(*ノノ)
盾役の1回目のアビ使用と風水のジオ魔法設置は同時ぐらいでもいい。
で、学者が連携開始コールをする。戦闘開始からここまでは約1~2秒。
これで震天連携がきちんと発動してMBが決まれば、まず負けはないかなあと思います。

ありがちな失敗としては、距離をおきすぎていて、ジオ魔法や震天魔法がボスに届かなかったりすること。
盾役がアビを使い損ねてたり、ウロウロしちゃったりすること。
黒が弱すぎること(*ノノ)
これらさえなければ大丈夫かなと思います。

そんなこんなで、今月も無事HQ装備一式(σ´∀`)σです☆ わーいわーい☆
ジャリ装備の使い道・組み合わせについては、これからじっくりと考える予定です(*ノノ)
いくらワードローブ34を解放したからと言って、5つずつ装備が増えていったんでは持ちきれないので、厳選していく方向です。
ジョブマントもゆっくり見直ししていきたいなあ~。

☆オマケ☆
エルヴァーンにこの両手剣似合いすぎーー☆☆ かっこええのう(*´Д`*)

敵に対して構えると、シャキーンっ!! て感じで光の刃が出てくるんですな☆
関連記事

フレさん>>忍モでジョブポ(`・ω・´)
おいら>>行クポ(`・ω・´)

というやり取りだったかどうかは定かでないですが(*´∀`)、この日は珍しくモンクでジョブポに参加です~~(*´Д`*) きゃあ嬉しいヽ(*´∀`)ノ

フレさん「連携  【秘】 → 【ビクトリースマイト】(分解60%) → 【瞬】(光150%) → 【ビクトリースマイト】(光175%)でw」
フレさん「できるかは 不明( ´ー`)y-~~w れっつちゃれんじw」
おいら「ほうほう!(`・ω・´)」

ぶっちゃけ一人連携だと全く間に合わないだろうなあと思っていたんだけど、今回は二人で力を合わせて四連携。
コレだと交互に撃てばいいので一人連携よりは遙かに繋がりやすいだろうし、上手い手ではないだろうか!!
但し連携属性が繋がるかどうか、したことがない連携だったので確証がなく。
ちなみにおいらは、倍率?も良く分かってなかです(*ノノ)

で、実際にしてみると。

フレさんは、秘を実行。
Yozukiは、ビクトリースマイトを実行。
→Apex Crabに、3982ダメージ。
技連携・分解→Apex Crabに、4413ダメージ。
フレさんは、瞬を実行。
技連携・光→Apex Crabに、13246ダメージ。
Yozukiは、ビクトリースマイトを実行。
→Apex Crabに、6024ダメージ。
フレさん「おーーーーーーーーーーーーー!!」
技連携・光→Apex Crabに、17710ダメージ。
おいら「やったーーーーーーー」

こりゃ楽しいーーヽ(*´Д`*)ノ

この時の編成は、オーグスト・シルヴィちゃん・コルモル博士・クピピたんです☆
この後、別のフレさんが詩人で来てくれて、なんとヘイスト&インデヘイスト&マチマチ、というヘイスト山盛り状態に(*´Д`*)
もんきゅでこんなにたくさん支援をもらうのは一体何年ぶりでござろうか・・・・!!!
ちゃっかりサポ戦で行ってたので(ノ∀`)てへw、バーサクも入れまくってヒャッホイしまくりでした。
フレさんありがとうありがとう(*´Д`*)
モンクマスターまで@1700です^^☆☆☆

WS撃つのに必死でSS撮るの忘れてた~~! (*ノノ)ぴ☆

※最近のモンクの装備はこちらになります☆
関連記事

黒魔でアンバス1章をやっていて、ちょっとMB装備が弱いかなあ、ということで、黒緑白合計900個くらい、ひたすらぽちぽちシマシタ。
もともと白魂石でマーリンに30~35前後の魔命魔攻は何とか付けていたんだけど、ほとんど魔命と魔攻だけっていう状態だったのですよね・・・(*ノノ)
いわゆる大先生のおっしゃる70点オグメというやつです(*ノノ)

やっぱり、INTやMBの数値も大事だ・・・ということで、さらなるオグメに挑戦。
おいらは首に水影でMB+10、背にアンバス黒マントでMB+5、なので、残りMB+25があれば良いのですが・・・。

やー、そもそも、MBが滅多に付かないんやけど・・・;;
そしてINTの代わりにCHRがちょっとだけ付きました(*ノノ)w
頭は70点、MB以外ならアキュメンが良かったなぁw
胴は64点、素撃ちだとちょっと弱くなってしまった;;
脚は82点、惜しい(*ノノ)
足は71点、かろうじてINT付いてるけど、うーーん(*ノノ)

果たして、このオグメでどこまで数値が伸びるのか。
多少は伸びるはずだけど、まだまだ詰めが甘いオグメ・・・だけど、ここから先の地獄のオグメ沼のコトを考えると、マジでめまいが・・・(@_@)
関連記事

過去話などつらつらと。

「過去の○○コンテンツでは、モンクだらけだった!」と言う人が居る。
おいらが記憶しているモンク優勢コンテンツと言えば、「メリポ初期のランペ骨狩り」「サルベージ」「石の見る夢最終ボス戦」「アビセア青弱点格打ジョブ&クリティカル増し増しでビクスマ連打」「メナス初期の特にモリマー」の5つ。

1つ1つ、モンクが優勢と思われていた理由について考えてみると。

「メリポ初期のランペ骨狩り」
・当時は、適度な量の敵が居て延々とチェーンが可能でアクセス便利なメリポ向け狩り場が少なかった。
 →狩り場についてはアトルガン以降に増えた。
・骨に対しては打特効については有効ジョブが実質いない状態、格闘特効は実質モンクのみだった。
 →からくり士はアトルガンで実装、また当時からくりの格闘スキルは低かった。
・当時の最大HPNo.1はモンクだった。
・当時のモクシャトップクラスもモンク。
 →当時、比較的他ジョブに比べて敵の特殊技回数を抑えていたように思う。あくまで比較的だけども。

「サルベージ」
・武器解放が多少遅れても、特に前半は素手でも、攻略可能なジョブだった。
・サポ依存度が低く、サポ解放が多少遅れても、攻略可能(以下略
・アビ依存度が低く、WSが使えない事はデメリットであるものの、アビ解放が多少遅れても(略
・HPが高く、HP解放が多少・・・いやこれはちょっとそうも言い切れないか。
・黒帯があれば、腰が解放されるだけでヘイスト12%を確保できた。
 →当時、1部位でそこまでヘイスト値の高い装備は他ジョブにはなかった。

「石の見る夢最終ボス戦」
・当時の最大HPNo.1はモンク。短期決戦であれば、マントラでのHPアップも有効活用できた。
・敵の技シードオブジャッジメントが、モンクのHPならば問題ない程度のダメージ量だった。
 →750前後の被ダメージ、当時のヒュムモンクがHP1650くらい、他前衛ジョブ1300前後。
・アビ依存度が低く、主要なアビは開幕時に使用しておけば、ニヒリティの影響を受けにくいジョブだった。

「アビセア青弱点格打ジョブ&クリティカル増し増しでビクスマ連打」
・アビセアの青弱点で、制限時間内で撃てる弱点WS数No.1は確かにモンクだった。
・アビセアのアートマを、STR&クリティカル特化にすれば、ビクスマ連打モンクは確かに火力が強かった

「メナス初期の特にモリマー」
・当時の最大HPNo.1はモンク。
・当時のモクシャトップクラスもモンク。
 →当時、比較的他ジョブに比べて敵の特殊技回数を抑えていたように思う。あくまで比較的だけども。
・モリマーのボス・トヒルはHP残量に従って様々な攻撃属性をカットするが、モンクに関しては格闘カットを無想無念で回避することが可能だった。
・トヒルが当時の最強武器であるIL119格闘武器をドロップする可能性があった。
 →他にIL119片手剣も落とすが、装備ジョブがアタッカー向けではない武器だった。
 →モンクで倒し、さらにモンクが強くなるという流れがあった。

見ての通り、火力が本当に強かったと言えるのは、アビセアでアートマを付けた時だけwww(*ノノ)
他のコンテンツに関しては、HPが高く、モクシャが高く、武器を持てずに素手で戦う事を強いられる場面があったり、WSが格打に絞られていたり、無想無念が役立つ場面があったり、そういう理由でモンクが募集されることが多かったというのが実情。
つまり、火力の高さで選ばれていたのはアビセア時期だけだということ。これも言ってみれば「アートマとの相性が良かった」だけなんだけども。

なので、「モンクなんて弱くてもいいじゃない、昔あれだけ強かったんだから」というのは間違い。
「昔あれだけコンテンツの仕様に合致していたんだから」は正解。

そして・・・過去に有利だった項目の、現状はと言うと・・・。

・HPが高い
 今となっては昔の話。今の最大HPNo.1ジョブはナイト。
 また、HPに調整が入ったので、HPが多少高かったところで、今はもう「モンクだから助かった!」なんて場面はない。
 今の状況でそのセリフを言おうとすると、HP4000~は必要。

・モクシャが高い
 モンクと言えどもマルチアタック装備を積まざるを得なくなった今、モクシャはもっともっと調整される必要あり。
 与TP=(得TP+30)×(100-モクシャ特性値)/100なので
 現在のウルスモの与TP=(58+30)×(100-25)/100=63.75
 ダンペニ等モクシャ付装備で最大モクシャ50での与TPは44。
 これは今、普段から到達しているが、他ジョブとの差別化を図るならもっと与TPは低くなってもいいと思う。

・武器依存度が低い
 コレは現状でも、全ジョブ中で一番武器依存度が低いのは変わらない。
 が、今はアイテムレベル制なので、武器がILなしというのがもうあり得ない。

・アビリティ依存度が低い
 コレは現状でも、一番依存度が低いと思う(おいらが経験したジョブの中では)。
 だが、インピタスや猫足が使えない状況はモンクと言えどもかなり厳しい。
 もっと言うと、アビを使用しても伸びしろが低いということで、元々メリット・デメリットの両面を持つ。

・ビクスマが強い
 アートマありで強かったが、下方調整をくらったのち若干の上方調整が入ったため、結局弱い。
 他のWSも、ビクスマと同等くらいか、または弱い。

・格打属性ではNo.1
 実は格闘に最も弱いという敵は存在しない。
 打(片手棍・両手棍)に最も弱いという敵は骨・壺など存在するが、今は青魔の方が適正があるという状況。

・装備依存度が低い、野良での装備仕上がり具合の下限が高い
 昔、モンクが比較的募集されていた最も大きな理由は、実はコレだと思います。
 最低限の装備、いわゆる「ユニクロ装備」が最も普及していたアタッカー、それがモンクだったんじゃないかなあ。
 武器も、REMが飛び抜けていたのは事実だけど、それ以外の武器でも一応ジョブの役割をこなすことができていた。
 しかし今は、命中の低さ等がたたり、装備の仕上がり具合について最も妥協が許されないジョブになっていると思われます。
 ズバリ、イオニックが要ると思うけど、それがあっても他のアタッカージョブと並べるのかどうかはおいらは持ってないので分かりません。

過去に有利だった項目はことごとく消え去り、今は今で新たに命中キャップ低い問題、ヘイストキャップが遠い問題、マーシャルアーツどうするの問題が発生してるしwww
気持ちばかりのスマイトもらっても、全然足りない(>_<)
八方塞がりなんだけど(*ノノ)

他ジョブにも色々あって、他ジョブもまた、それぞれ強化を叫びたいと思う。
モンクも同じ。
ほんとマジで強化してほしい。
火力に関して、1番にしてとは言わない、でも下から1番はイヤwwwwwww
全てのコンテンツに出番が欲しいとは言わない、でも全てのコンテンツに出番がないのはイヤwwwwwwwww
関連記事

2005 Powered By FC2 allrights reserved.


template by Sun&Moon
☆少しだけ編集しています☆

全てのスクリーンショットにはスクウェアエニックスの表記が入ります。
Copyright (C) 2002~2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

バナー作りました。
2011/12/8

2005/9/5






☆公式サイトへのリンクです☆