★今日もどこかでまんどらたん★
野良パーティにおける話ですが。

予定調和な連戦がしたい訳じゃない。
一戦毎にハプニングがあったりするような、一戦一戦違う戦いがしたい。

自分がクソワガママな事を言ってるのは分かるし、そういう戦闘「ばっかり」だとそれはそれで疲れ果てるだろうという事もわかってる。
だから、考えが合う人・合わない人同士で棲み分けられればいいなと思うし、その日の気分によって戦い方を変えられたりできればいい。

予定調和な連戦が前提のバトルコンテンツがあったっていいと思う。
でも、「それだけ」でPT向けのバトルコンテンツを埋められたくない。



まとまりがないので閉じときますw

野良パーティにおける話ですが。

予定調和な連戦がしたい訳じゃない。
一戦毎にハプニングがあったりするような、一戦一戦違う戦いがしたい。

自分がクソワガママな事を言ってるのは分かるし、そういう戦闘「ばっかり」だとそれはそれで疲れ果てるだろうという事もわかってる。
だから、考えが合う人・合わない人同士で棲み分けられればいいなと思うし、その日の気分によって戦い方を変えられたりできればいい。

予定調和な連戦が前提のバトルコンテンツがあったっていいと思う。
でも、「それだけ」でPT向けのバトルコンテンツを埋められたくない。

連戦が嫌いという訳では無い。
昔は野良のレベル上げPTが三度の飯より大好きで、それこそ深夜でも元気にぱーりーしてたし、繰り返し戦う事自体は嫌いじゃ無い。
でもそれは、一期一会に似た、毎回変化のある戦いだったから、好きだった。
メリポPTの時期ぐらいから、「より洗練された戦い方」を求める傾向が強くなってきて、それは決して間違った事ではないしむしろ「時間効率」を考えたらそれこそが一番の正解なのは分かるんだけど、

「でもこれゲームでしょ? 娯楽でしょ? 流れ作業の仕事じゃないよね?」って言うのが、たぶんずっと心のどこかで引っかかっていて。
自分が楽しくて「俺の仕上がり具合どうよ?♪」するのは全然いい話なんだけど、実際おいらは自分が比較的仕上がってた時期は遠慮無く「俺ツエー!♪」してたけど、他の人に時間効率的な戦い方を求めるのは何かがちょっと違う気がして。

でもね。
これがね。
おいらもね、今の時代で言うところの毎日毎日ログインして、ひたすらウナギ漁やらサルベやらで金策して、アンバスやオーメンやダイバーにもマメに通い、時間と手間を掛けて自己鍛錬を繰り返して装備をどんどん強化していってたなら、たぶんおいらも「より洗練された戦い方」で「時間効率」を他人にも求める考え方になっていたと思う。
それだけ、自分が下準備に「膨大な時間と手間」を費やしてるからね。

・・・もう、前提が違いすぎてて、どうにもならない所まで来てしまったんだなと、改めて、実感する・・・。

「準備に時間と手間を掛けた分、バトルでの敗北が許せないし、バトル時間の長期化も許せない」
そりゃそうだ。
圧倒的に勝つ為の、下準備なのだから。

逆に、今のおいらは、こう考える。
「出たとこ勝負のバトルでいいし、何回か負けても最終的に勝てればそれでいいし、一戦辺りの時間も最終的に制限時間の7割ぐらいまでに収まるんなら全然構わない」と。
おいらは最低限の下準備しかしてないし、場合によってはそれにも達してない事がある。
だから、こう考えるのかもな、とも思う。

なので、入場制限があったり、高額・高代償トリガーが必要なバトルコンテンツには向かない考え方なのは分かってる。
オーメンやダイバーや、高額トリガーが必要なバトルコンテンツの時には、やっぱり「時間効率」を優先する考え方が主流だと思う。

・・・最近追加されたのってそういうのばっかりで、もうこの時点で無理やなって気はするけど・・・。

練習用コンテンツと、本番用コンテンツ、みたいな棲み分けがあったらいいのにな。
本番用っていうのは、入場制限があったり、高額トリガーが必要だったりするけど、報酬も色々あって選べたりして。
本番用はね、下準備しっかりして、「自分の仕上がり具合をお披露目するのを兼ねた」コンテンツでいいと思う。

一方で練習用は、トリガー不要orアンバスデイリー程度の労力で、ジョブ装備不問で、ハプニングを楽しむ気持ちの有無の方がだいじな感じのコンテンツね。
練習用コンテンツは、今ならジョブポPTは該当すると思う。
ノリだけで言えばワイルドキーパーやドメインベージョンも近いけど、野良PT推奨ではないところが残念。
アンバスは、残念ながら、ポイントの持ち越しができなくて時間に追われるコンテンツと化してしまうので、完全な練習用とは言えない。
結局のところ、ジョブポ以外は、本番用コンテンツだと考える人が少なからず居ると思う。
現状、棲み分けが上手く出来ているとは、おいらには思えない。

そして現状の仕様では、練習用コンテンツだけでは、ある一定以上は、強くなれない。
それ以上の強さを必要とすると、全部、いわゆる本番用コンテンツに参加必須となってしまう。

本当は、練習用コンテンツでも、もっと強くなれていいと思うんだけどな。
ハッキリ言えば、練習用コンテンツでも同程度の強さの装備が入手できてもいいと思ってる。
但し外見が全部初期装備でさ。
(何なら既存の装備でも、廉価版的な位置付けの装備は全部初期装備グラにしていい)
本番用コンテンツでは、きちんとした新規グラの、格好良かったり可愛かったりする装備が入手できるようになっててさ。
外見を格好良くしたければ本番用コンテンツを頑張れ、と。
今ならロックスタイルの為に頑張る意味もあるし。
そういう棲み分けなら最高なのにな。

話を戻します。
誤解を恐れずに、おいらの感覚を言うと。
実はおいらにとっては、マストラとダイバーと一部BFのとてむず以外は、あまりそこまで本番用と考えなくてもいいのでは、と思ってる。
もう少し具体的に言うと、「毎回違った編成で毎回違った展開になってもいいし、多少グダってもいいし、30分制限のとこなら20分くらい掛かってもいい」と思ってる。
おいらの本音は、練習用コンテンツの数>本番用コンテンツの数、だったりする。

一般的なFF11プレーヤーとおいらとでは、これぐらい、認識は違う。

これね。
下準備できてる側の人が言うならいいんだけど、できてない側ができてる側に言う場合、ほんと「甘えさせて欲しいんだけど」だなあとは思う。
だからね。
おいらは、自分と同じように、下準備ができてない同士で組めればそれが一番嬉しいし、それが望みなんだけども。


おいらは、この世界に降りたった時から、こういう考え方の持ち主やったのね。
サポアイテムは、取れてない人同士でPT組んで取りたかった派なの。
ドラゴンミッションも、第一希望は未クリアの人と行くことやったの。
どちらも、希望の人だけでは集まらず(笑)、おいらだけがアイテムないとか、おいらだけが未クリアだったりしたけど、それはその時の状況によるから、手伝って貰えただけでありがたい話ね(*´∀`)

そう。
サポアイテムもドラミッションも今はもう躓く人居ないけど、もし仮に今でもこれらが躓きやすいポイントだったとしたら、「誰か一緒に行きませんかor手伝って下さいませんか」シャウトが聞こえたら、ほとんどの人は快く参加すると思う。
躓くポイントが変わっただけ。
そして、躓いた時に解決する為の労力が増えただけ。


色々な遊び方が、したいな。
それとも、もう、決められた通りにしか、遊べないんだろうか。


オーメンの設定が、
ダイバーの設定が、
ちょっとした物語になっていると聞けば、やっぱり、クリアしたい、という気持ちは、湧いてくる。
その気持ちはゼロじゃない。
だから、いずれはこれらのコンテンツにも、参加したいなと思う。

コンテンツの実装順から言えば、ダイバーに行くにはオーメンまでで取れる装備があった方が良さそうだし、オーメンに行くにはギアスとアンバスまでの装備はあった方が良さそう、だと思える。

おいらはギアスとアンバスで躓いてるかな。大体2016年ぐらいで装備が止まってる。
約3年遅れ。

満足な下準備をするのは、できない。
3年分を一気に取り返すのは、できない。
あれだけ楽しみにしてたサンシャインシーカーも、期間中は4日ぐらいしかログインできなかった。
それはもちろんおいらの個人的な都合なので、ほんと、くそわがままやなとは思うんだけど(*ノノ)

そうだなぁ・・・
確かに、おいらが抱えてる根本的な問題は、ログインが安定しないってことなんだけどもね(*ノノ)

最近のコンテンツは、本当に、長期間化してて、きついな。きつい。きつい。
や、昔からこうやったやろ、と言われればそれも分かってる。
空も裏もきつかったのは記憶に残ってる。

・・・・・・・でもね・・・・・

ミッションとレベル上げは、本当に、楽しかったんよ(*´∀`)
さっきの話に戻るけど、おいらは最初のミッションBF、ドラゴンのやつ、6人集められらなくてね。
2003年の3月、Lv25制限がある頃やったけど、フレさんに手伝って貰って5人でクリアしたの。
おいらともう一人の後衛さんが、ラグがひどくて、思うように動けなかった時間帯があって、ちょっぴり際どい展開になったりしたけど、それがめっちゃ楽しかったの。
最初のバトルから、そういう、完璧とは遠い展開やったの。
そんな中で、勝利を諦めずに戦うっていう、それがおいらにとっての、バトルの醍醐味やったの。
勝利は必ずしも約束されたものではなかったの。

その後も、キツいミッションBFで6人PT組めない事の方が多かったし、何かしらハプニングを抱えた状態で戦う事が多かったんだけど、それが逆にとても楽しくて。
その時その時で、集まった人らだけで何とかして、わいわいやろうって言うの。
それがほんとに楽しかったの。

今思えば、それらは全部、あの凄腕のフレさん達に支えられてたものだということも、わかってるんだけどね。
おいらぐらいの下準備の人が6人集まった場合には、想定よりもかーーーーーーーーなり苦戦するやろなあってのは目に浮かぶwwww


でもね。
それでも、そっちの方が、おいらには楽しい。
関連記事
Comment 
わかる!
すごいわかります!

もう私は数ヶ月前に辞めちゃった身ですが、残ったフレンドがもうそういった周回勢になってしまって、
気軽にイベントいこーとか、釣りしながらチャット付き合ってーとか、合成で余分なアイテムできたからぽーんと投げつけたりとか
なんかそういった、色々な遊び方がみんなとできなくなっちゃったことが、すごく寂しかったです
(そういうの付き合ってくれた人はイン率の低下&すれ違いで消えちゃったし…)

同じぐらいの人とやりたいってのもわかります
というか今結構そんな感じで、エミネン装備あたりからで躓いてる人も多いみたいですね

なんだかなー
こう、もやっとした…なんかなー…もう少し、ネトゲとして、幅のある楽しみをしたいですよね
思い入れこそあれ、私はもうたぶん戻らないと思いますが、よづきさんはこれからも【がんばって!】

まんどらふぇいすの同志より
2019/07/17(水) 15:14:49 * URL * ある #sSHoJftA[編集]

☆ある様☆
暖かいコメントありがとうございます;;;;
まんどらふぇいすー!!(゚Д゚≡゚Д゚)!?
FF11は、もっと振り幅のあるゲームになれるんじゃ・・・!?と期待しちゃいますね☆(*ノノ)
なんてったって素材が最高だし・・・!!
おいらはまずは、安定してログインできるようになりたいと思います(*´∀`)
応援ありがとうございます(≧▽≦)ノ
2019/07/18(木) 07:23:24 * URL * 夜月 #NkOZRVVI[編集]


コメントを投稿する(名前が空欄の場合は☆まんどらたん☆と表示されます)
" />
Comment
Pass
Secret 非公開にする(送信後は投稿者も閲覧できなくなります)
 
  禁止ワード「tp: tps: エロ ランキング」等ご注意下さいm(_ _)m

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://yozuki.blog17.fc2.com/tb.php/1646-4dc70dd7
この記事へのトラックバック

2005 Powered By FC2 allrights reserved.


template by Sun&Moon
☆少しだけ編集しています☆

全てのスクリーンショットにはスクウェアエニックスの表記が入ります。
Copyright (C) 2002~2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

バナー作りました。
2011/12/8

2005/9/5





★15周年突破! 17周年に突入!★

☆公式サイトへのリンクです☆